Firefox ソースコードをベースに 64bit に最適化したWebブラウザー

Waterfox のアイコン

Waterfox
  • 海外
  • 日本語○

ダウンロード

対応OS:
Windows Vista/7/8/8.1/10, Mac OS X 10.5 以降, Linux, Android
バージョン:
2020.01(2020/01/10)

64bit に最適化された Firefox 派生ブラウザーです。
使用感は Firefox そのままで、ブラウジングのパフォーマンスを Firefox / Pale Moon よりも高速化されるように設計しています。
もちろん Firefox アドオンにも対応しています。
本ソフトではブラウザー内でのトラッキングや使用情報などを含むテレメトリ情報の収集を一切行わず、アップデートチェックのために必要な情報(OSとブラウザーのバージョン)以外の情報収集を行いません。

提供元:

Waterfox の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトのダウンロードページへアクセスし、「Windows」項目下の「Download」ボタンをクリックしてダウンロードします。
    USBメモリーで持ち運べるポータブル版を利用する場合は、「Windows Portable」項目下の「Download」ボタンをクリックしてダウンロードします。
    ※ Mac 版、Linux 版はそれぞれの「Download」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(Waterfox Classic 2020.01 Setup.exe)からインストールします。

使い方

初期設定

本ソフト起動時に他のブラウザーからのブックマークのインポート画面が表示されます。
インポート不要な場合は「Don't import anything」を選択して「Next」ボタンをクリックします。

日本語化手順

  1. 本ソフトを起動し、Menu をクリックして「Options」ボタンをクリックします。
    メニューから「Options」をクリック
  2. 「General」ページが表示されます。
    「Locale Select」のプルダウンに「English (US) - English (US)」がセットされているので、「Japanese - 日本語」を選択します。
  3. 本ソフトを再起動すると、日本語化されます。

基本的な使い方

※ 本ソフトの使い方等については、Firefox の使い方 を参照してください。

更新履歴(英語)

Version 2020.01 (2020/01/10)
  • Very important security patches

Version 2019.12 (2019/12/09)
  • User agent overrides restored for Linux.
  • New features:
    ・Restart button in PanelUI and Menu
    ・Copy current tab URL
    ・Copy all tab URLs
    ・New advanced preferences in “Features” tab
    ・Add settings for blocking notifications and exceptions
  • Containers support enabled
  • Emoji updated
  • Storage API enabled
  • Security patches

Version 2019.10 (2019/10/23)
  • Various website rending issues fixed. (Thanks to hawkeye116477)
  • Various media libraries updated, including added support for AV1. (Thanks to hawkeye116477)
  • Various config updates. (Thanks to Peacock365)
  • Launch crashes fixed on macOS < 10.11. Other crashes still remain.
  • Security updates.

ユーザーレビュー

  • 5

    今回の2020.01へのアップデートをCURRENTで通常で…

    M・MAX
    M・MAX
    投稿数: 4件
    Windows 8/8.1

    今回の2020.01へのアップデートをCURRENTで通常でブラウザから行ったが、
    CLASSICとのPROFILEと混濁がまた起きてしまい、CLASSICをまた
    バックアップ分と拡張機能(バックアップ取れない部分の再設定)を戻して、
    面倒な作業をするはめになった。

    CLASSICが主力なので、本家FIREFOXがヘタレ始めてたので、同じような
    感じの現行TYPEのCURRENTを使いたかったが、もう2度と面倒な作業を
    したくないので、CURRENTはアンストして使用はしない事を決めました。

    星はあくまでも、CLASSICでの評価になります。

    俺は、FIREFOX系のブラウザは「WATERFOX-CLASSIC」と「FIREFOX」
    CHROME系は「GOOGLE-CHROME」と「AVAST-SECURE-BROWSER」
    を使っています。(本当はFIREFOXの処をWATERFOX-CRRENTにしたかった)

    CLASSICは素晴らしいですね。無くなってほしくないブラウザです。

    このレビューは参考になりましたか?はい
  • コメント

    以前、CURRENTをインストしたらCLASSICのアイコン…

    M・MAX
    M・MAX
    投稿数: 4件
    Windows 8/8.1

    以前、CURRENTをインストしたらCLASSICのアイコンでもCURRENTが起動するようになり、双方アンストしてCLASSICのみ再インスト~バックアップDATAで復元した記事を載せたものです。

    コメント下さって考えられる原因を教えて下さった「owl」さんありがとうございました。
    個別コメが出来ないのでコチラにて感謝申し上げます。
    一応報告がてらなのですが、少し日にちを空けてCURRENTをインストしました。

    インスト時にプロファイルが入るであろうファイルを自分でAPPDATAに作り、
    そこに新たなプロファイルで行いました。無事に別々で起動できるようになりました。

    ただ、やっぱりCLASSICのAPPDATAにあるプロファイル(DEFAULT)には、
    CURRENTのプロファイルも入っているんですね。編集で開くと
    [PROFILE1]にありますね。「IsRelative=0 Path=C~」ってあるやつです。
    気になってはいるのですが、現状上手くいってるので弄らない様にしてます。

    UPDATEは気を付けないとダメなタイプかもしれないので、ブラウザ上からでなく出来るだけ1回ダウンロードしてからのUPDATEを心がけようと思います。

    インスト時のプロファイル設定にこれからインストする方々も気を付けてください。

    1人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい
  • コメント

    バージョン2019.10ってどう言うこっちゃ? 56.3じゃ…

    フォルネウス
    フォルネウス
    投稿数: 18件
    -

    バージョン2019.10ってどう言うこっちゃ? 56.3じゃないの?

    1人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい

Waterfox に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 47 件)