Windows × Windows、Windows × Mac などの2台のPC間でマウス、キーボードを共有できるソフト

ShareMouse のアイコン

ShareMouse
  • 海外
  • 日本語○

ダウンロードアップグレード

上位版:ShareMouse 4 Pro

ユーザーの評価:
0

評価数:0 件(未評価)

レビューを投稿する

対応OS:
Windows 7/8/8.1/10, Mac OS X
バージョン:
4.0.43(2018/05/07)

2台のPCで本ソフトを起動すると、片方のPC用のマウスとキーボードでもう一台のPCのマウス操作、キー操作できるようになります。
イメージとしてはマルチモニターを利用している間隔です。
2台のPCを利用することが多い場合、メインで使っているマウスとキーボードでそのままもう1台のPCを操作できるのが便利です。
Windows 同士だけでなく、Windows と Mac 間でも本ソフトを利用できます。

提供元:
※ 個人かつ家庭用利用に限り無償で利用できます。Free 版では最大2台まで接続可能です。ライセンスを購入して Pro 版へアップグレードすることで、接続台数を最大9台までなどの制限が解除されます。
※ Free 版ではデモモードとして一定時間のみ、ファイルのドラッグ&ドロップやクリップボードの共有などの制限された機能を利用できます。

ShareMouse の使い方

ダウンロード

  1. フリーソフト100ストアへアクセスし、「無料体験版をダウンロード」ボタンをクリックしてダウンロードします。
    ※ Mac 版やUSBメモリー等で持ち運べるポータブル版を利用したい場合は、提供元サイトのダウンロードページからダウンロードできますが、日本語に対応していません。
  2. ダウンロードした圧縮ファイル(SM4_Trial.zip)を解凍し、セットアップファイル(ShareMouseSetup_jp.exe)からインストールします。
    ※ 操作したい2台にそれぞれインストールします。

使い方

マウス、キーボードを共有する

  1. 本ソフトを2台のPCでそれぞれ起動すると、それだけで利用できるようになります。
    ファイアウォール設定している場合は許可設定が必要になります。
  2. それぞれのモニターがどのように接続されているか確認するには、タスクトレイicon をクリックまたは右クリックして表示されたメニューから「モニター マネージャー」をクリックします。
  3. 「モニター マネージャー」画面が表示されます。
    黒い太枠で囲まれているモニターが操作しているPCのモニターとなります。
    ドラッグして任意の場所に動かすことで、マウスの移動をスムーズに意図通りにできます。

マウスがどのモニターにあるのかわかりやすくする

どのモニターにマウスカーソルがあるのかすぐにわかりやすいように、ディスプレイの表示を変えることができます。
  1. タスクトレイの icon アイコンをクリックして表示されたメニューから「設定」をクリックします。
  2. 「設定」が表示されます。
    左メニューの「その他」をクリックします。
  3. 「その他」画面が表示されます。
    「非アクティブモニターを暗くする」にチェックを入れて2つあるスクロールバーのうち、上のスクロールバーを右側の「暗い」側にスライドさせて「OK」ボタンをクリックします。
  4. 設定が有効になると、マウスカーソルがないモニターは画面が暗く表示され、マウスカーソルがある方のモニターの方向に矢印が表示されるようになります。
    設定したPCのモニターのみで有効になります。2台のPCのモニターで設定したい場合は、それぞれのPCで設定する必要があります。

Free 版と Pro 版の違い

Pro 版にすると次の機能を利用できます。
  • 商用利用可能
  • ファイルのドラッグ&ドロップ
  • クリップボード共有
  • 自動レイアウト
  • パスワード保護
  • イベントの同期(スリープ、シャットダウンなどを同期可能に)
  • ラップアラウンドモニター(画面端に行くと反対側の画面端からマウスカーソルを表示させる)
  • サイズ補正(モニターサイズが違ってもシームレスに利用可能に)
  • [Ctrl] + [Alt] + [Delete] のサポート
  • 最大9台まで利用可能(Free 版では2台まで)
  • 1つのPCにつき最大4つのモニターに対応(Free 版では1つのPCにつき1モニター)

ユーザーレビュー

  • まだレビューが投稿されていません。
    このソフトの最初のレビューを書いてみませんか?