ファイルやフォルダーを永久に復元できないように削除するソフト

Secure File Deleter のアイコン

Secure File Deleter

  • 海外
  • 日本語✕

ダウンロード

ユーザーの評価:
0

評価数:0 件(未評価)

レビューを投稿する

対応OS:
Windows XP/Vista/7/8/8.1/10/11
バージョン:
6.13(2022/12/05)
価格:
無料

削除したいファイルやフォルダーなどが第三者によって復元されないように、システムから完全に削除できるソフトです。
通常のごみ箱から削除しただけではシステム上に残ってしまうデータに対して、ランダムな文字列でデータを上書きし、復元できないようにデータを破壊します。
最大50回までの繰り返し上書きをサポート。
ドラッグ&ドロップでファイル/フォルダーを登録して削除ボタンをクリックするだけの簡単操作でファイル/フォルダーを完全に削除できます。

提供元:
CyRobo, Freelance Group, X, International
制作ソフト一覧を見る

Secure File Deleter の使い方

ダウンロード

  1. MajorGeeks.com へアクセスし、「DOWNLOAD NOW」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(setup_sfdlt.exe)からインストールします。

使い方

初回起動時(表示言語について)

チュートリアル画面が表示されます。
何度か「Next」ボタンをクリックするとチュートリアルが終わります。
初回起動時 - チュートリアル

初回起動時 - チュートリアル


ファイル/フォルダーを削除する

  1. Select files(ファイルの選択)
    次のどれかの手順で本ソフトに削除したいファイル/フォルダーを追加します。
    • 本ソフトを起動してメイン画面にドラッグ&ドロップする
    • 本ソフトを起動してメイン画面の「Add files」または「Add folders」をクリックする
    • デスクトップのアイコンにドラッグ&ドロップする
    • 右クリックメニュー「送る」⇒「Secure File Deleter 6」とクリックする
    ここでは、本ソフトを起動してメイン画面に削除したいファイルをドラッグ&ドロップします。
    Select files(ファイル選択)

    Select files(ファイル選択)

  2. ファイルが「Selected items」に追加されます。
    Delete now」ボタンをクリックすると削除を実行しますが、ここでは先に削除オプションを設定していきます。
    「Next」ボタンをクリックします。
    ファイルを選択すると一覧に追加される

    ファイルを選択すると一覧に追加される

  3. Options #1
    Anti-recovery options(回復不能オプション)」画面が表示されます。
    削除方法をクリックしてオン/オフを切り替えられます。
    確認したら「Next」ボタンをクリックします。
    • Write random characters to random places
      ランダムな場所にランダムな文字を書き込みます。
      有料版のみの機能です。
    • Delete date of file usage
      ファイルの作成日時、更新日時、最終アクセス日時をフェイク情報に置き換えます。
    • Empty file to destroy MFT chain
      MFT チェーンを破壊するために先にファイルを空にします。
    Options #1(オプション1)

    Options #1(オプション1)

  4. Options #2
    2回目の「Anti-recovery options(回復不能オプション)」画面が表示されます。
    削除オプションをクリックしてオン/オフを切り替えられます。
    確認したら「Next」ボタンをクリックします。
    • Rename file to random name
      ファイルまたはフォルダーの名前で内容を推察されないよう、ランダムな名前にリネームします。
    • Overwrite entire content of the file
      ランダムなデータでファイル内容全体を上書きします。
      上書き回数を1~20回の間で選択できます(3回が推奨値)。
    • Algorithm for secure deletion
      DOD 5220.22-M、Gutmann method などの削除アルゴリズムを選択できます。
      有料版のみの機能です。
    Options #2(オプション2)

    Options #2(オプション2)

  5. Confirm
    Confirm everything(すべての確認)」画面が表示されます。
    「Start」ボタンをクリックすると削除を開始します。
    Confirm(削除前確認)

    Confirm(削除前確認)

  6. Finish
    削除完了すると「Finished」画面が表示されます。
    「Thank you!」ボタンをクリックすると本ソフトが終了します。
    Finish(削除完了)

    Finish(削除完了)


更新履歴

機械翻訳で日本語にしています。
Version 6.13
(2022/12/05)
  • 今回の更新で、実行可能ファイルから SHA1 コード署名証明書を削除します。SHA1 ダイジェストは、Microsoft によって何年も前に廃止されました。その後、古いオペレーティング システムをサポートするためだけに、それをさらに何年も保持します。これからは、コードは最新の SHA256 のみによって署名されます。したがって、Windows 7 以前などのレガシー システムでは、最新の SHA256 が認識されないため、「署名されていない実行可能ファイル」という警告が表示されます。続行するには、「はい」または「承認」をクリックしてください。レガシー システムの警告メッセージは、通常の青から黄色の警告に変わります。

Version 6.11
(2022/09/16)
  • このリリースには、ユーザーから報告されたいくつかのバグ修正が含まれています。

Version 6.09
(2022/02/06)
  • このアップデートでは、それほど重要ではない従来の関数を削除することで、アプリケーションのコードをクリーンアップしています。たとえば、エラー報告を完全に無効にしました。また、更新を確認する必要がある警告は表示されなくなります。これはあなた次第です、これから!

ユーザーレビュー

  • まだレビューが投稿されていません。
    このソフトの最初のレビューを書いてみませんか?