不要なバンドルソフトをインストールしないようにできるソフト

Unchecky のアイコン

Unchecky

ダウンロード

対応OS:
Windows XP/Vista/7/8/8.1/10
バージョン:
1.2(2018/04/08)

フリーソフトなどをインストールする際、バンドルソフト(言わば不要ソフト・迷惑ソフト)まで一緒にインストールさせようとしてくるソフトがあります。
慎重に内容を確認して進めていくと回避できることが多いのですが、本ソフトを利用すれば、バンドルソフトのインストールを回避、拒否できるようになります。
100%のバンドルソフトを回避できるというわけではありませんが、OpenCandy のような有名なバンドルソフトプログラムを回避することが可能です。
インストールしておけば効果を発揮するため、お守りのように利用できます。

提供元:

Unchecky のデモンストレーション動画(英語)

Unchecky の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトへアクセスし、「ダウンロード」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(unchecky_setup.exe)からインストールします。

使い方

本ソフトを起動すると、タスクトレイにアイコンを表示し、インストールを監視します。

バンドルソフトがあった場合

警告を表示する
ライセンスに同意しようとした時点で「不要と思われるプログラムをインストールしようとしています。本当に続行してもよろしいですか?」と警告を表示してくれる場合があります。
不要プログラム検出時の警告ウィンドウ


チェックを外す
不要プログラムのチェックを自動で外してくれる場合があります。
バンドルソフトのチェックを自動で外す

不要プログラムのチェックを外した場合、デスクトップ画面右下に「不審なプログラムのオファーが拒否されました!」とメッセージが表示されます。
チェックを外した際に、デスクトップ画面にメッセージ表示


インストールウィンドウそのものを表示しない
まるでバンドルソフトのインストールの推奨がなかったかのように、バンドルソフトのインストール確認画面を表示せずにインストールを進めることができる場合があります。
  1. OpenCandy を含むインストーラーの場合、使用許諾契約画面に「OpenCandy」についても記載されています。
    OpenCandy を含む使用許諾契約画面
  2. Unchecky 未インストールの場合は、バンドルソフトのインストール有無の選択が必要になります。
    Unchecky 未インストールの場合は、バンドルソフトのインストール画面が表示される
  3. Unchecky インストール済みの場合は、バンドルソフトのインストール画面が表示されず、目的のソフトのインストールが始まります。
    Unchecky インストール済みの場合は、バンドルソフトのインストール画面が表示されない

Unchecky を停止する

基本的には停止する必要はありませんが、停止させたい場合はタスクトレイの icon をクリックするとメイン画面が表示されます。
Unchecky - メイン画面

画面右下の「サービスの停止」ボタンをクリックすると、本ソフトを停止できます。
再開したい場合は、「サービスの再開」ボタンをクリックして再開できます。

注意点

※ 本ソフトは海外製のソフトであるため、Yahoo!ツールバーなど日本語環境のソフトには対応していない場合があります。

ユーザーレビュー

  • 5

    完全なものではないけど、入れておくべき。 Auslogi…

    usericon 匿名ユーザー
    投稿数: 20件
    Windows 10

    完全なものではないけど、入れておくべき。
    Auslogics Disk Defragをセキュリティソフトがスパイウェアか何かだと検出して面倒だったんだが、これを入れた後Auslogics Disk Defragを再インストールしたらその表示が全くなくなった。
    勘違いかもしれないが、レジストリに余計なデータを書き込ませない能力(?)もあるらしく、フリーソフトをよく使う人は入れて損しない。

    3人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい
  • コメント

    【追記あり】>ちよこさん 1)hostファイルは ope…

    usericon 咲良咲
    投稿数: 48件
    Windows 10

    >ちよこさん
    1)hostファイルは
    opencandyなどのバンドルサイトにアクセスを禁止するための書き込みです。
    ネットワークへのアクセスの流れは
    〇〇.com→Host→LAN→DNS→指定されたIPアドレス
    なので、この場合
    〇〇.comにアクセスしようとしても
    0.0.0.0の「ネットワークに接続しない」となり、
    127.0.0.1は「使っているPCに接続する」となります。
    (あくまで説明するために単純化しているので厳密に言えば違います。
    詳しくは『TCP/IP』や『IPv4』などで調べてくださいw)

    文字化けについては他のソフトが書き込んだか、
    読み込みに適していないエンコードを使っている可能性が高いですが、

    # unchecky_begin
    # These rules were added by the Unchecky program in order to block advertising software modules
    0.0.0.0 0.0.0.0 # fix for traceroute and netstat display anomaly
    0.0.0.0 バンドルアドレス...
    # unchecky_end

    と書き込みがされているはずです。

    2)に関しては、ぶっちゃけるとセキュリティソフト全般がそんな感じですw
    気を付けてもうっかりしてしまうのが人間だし、
    常駐占有率少ないので、邪魔にはならないから入れている人が多いと思います。


    『hostファイル』&『Host』ともに『hostsファイル』です。
    うっかりして間違えました、すいません。

    8人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい
  • 1

    1-これをインストールするとhostsファイルに文字化けのよ…

    usericon ちよこ
    投稿数: 4件
    Windows

    1-これをインストールするとhostsファイルに文字化けのような書き込みがされるんですが何ですか
    2-フリーソフトインストール時などに気をつければいいので、特に必要性は感じませんでした

    2人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい

Unchecky に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 27 件)