四角形や楕円などの任意の形のキャプチャー、一定間隔での自動キャプチャー、ウォーターマークを付けることも可能なキャプチャーソフト

ZScreen

ZScreen
  • 海外
  • 日本語✕

ダウンロード

ユーザーの評価:
0

評価数:0 件(未評価)

レビューを投稿する

対応OS:
Windows XP/Vista/7/8/8.1/10
バージョン:
4.9.0.3057 Beta(2012/05/12)

画面全体、アクティブなウィンドウ、指定した矩形範囲の画面キャプチャーを撮るだけでなく、プラスアルファの機能を利用できるのが特徴の静止画キャプチャーソフトです。
ウィンドウは影付きで取得でき、PNG / JPEG / GIF / BMP / TIFF で保存が可能。テキストや画像のウォーターマークを追加する設定ができ、四角形、楕円、三角形、フリーハンドなどの任意の形状のキャプチャーを取得したり、10秒ごとなどの任意の間隔での自動キャプチャーの取得にも対応しています。

提供元:
ZScreen Project.

ZScreen の使い方

ダウンロード

  1. こちらからダウンロードできます。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(ZScreen-4.9.0.3057-dev-setup.exe)からインストールします。

使い方

キャプチャーを取得する

次のホットキーでキャプチャーを取得できます。
  • [PrtSc] キー
    画面全体
  • [Alt] + [PrtSc] キー
    アクティブなウィンドウ
  • [Ctrl] + [PrtSc] キー
    選択した矩形範囲
  • [Shift] + [PrtSc] キー
    選択したパーツ
  • [Ctrl] + [Shift] + [PrtSc] キー
    指定した形式のキャプチャーを取得できる「Region Capture」画面を表示
※ ホットキーはメイン画面の「Hotkeys」タブから変更できます。

特定のシェイプ(形状)でキャプチャーする

[Ctrl] + [Shift] + [PrtSc] キーを押すか、メイン画面右側の「Capture Shape」をクリックすると「Region Capture」画面が表示されます。
画面左のシェイプを選択して特定の形状のキャプチャーを取得できます。
  • Fullscreen(画面全体)
  • Window & Rectangle(選択したウィンドウ)
  • Rectangle(四角形)
  • Rounded Rectangle(角丸の四角形)
  • Eclipse(楕円)
  • Triangle(三角形)
  • Diamond(ダイヤモンド型)
  • Polygon(多角形)
  • Free Hand(フリーハンド)
※ 画面上部の「Is fixed size?」にチェックを入れてサイズを指定しておくと、そのサイズのキャプチャーを取得できます。

自動でキャプチャーする

自動で連続してキャプチャーできるように設定できます。
メイン画面右の「Auto Capture」をクリックして「Auto Capture」画面から設定します。
  • Screenshot type(キャプチャーする範囲)
    Entire Screen(画面全体)、Active Window(アクティブなウィンドウ)、Last Crop Shot(最後に選択した範囲)で設定できます。
    ※ 初期設定は画面全体です。
  • キャプチャーの間隔
    Milliseconds(ミリ秒)、Seconds(秒)、Minutes(分)、Hours(時間)単位で設定できます。
    ※ 初期設定は10秒です。
  • Auto minimize this window
    自動でウィンドウを最小化する
  • Wait until uploads complete
    保存完了するまで待機する

「Start」ボタンをクリックするとキャプチャーを開始します。
「Stop」ボタンをクリックして終了します。

ウォーターマークを付ける

キャプチャーにウォーターマーク(電子透かし)を付けることができます。
  1. メニューバーから「Configure」⇒「Watermark」とクリックします。
  2. 「Watermark」画面が表示されます。
    画面左の「Watermark Settings」項目内の「Type」のプルダウンに「None」が設定されているので、クリックして「Text(テキスト)」または「Image(画像)」をクリックしてウォーターマークを付けられるようになります。
    テキストについては「Text」タブ、画像については「Image」タブから設定します。

保存フォルダーを変更する

キャプチャーの保存フォルダーはデフォルトでは「ピクチャ」⇒「ZScreen」⇒「yyyy-mm」フォルダーに保存されます。
※ yyyy-mm は西暦4桁、月2桁のことです。2017年10月の場合は「2017-10」となります。

次の手順で保存フォルダーを変更できます。
  1. メイン画面のメニューバーから「Tools」⇒「Options」とクリックします。
  2. 「Options」画面が表示されます。
    左メニューの「Paths」をクリックします。
  3. 「Paths」画面が表示されます。
    「Images」項目内の「Relocate」ボタンをクリックして保存フォルダーを指定すると、そのフォルダー配下に「Images」フォルダーを作成して保存できるようになります。
    ※ 保存フォルダーを一度でも変更すると、以降はどのフォルダーを選んでもその配下に「Images」フォルダーを作成して保存するようになります。

ユーザーレビュー

  • まだレビューが投稿されていません。
    このソフトの最初のレビューを書いてみませんか?