カレンダーやタスクの管理もできる、メールの送信予約に対応したスタイリッシュなメールソフト

eM Client のアイコン

eM Client

ダウンロードアップグレード

上位版:eM Client Pro

対応OS:
Windows 7/8/8.1/10, Mac OS 10.11 以降
バージョン:
8.0.3385(2020/08/21)

複数アカウントのメールを1つのソフトで管理できるスタイリッシュなメールソフトです。
Gmail / Google Apps / Outlook / iCloud / Microsoft Exchange などのアカウント設定をシームレスに対応。
日時を指定したメールの送信予約、定型文を利用して素早い本文作成、受信メールに外国が含まれる場合の1クリック翻訳、高速検索、PGPなどの機能を備え、10種類のテーマから使いたいテーマを選択可能。
メールだけでなく、カレンダー、タスクを利用したスケジュール管理も1つのソフトで実現できます。

提供元:
※ 無料版は商用利用不可、メールアカウント2つまでの制限があります。
※ インストールから30日間は制限無しのフル機能を利用できます。

eM Client の使い方

ダウンロード

  1. こちらへアクセスしてダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイルからインストールします。

使い方

初期設定

メールアカウントを設定する
  1. 本ソフトを起動すると「Select theme(テーマを選んでください)」画面が表示されます。
    テーマをモダン / ダーク / クラシック など16種類の中から選択して「次へ」ボタンをクリックします。
    ※ 後で設定画面から他のテーマに変更することが可能です。
  2. 「Import data(別のソフトウェアからデータを取り込む)」画面が表示されます。
    他のメールソフトからアカウントとデータを取り込みたい場合はソフトを選択して「次へ」ボタンをクリックします。
    ※ 特に必要のない場合はそのまま「次へ」ボタンをクリックします。
  3. 「アカウントを設定する」画面が表示されます。
    メールアドレスを入力して「開始」ボタンをクリックします。
    ※ Gmail、Yahoo!メールなどであれば、サーバー情報(POP/IMAP、受信サーバー、送信サーバー、ポート)を自動で取得・設定してくれます。
    それ以外の場合は「手動」ボタンが表示されるので、クリックして手動で設定する画面に移動します。
    ※ パスワード入力用のテキストボックスが表示された場合はパスワードを入力します。
  4. 「アカウントの詳細」画面が表示されます。
    名前を入力して「次へ」ボタンをクリックします。
  5. 「Set up encryption(暗号化設定)」画面が表示されます。
    暗号化方法を選択して「次へ」ボタンをクリックします。
    ※ ここでは「暗号化せずに続行する」を選択します。
  6. 「Alomost there!(もうすぐです)」画面が表示されます。
    アカウントアバター、アカウントフォルダーの場所を設定して「終了」ボタンをクリックします。
  7. メイン画面が表示されます。
    設定したメールアドレスの受信トレイに自動でメールの受信を開始します。

アカウントを追加する

メールアカウントを追加します。
※ 無料版では最大2つまでのメールアカウントを利用できます。
※ 最初の30日間は Pro 版ライセンスが適用されるため、3つ以上のメールアカウントを利用可能です。

  1. 画面上部の「メニュー」⇒「アカウント」とクリックします。
    「メニュー」⇒「アカウント」
  2. 「アカウント」画面が表示されます。
    「+アカウントを追加」をクリックします。
  3. 「アカウントを設定する」画面が表示されます。
    メールアドレスを入力して追加していきます。
    ※ 後は メールアカウントを設定する と流れは同じです。
    ※ アカウントの追加が完了すると、アカウント画面に戻ります。セットアップしたメールアカウントが追加されていることを確認できます。

POPメールをサーバーに残す

通常メールソフトで受信したPOPメールは、受信後にサーバーから削除されますが、サーバーに残すように設定もできます。
※ ちなみに Gmail はIMAPメールなのでサーバーから削除されず、本設定は不要です。
  1. 画面上部の「メニュー」⇒「アカウント」とクリックします。
  2. 「アカウント」画面が表示されます。
    画面左から設定したいメールアカウントを選択し、画面右の「POP3」タブをクリックします。
  3. 「サーバー設定」項目にある「サーバー上にメッセージのコピーを残す」にチェックを入れ、「後でサーバーから削除する」のチェックを外した後「OK」ボタンをクリックします。

メールを送信する

  1. 画面左上の「新規」ボタンをクリックします。
    ※ または「新規」ボタン内の▼をクリックして「メール」をクリックします。
  2. 「新しいメッセージ」画面が表示されます。
    宛先、件名、本文を入力して「送信」ボタンをクリックして送信できます。

送信予約
「送信」ボタンの▼をクリックして「送信日時を設定」をクリックして設定できます。
※ Pro ライセンスのみ利用可能な機能です。

定型文
定型文を利用して素早くメールを作成できます。
  1. メールの本文部分を右クリックし「挿入」⇒「定型文」⇒「管理」とクリックします。
    ※ または「メニュー」⇒「挿入」⇒「定型文」⇒「管理」とクリックします。
  2. 「定型文」画面が表示されます。
    「新規」をクリックします。
    定型文の管理
  3. 「新規定型文」画面が表示されます。
    「名前」に表示される文言、本文部分に挿入したい文章を入力して「保存」ボタンをクリックします。
  4. 定型文が追加されます。
    定型文が追加された

    追加した定型文を利用できるようになります。
    Ctrl + Shift + 1 のようなホットキーにも対応しています。

テーマを変更する

  1. 画面上部の「メニュー」⇒「設定」とクリックします。
  2. 「設定」画面が表示されます。
    左メニューから「テーマとレイアウト」⇒「テーマ」とクリックします。
  3. 「テーマ」画面が表示されます。
    適用したいテーマをクリックして選択し、「OK」ボタンをクリックすると、テーマが変更されます。

無料ライセンスを取得する

31日以降も無料版として利用を続けたい場合、無料ライセンスを取得して適用させる必要があります。
  1. 提供元サイトの「eM Client Free ライセンスの取得」ページへアクセスし、メールアドレスと名前を入力して「送信」ボタンをクリックします。
    ※ em Client からのお知らせメールが不要な場合は、「希望する」のチェックを外しておきます。
  2. ライセンスキーが発行されるのでコピーします。
  3. 本ソフトの「メニュー」⇒「ヘルプ」⇒「ライセンス」とクリックします。
  4. 「ライセンス」画面が表示されます。
    「認証する」ボタンをクリックします。
  5. 「認証」画面が表示されます。
    発行されたライセンスを貼り付けて、「Ok」ボタンをクリックします。
  6. これでライセンスが適用されます。

ユーザーレビュー

  • 5

    livemailからの移行

    torioyaji
    torioyaji
    投稿数: 1件
    Windows 10

    livemailからの移行。
    outlookと併用中。
    機能は豊富で、livemailより高機能、特に同報メール機能が重宝する。
    (今までlivemail・Outlookともになく、同報メールのためにMail Distributorを使用していたが、送信履歴が残らず不安があった(LOGは残るが・・))
    強いて難点は、受信フォルダーに20,000件近くを入れているせいか、立ち上がりに時間がかかる(1分弱かかる:livemail並みの時間で立ち上がることを期待したい。)

    このレビューは参考になりましたか?はい
  • コメント

    gmailからgmail宛てに17MB程度の添付で送信するとsmt…

    nandakore
    nandakore
    投稿数: 1件
    Windows 10

    gmailからgmail宛てに17MB程度の添付で送信するとsmtp送信エラーがでる(送信及び着信はされている)Windows10メールアプリやBeckyなど他のメーラーではエラーは出ない。
    ver7.2でもエラー、このver8でもエラーがでる。アンチウイルス停止しても関係なかったので業務用には危なくて使えない!自分だけかもしれないので参考まで

    1人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい
  • 4

    Windows10標準の「メール」では文字化け(●◆◇◇¥¥□■こ…

    カプラテ
    カプラテ
    投稿数: 20件
    Windows 10

    Windows10標準の「メール」では文字化け(●◆◇◇\\□■こんなの)が目立って、こちらを試してみました。
    昔使っていたBeckyとも迷いましたが、モダンデザインと劣らない機能が気に入りました。

    機能に関してはこちらに書かれている以上に、
    画面右端の連絡先詳細のサイドバーを開くと、今までその人とやり取りしたメール履歴も添付ファイルも並びます。
    検索はかなり速いが、関係ないメールまでヒットしているような?
    仕分けのルールも細かく設定できて、自動で既読やラベルを付けて、指定した場所に移動やコピーもできます。
    正規表現も使えればドメインで一括り指定とかできて良いのですが、そのあたりよくわかりません。
    それとPCにローカル保存もできて自動バックアップもとれます。
    日本語以外で書かれたメールは「翻訳する」を押せば瞬時変換してくれる。
    カレンダーとチャットは使いこなせていない。
    なによりスマートフォルダってのから、全てのアカウントの送受信や未読を見れるのが行き来しなくていい。

    私は「安全性の低いアプリの許可」を有効にしなくても、ブラウザで開かれたgoogleアカウント画面で「eM Client」を許可にするだけで使えるようになりました。
    ただセキュリティ面で特筆するべき事があまりないソフトかな。

    私のダウンロードしたVerではアップデート通知から更新を押しても無反応なので、その件で問い合わせても、改善策のメールを丁寧に送ってくれて好感が持てました。

    不満な点は、値段が高い。
    無期限1PCで5千円前後で、今後の大型アップグレード代も込みだと1万円前後。
    1万円払いましたけどね。
    それと細かいですが、一瞬でもメールを開いたら既読にしてほしい。
    開いて下までスクロールするか、右クリックで既読にするとかしないと変わらないのが今の不満点。

    7人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい

eM Client に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 5 件)