ウィンドウの影付きキャプチャーを取得できるソフト

PriScVista のアイコン

PriScVista

ダウンロード

対応OS:
Windows 7/8/8.1/10/11
バージョン:
3.4.3(2022/11/04)
価格:
無料

エクスプローラーブラウザーなどのウィンドウ枠に表示される影を含めたキャプチャーをきれいに取得できるソフトです。
Windows 11 の角丸ウィンドウにも対応し、Windows Vista/7 の半透明なウィンドウでも、半透明ウィンドウ部分に白色の背景色を置くため、背景やデスクトップアイコンの映り込みなどを気にすることなくキャプチャー取得可能です。
マウスカーソルを含めたり、複数ウィンドウを対象にすることも可能。
初期設定ではクリップボードへのコピーのみですが、PNG / JPG / BMP 保存にも対応しています。

提供元:
制作ソフト一覧を見る

PriScVista の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトへアクセスし、「■ダウンロード■ バージョン3.4.3 (2.98MB)」リンクをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードした圧縮ファイル(PriScVista_v34-3.zip)を解凍し、PriScVista.exe から起動します。
    ※ 本ソフトはインストール不要で利用できます。

使い方

初期設定

初回起動時にキャプチャーに利用するキーを次のどちらかから選択します。
※ 後から設定画面の「ホットキー」タブから変更することが可能です。
初回設定

初回設定



1. PrtScr キータイプ
  • Alt+PrtScr … アクティブウィンドウのキャプチャ
  • Ctrl+PrtScr … アクティブウィンドウの中身のキャプチャ(ウィンドウ枠を除いた部分のみ)
  • PrtScr … ディスプレイ全体をキャプチャ
  • Shift+PrtScr … 指定領域キャプチャ(複数ウィンドウも可能)

2. 左手のみタイプ
  • Shift+Ctrl+1 … アクティブウィンドウのキャプチャ
  • Shift+Ctrl+2 … アクティブウィンドウの中身のキャプチャ(ウィンドウ枠を除いた部分のみ)
  • Shift+Ctrl+3 … ディスプレイ全体をキャプチャ
  • Shift+Ctrl+4 … 指定領域キャプチャ(複数ウィンドウも可能)
※ ここでは説明のため「1. PrtScr キータイプ」を選択したものとします。

キャプチャーを取得する

本ソフトをキャプチャーすると、Windows 8/8.1/10 の影付きキャプチャー、Windows 11 の角丸のウィンドウでもの影付きキャプチャーをきれいに取得できます。
また、Windows Vista/7 では半透明ウィンドウ+影付きのキャプチャーを取得可能です。
  1. キャプチャーに対応したキーは、初期設定で選択したキーとなります。
    ※ 変更したい場合は設定画面より変更可能です。
  2. キャプチャーを取得すると、デスクトップ画面右下に4秒間通知が表示されます。
    何もしなかった場合はキャプチャーがPNG形式で保存されます。
    ※ 保存フォルダーは PriScVista.exe の場所に作成された「ScreenShot」フォルダー内の今日の日付フォルダー内に保存されます。
    キャプチャー時に表示される通知

    キャプチャー時に表示される通知

  3. 通知の上にマウスカーソルを乗せ、画面右の各アイコンから次の操作が可能です。
    • ファイルを開く … キャプチャーしたスクリーンショットを既定のフォトビューアで開きます。
    • 画像を編集 … キャプチャーを画像編集ソフトで開いたり、減色したりできます。
      ※ Windows 10 の場合、画像編集ソフトはデフォルトで切り取り&スケッチが指定されています。
    • フォルダを開く … スクリーンショットの保存フォルダーを開きます。
    • 背景白黒反転 … 通知の背景色を白黒反転します。
      通知の背景の白黒を反転

      通知の背景の白黒を反転


  4. 複数ウィンドウをキャプチャーする

    Shift + PrtSc キーを押して指定領域をキャプチャーする方法で、複数ウィンドウのキャプチャーが可能です。
    1. Shift + PrtSc キーを押します。
    2. キャプチャーしたいウィンドウの上にマウスカーソルを乗せると、そのウィンドウ以外の背景が黒く表示されます。
      指定領域をキャプチャー

      指定領域をキャプチャー

    3. Shift キーを押しながらウィンドウの上にマウスカーソルを合わせると、緑色表示になるのでクリックします。
      「Shift」キーを押すと緑色に

      「Shift」キーを押すと緑色に

    4. 2つ目以降のウィンドウについても、同様に Shift キーを押しながらウィンドウをクリックします。
      複数キャプチャーしたい場合は同様に「Shift」キーを押しながらクリック

      複数キャプチャーしたい場合は同様に「Shift」キーを押しながらクリック

    5. Shift キーを離して任意の場所をクリックすると、選択したウィンドウをキャプチャーして保存できます。

    タスクトレイアイコンの右クリックメニュー

    タスクトレイicon アイコンの右クリックメニューから次の設定が可能です。
    タスクトレイアイコンの右クリックメニュー

    タスクトレイアイコンの右クリックメニュー



    クイックオプション
    • 背景色:#FFFFFF
      任意の背景色に変更します。
    • 裏に背景色を敷く
      本項目にチェックが入っていると、キャプチャーに上で指定した背景色を設定します。
    • 影付きでキャプチャする
      本項目にチェックが入っていると、影付きでキャプチャーします。。
    • マウスカーソルもキャプチャする
      本項目にチェックが入っていると、マウスカーソルを含めてキャプチャーします。

    キャプチャ
    • アクティブウィンドウをキャプチャ
      アクティブウィンドウをキャプチャーします。
    • アクティブウィンドウの中身をキャプチャ
      アクティブウィンドウの中身(ウィンドウ枠を除いた部分)をキャプチャーします。
    • 指定領域をキャプチャ
      クリックした領域をキャプチャーします。
    • 前回と同じ領域をキャプチャ
      前回と同じ領域をキャプチャーします。
    • Webページ全体をキャプチャ(Chrome自動操作)
      Chrome が起動している場合、現在開いているタブのウェブページ全体をキャプチャーします。

    ツール
    • 最後に保存したファイルを開く
    • 最後の保存したファイルを編集
    • 減色して軽量化
    • 保存フォルダを開く

    設定

    タスクトレイの icon アイコンの右クリックメニューから「設定」をクリックして設定画面を表示できます。

    「キャプチャ出力」タブ
    次のようなオプションを設定できます。
    • キャプチャーしたときにクリップボードにコピーするか、画像保存するか、その両方か
    • 保存フォルダー
    • 保存するファイル名
    • 画像編集アプリ
    • キャプチャー後の動作(保存フォルダーを開く、保存ファイルを開く、音声を鳴らす、通知を表示する…)
    設定 - 「キャプチャ出力」タブ

    設定 - 「キャプチャ出力」タブ



    「詳細設定」タブ
    アクティブウィンドウのキャプチャー、指定領域のキャプチャー、ディスプレイ全体のキャプチャーについてのオプションを設定できます。
    設定 - 「詳細設定」タブ

    設定 - 「詳細設定」タブ



    「ホットキー」タブ
    ホットキーを確認、変更できます。
    設定 - 「ホットキー」タブ

    設定 - 「ホットキー」タブ



    更新履歴

    Version 3.4.3
    (2022/11/04)
    • ファイルフォーマットに%Num%の指定が無いとエラーが発生してしまうバグを修正。
    • そのほか細かい部分の変更・修正。

    Version 3.4.2
    (2022/11/03)
    • %Num%連番検索でサブフォルダ全て見るようになり重くなっていたのを修正&高速化。
    • Windows10UWPアプリのアクリル透過部が上手くキャプチャ出来なくなっていたので暫定的応急処置(Win10UWPアプリのみ白黒白黒の4回反転で取得)。
    • キャプチャ画像保存中はキーフックを一時停止するようにした。
    • そのほか細かい部分の変更・修正。

    Version 3.4.1
    (2022/10/26)
    • UWPアプリのときアクティブウィンドウ検出に失敗することがあったバグを修正。
    • 起動時のアクティブウィンドウ検出でトップのウィンドウを選ぶようにした。
    • 「Webページ全体をキャプチャ」でポータブル版Chromeでも認識するように変更。
    • 「Webページ全体をキャプチャ」の動作一部改善やエラー時表記の見直し。
    • そのほか細かい部分の変更・修正。

    フィードバック


    ※ 本ソフトは X6004 様 のご推薦により掲載させていただきました。(掲載日:2015年02月13日)

ユーザーレビュー

  • 1

    ウィンドウのキャプチャしか撮れません

    KANATA
    KANATA
    投稿数: 1件
    Windows 10

    ウィンドウのキャプチャしか撮れません。
    ダイアログやプロパティのウィンドウは一切撮れません。
    ですので、一連の操作説明の資料作りのためには全く役に立ちません。

    4人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • 4

    自分が普段、個人でも職場でもWindows7とVistaしか見てな…

    X6004
    X6004
    投稿数: 40件
    Windows 7

    自分が普段、個人でも職場でもWindows7とVistaしか見てないのでうっかりしていましたが、Windows8のウインドウ・ダイアログは影が付かず半透明でもなかったですね。角も丸くないから単純な矩形切り取りで困らない。まだまだWindows7の方がシェアは高いとはいえ、このソフトでなければならない理由は薄れていくのでしょう。
    あと機能的に時間差キャプチャとスクロールキャプチャはできません。個人的にはそこはほかでカバーできるので欠点とは思ってなかったですが、完璧とは言えないので星ひとつ減らします。

    1人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • 5

    WinShotのところであらかた書いてしまったのですが、いいですよ…

    X6004
    X6004
    投稿数: 40件
    Windows 7

    WinShotのところであらかた書いてしまったのですが、いいですよこれ。
    半透明の影付きウインドウをきれいに撮れるのってほかにあるんでしょうか。影を後付けする強引なソフトもあったみたいですが。
    背景に敷く色は画面上から取得できるのでバックが白以外でも大丈夫。
    指定領域キャプチャでCtrlを押すと矩形選択、シフトを押すと領域を追加できるので階層のメニューなどを一度に取り込めます。
    ツールバーだけキャプチャしたいというような時は「パーツ単位の領域選択を可能にする」にチェックを入れておきます。
    外部アプリにPhotoFiltreを登録するのがお勧め。ホイールで表示倍率をサッと変えてトリミング。バックが白なら周囲に残っていても自動トリミングでカットできるので大雑把なトリミングでOKです。

    1人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?