スペースキーを押すだけでファイルをプレビュー表示できるようにするアプリ

Seer のアイコン

Seer

  • 海外
  • 日本語○
  • シェアウェア
  • 体験版○

ダウンロード購入

対応OS:
Windows 10/11
バージョン:
3.2.1(2023/06/07)
価格:
¥1,450

画像 / 動画 / テキスト / PDF / 圧縮ファイル / フォルダーなどの中身を確認したいときに、手軽にプレビュー表示できるアプリです。
ファイル / フォルダーを選択しスペースキーを押すだけで内容をプレビュー表示。
もう一度スペースキーを押すと閉じることができます。
軽快に動作するため、Windows 標準の画像ビューア、音楽・動画プレイヤーよりも素早く画像表示、音声・動画再生が可能。
プラグインを追加することでフォントファイルなどの表示にも対応します。

提供元:
※ Microsoft Store 版はシェアウェアですが、体験版を利用できます。体験版は試用期間や試用制限なく利用できるようです。そのためここでは Microsoft Store 版の情報を掲載しています。
※ 提供元サイトからダウンロードできるインストール版は試用期間 7 日間です。
※ Windows XP-10 対応の無料版(旧バージョン)については SourceForge.net よりダウンロード可能です。

Seer の使い方

ダウンロード

Microsoft Store へアクセスし、「\1,450」ボタンをクリックして Microsoft Store アプリ上で「無料体験版」ボタンをクリックしてダウンロード、インストールします。
※ 無料版(旧バージョン:v0.8.1)を利用する場合は、SourceForge.net へアクセスしてダウンロードします。v0.8.1 は Windows XP-10 対応で使用感は v3 系 と大きく変わりません。

使い方

初回起動時

本ソフトの初回起動時にはヘルプ画面が表示されます。
スペースキーを押すと閉じることができます。
初回起動時に表示されるヘルプ

初回起動時に表示されるヘルプ



日本語化手順

  1. 本ソフトを起動して表示されるタスクトレイicon を右クリックし「Settings」をクリックします。
    タスクトレイアイコンのメニュー

    タスクトレイアイコンのメニュー

  2. 「Settings(設定)」画面が表示されます。
    画面右下の 日本語 をクリックして「OK」ボタンをクリックします。
  3. 本ソフトが再起動されます。
    再び「設定」画面を開くと日本語化されていることを確認できます。
    ※ 一部英語表記は残ります。
    Settings 画面にて日本国旗を選択する

    Settings 画面にて日本国旗を選択する


基本的な使い方

プレビュー表示する
次のようなファイルをクリックして選択し、スペースキーを押すとプレビュー表示できます。
  • テキスト
    プレビュー表示 - テキストファイル

    プレビュー表示 - テキストファイル

  • PDF ファイル
  • 圧縮ファイル
    プレビュー表示 - 圧縮ファイル

    プレビュー表示 - 圧縮ファイル

  • フォルダー
  • 画像ファイル
    プレビュー表示 - 画像ファイル

    プレビュー表示 - 画像ファイル

  • 音楽ファイル
  • 動画ファイル
    プレビュー表示 - 動画ファイル

    プレビュー表示 - 動画ファイル


オフィスファイルなどの標準で対応していないファイルはプロパティ情報が表示されます。
プレビュー表示 - プロパティ表示

プレビュー表示 - プロパティ表示



プレビュー表示を閉じる
プレビュー表示しているときにもう一度スペースキーを押すと、プレビュー表示を終了します。
※ プレビュー表示をクリックして選択状態にした後、Esc キーを押しても終了できます。

画像、テキストなどの拡大/縮小表示
Ctrl キー + 「マウスホイールの回転」で表示画像を拡大/縮小できます。

プラグインを追加してフォントファイルを見る

プラグインを追加することで、フォントファイルのプレビュー表示に対応します。

プラグインをダウンロードする
  1. 提供元サイトのプラグインページへアクセスし、「FontViewer-1.1.0」リンクをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードした圧縮ファイル(FontViewer-1.1.0.zip)を解凍します。

プラグインを適用する
  1. タスクトレイの icon を右クリックし「設定」をクリックします。
  2. 「設定」画面が表示されます。
    左メニューの「プラグイン」をクリックします。
  3. 「プラグイン」画面の「利用可能」タブが表示されます。
    設定 - プラグイン - 「利用可能」タブ

    設定 - プラグイン - 「利用可能」タブ


    「ローカル」タブをクリックし、表示された画面右下の「+」をクリックします。
    設定 - プラグイン - 「ローカル」タブ

    設定 - プラグイン - 「ローカル」タブ

  4. 「Seer プラグインを選択」ダイアログが表示されるので、先ほど解凍したフォルダー内にある plugin.json を選択します。
    「Seer プラグインを選択」ダイアログで「plugin.json」を選択

    「Seer プラグインを選択」ダイアログで「plugin.json」を選択

  5. 「ローカル」タブ画面に戻り、名前に「FontViewer-1.1.0」、拡張子に「ttf otf otc ttc」と表示されるので、画面右下の「OK」ボタンをクリックします。
    「FontViewer」プラグインが追加された

    「FontViewer」プラグインが追加された

  6. フォントファイル(例えば、NikkyouSans-mLKax.ttf)を選択してスペースキーを押すと、フォント内容が表示されます。
    「FontViewer」プラグイン追加後の ttf ファイルのプレビュー表示

    「FontViewer」プラグイン追加後の ttf ファイルのプレビュー表示


    ※ 本プラグイン適用前はフォント内容は表示されません。
    「FontViewer」プラグイン追加前の ttf ファイルのプレビュー表示

    「FontViewer」プラグイン追加前の ttf ファイルのプレビュー表示


利用できるプラグイン
次のプラグインがダウンロード可能です。
  • OIT-1.2.0
    拡張子:doc, docx, ppt, pptx, xls, xlsx, vsd, dxf, dwf, pst, msg, mdb, eml, uue, 123, prz, drw, pct, mpp, qpw, wpd, shw
  • FontViewer-1.1.0
    拡張子:ttf, otf, otc, ttc
  • 3DViewer
    拡張子:fbx, gltf, glb, obj, stl, json, 3ds
  • eps2png
    拡張子:eps
  • dill_lib_exports
    拡張子:lib, dll
  • ImageMagick-1.1.0
    拡張子:jxl
  • oiio-1.0.0
    拡張子:exr, dds, sgi, dpx, hdr, rla
  • exiftool
    拡張子:indd
  • torrent2json
    拡張子:torrent
  • ApkMetaInfo2Json
    拡張子:apk
  • XMindThumbnail
    拡張子:xmind

対応フォーマット

次のフォーマットに対応しています。

Text(テキスト)
bash / zsh / ebuild / ecall / sh / bat / cmd / mak / makefile / cs / csharp / c / cc / cu / cxx / cpp / c++ / h / hh / hpp / h++ / i / ii / css / qss / diff / patch / f / for / ftn / f95 / f90 / html / htm / xhtml / php / php4 / lua / m / pl / perl / cgi / pm / plx / plex / py / python / gyp / sql / itcl / wish / sty / cls / xml / sgm / sgml / nrm / ent / hdr / hub / dtd / glade / wml / tld / xsl / ecf / jnlp / xsd / resx / ini / java / jsp / js / javascript / json / ruby / rb / irb / gemspec / podspec / thor / log / srt / lrc / txt / url / tex

Picture(画像)
psd / psb / bmp / cur / dds / icns / ico / jp2 / jpeg / jpg / pbm / pgm / png / ppm / svg / svgz / tga / tif / tiff / wbmp / webp / xbm / xpm / gif / mng

Media(動画)
mp3 / ogg / oga / wav / wma / aac / ac3 / dts / ra / ape / flac / thd / mka / m4a / avi / vfw / divx / mpg / mpeg / mqv / m2v / mpv / dv / 3gp / mov / mp4 / m4v / mqv / dat / vcd / ogm / ogv / ogx / asf / wmv / iso / vob / mkv / nsv / ram / flv / rm / swf / ts / rmvb / dvr-ms / m2t / m2ts / mts / rec / f4v / hdmov / webm / vp8 / bik / smk / m4b / wtv

Compressed(圧縮ファイル)
rar / zip / zipx / tar / 7z / xz / txz / z / taz / tbz2 / lzma / lzma86 / bzip2 / gz / tgz / bz2 / jar

Othter(その他)
pdf / ai / md / markdown / mdown / mkdn / mkd / mdwn / mdtxt / mdtext

更新履歴

機械翻訳で日本語にしています。
Version 3.2.1
  • フォルダー: C:\Windows\System32 をプレビューするときに少し速くなり、以前のバージョンよりも 250 ミリ秒短縮されました。
  • ビデオ: r3d 用の新しいプラグイン。別の方法で追加する必要があります(R3D のサポート #399)
  • ビデオ: QR コードエラーを修正
  • PDF: 次/前のページへの新しいショートカット、 ]/[
  • PDF: Dark/Annotate のショートカットが分離された状態で機能しない問題を修正しました。
  • user.ini: 「全般」の下に「load_cloud_files」を追加しました
  • user.ini: 「全般」の下に「enable_esc_key」を追加し、ウィンドウをグローバルに閉じます
  • 新しい変数 - ${use_backslash}: スラッシュをバックスラッシュに置き換えます。
  • Files App は新しいバージョンで Seer をサポートする可能性があります

Version 3.2.0
  • メディア
    ・ループできないバグを修正
    ・埋め込み字幕がサポートされています
  • 文章
    ・ハイライトが機能しない場合があるバグを修正
    ・ノルウェー語を検出する能力
  • html
    ・markdown
     ・新しいコントロール ボタンを追加、PDF として保存
     ・heti 画像がウィンドウより大きいバグを修正
  • 設定
    ・前回のバージョンの間違いを修正するために、更新を自動的に確認するおよびエクスプローラーで選択したファイルを追跡するという 2 つのオプションがオンになっています。
    ・…(省略)
  • その他
    ・epub と font という 2 つの古いプラグインは、どちらも他のモジュールでより適切にサポートされているため、削除されました。
    ・Win32 edition: インストーラー/アンインストーラー、実行中のプロセスを強制終了できないバグを修正しました
    ・Win32 edition: レジスタウィンドウのいくつかの UI エラーを修正しました
    ・Microsoft Store edition: ini ファイルの場所を変更しました。Seer が設定の読み取り/書き込みに失敗した場合は、ini ファイルを .../Document/Seer/ にコピーしてください。

Version 3.1.1
  • ライセンスモジュールのバグを修正
  • アップデートのチェックをクリックしても反応しない場合がある不具合を修正しました。
  • PSD のサポートを更新しました。


フィードバック


※ 本ソフトは haruru2525 様 のご推薦により掲載させていただきました。(掲載日:2016年05月31日)

ユーザーレビュー

  • コメント

    【追記あり】私は「iPad」ユーザーなので、コメントまで:

    owl
    owl
    482
    その他

    私は「iPad」ユーザーなので、コメントまで:
    当アプリに関してのフリーソフト100 の記事が古く、内容が正しくないようです。
    公開されているバージョンは、Win7(有償)版と Win10(無料)版の2種類です。
    より詳しい使い方や Issue(課題トラッカー)は、
    https://github.com/ccseer/Seer/wiki
    リリースノート
    www.1218.io/seer/release-note.html

    下記に、
    http://www.1218.io/seer/order.html
    要旨を抜粋して意訳:
    Seer は、Windows 用の quick look ツールです。
    macOS の「quick look」と同じように動作しますが、Seer はより強力で、カスタマイズ可能で、より高速です。

    ● Microsoft Store 版、min対応: Win 10
    Microsoft アカウントを通じて、10種類のデバイスをアクティベートすることができます。機能は Win32版と同じですが、Microsoft Store のポリシーにより、いくつかの制限があります。このエディションには、ライセンスキーは不要です。必要なのは、ストアからダウンロードして起動することだけです。

    ● Win32版、min対応: Win 7
    Microsoft Store 版と同様に、ライフタイムアップデートとより多くの機能を備えています。キーは1つにつき10回使用可能です。価格は12.18ドルです。


    ● Microsoft Store 版、min対応: Win 10
    お金を払うと、あなたの Microsoft アカウントがソフトウェアを所有することになります。必要なのは、ストアからダウンロードして起動することだけです。

    3人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • 1

    つかえない

    PPPPPP
    PPPPPP
    112
    Windows 10

    つかえない。
    インストールまでして、この程度なら無用。
    フリーソフト100さんの使い方をみてつかってみたけど
    なにか、違う?よく使い方もわからない。

    2人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • コメント

    現在、v0.8.1 日本語表示選択できますよ

    JP可
    JP可
    1
    Windows 10

    現在、v0.8.1 日本語表示選択できますよ。プラグイン導入は手作業になります。

    9人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?

Seer に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 6 件)