Windows 10 の利用情報が送信される設定を変更しプライバシーを守るソフト

Spybot Anti-Beacon

Spybot Anti-Beacon
  • 海外
  • 日本語✕
  • 寄付歓迎

ダウンロード

対応OS:
Windows 7/8/8.1/10

Windows 10 では、ユーザーの様々な情報を収集し送信しています。
これは主に Windows 製品を改善するため、トラブル発生時の復旧に必要な情報を収集するため、最適な広告を配信するためなどに利用されます。
これらについては Windows 10 の「設定」⇒「プライバシー」からある程度変更できますが、どこにどういった設定があるのか探すのは少し大変です。
本ソフトを利用すれば、カスタマーエクスペリエンス向上プログラムに関する情報収集、デバイスデータの利用情報、手書きデータや音声入力情報の送信設定などをまとめてオフにすることができます。

提供元:

Spybot Anti-Beacon の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトへアクセスし、「Spybot Anti-Beacon 1.6 can be downloaded from here.」リンクをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(SpybotAntiBeacon-1.6-setup.exe)からインストールします。

使い方

「Protection」タブ

本ソフトを起動し、「Immunize」ボタンをクリックすることで次の全項目をブロック・停止できます。
  • Telemetry Hosts
    遠隔情報収集のホスト
  • Telemetry Services
    遠隔情報収集のサービス
  • Telemetry Group Policy
    遠隔情報収集のグループポリシー
  • Consumer Experience Improvement Program (CEIP) Group Policy
    カスタマーエクスペリエンス向上プログラム(製品の改善に役立てるためにユーザーの利用情報を収集する機能)のグループポリシー
  • Consumer Experience Improvement Program (CEIP) Scheduled Tasks
    カスタマーエクスペリエンス向上プログラムのスケジュールタスク
  • Application Impact Telemetry (AIT) Group Policy
    AIT(カスタマーエクスペリエンス向上プログラムの一環として様々な情報を収集して送信する機能)のグループポリシー
  • Steps Recorder Group Policy
    ステップレコーダー(トラブルシューティング用のユーザー操作を記録する機能)のグループポリシー
  • Wi-Fi Sense (HotSpot Sharing) Group Policy
    Wi-Fi センサー(ホットスポットの接続情報の共有)のグループポリシー
  • Apps use advertising ID
    アプリの広告IDの使用
  • P2P Windows Updates outside local network
    ローカルネットワーク外の P2P Windows アップデート
  • Sensors
    センサー
  • Handwriting Data Sharing
    手書きデータの共有
「Undo」ボタンをクリックすると、すべて許可できます。

個別の項目をブロックする
画面左下の「Show options」ボタンをクリックすると、各項目にチェックボックスが表示されます。
チェックを入れて「Immunize」ボタンをクリックすると、チェックを入れた項目をブロックできます。

「Optional」タブ

「Optional」タブをクリックして、次の項目もブロック・停止できます。
  • Web Search Group Policy
    ウェブ検索のグループポリシー
  • Cortana Group Policy
    コルタナのグループポリシー
  • OneDrive Service
    OneDrive のサービス
  • OneDrive Group Policy
    OneDrive のグループポリシー
  • Remote Registry Service
    リモートレジストリサービス
  • Bing IPs
    Bing IPs
  • Telemetry Hosts (extensive list)
    遠隔情報収集のホスト(広範なリスト)
  • Office 15 (2013) Telemetry Group Policy
    Office 2013 の遠隔情報収集のグループポリシー
  • Office 15 (2013) Telemetry Scheduled Tasks
    Office 2013 の遠隔情報収集のスケジュールタスク
  • Office 16 (2016) Telemetry Group Policy
    Office 2016 の遠隔情報収集のグループポリシー
  • Office 16 (2016) Telemetry Scheduled Tasks
    Office 2016 の遠隔情報収集のスケジュールタスク

ユーザーレビュー

  • コメント

    FALL更新後、うちのPCでは起動のたびにエラーが出るように…

    usericon こたつみかん(4)Windows 10

    FALL更新後、うちのPCでは起動のたびにエラーが出るようになったのは事実なのです。
    もうアンインストールしてしまったので詳細は忘れましたが、更新期日もAntiSpyのほうが新しかったので、私はそちらに変えたということです。
    Spybot Anti-Beaconが全般において使えないといったレビューをしているわけではありません。
    それと、他人のレビューにいちいちレスポンスをつけるのはやめてください。
    ここは掲示板ではないです。
    過去にもそれが問題になったはずです。
    書きたいレビューや情報があるならご自分のレビューとして自己完結してほしいです。
    いちいち名指しで書かれても返信する方の身になってください。

  • 5

    > こたつみかん さんの「Ashampoo AntiSpy …

    usericon owl(90)Windows 8/8.1

    > こたつみかん さんの「Ashampoo AntiSpy for Windows 10」レビューで
    Spybot Anti-Beaconが出始めより更新もなくてFALLでついにエラーを吐くようになった。
    中略/コルタナやONE DRIVEも・・・
    とのコメントに接し、
    当「Spybot Anti-Beacon」を再検証してみました。

    このアプリは、“公開当初からの愛用品” です。
    Secunia(脆弱性監視会社)での判定では、最新版は「1.6.0.42」で、脆弱性の問題は認められませんでした。
    実装品は、自動更新に設定していますが、その最新版に更新がされていました。

    当アプリのリリース情報では、Initial release:Version 1.0 (August 19th, 2015)、最新版:Version 1.6 (November 11th, 2016) で、都合、6度の更新版が存在しています。
    また、当アプリ専用のユーザーフォーラム(https://forums.spybot.info/showthread.php?72686-Spybot-Anti-Beacon-for-Windows-10/page28)があり、最新の投稿は 2017-11-11, 00:56 #277 を記録し、活発な運営状況でした。

    各種テレメトリーを実機で検証してみましたが、
    全て正常に機能しており、問題や不具合は認められませんでした。

    以上を踏まえると(指摘された更新頻度の少なさは)
    Microsoft へのユーザーの様々な情報を収集し送信する機能を制限するための機能なので、Microsoft 側での仕様変更でもない限り、当アプリに「更新」の必要性がないからなのでしょう。

    また、当アプリのオプション機能[Optional]には、Web 検索や Cortana、OneDrive などを無効化する機能があります。

    参考に
    Windows 10のトラッキング/テレメトリを無効化する各種ツール
    http://utaukitune.ldblog.jp/archives/65874584.html

  • 2

    通常、自作ではOS入れた時点で個人利用の場合は まっさきに…

    usericon tonnura(1)Windows 7

    通常、自作ではOS入れた時点で個人利用の場合は
    まっさきに手動で無効化すべきものをオ-トでやるだけなので
    ちょとおもちゃぽい気がします。
    最終的にはこれアンストしてDestroy Windows 10 Spyingに
    換えました。

Spybot Anti-Beacon に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 4 件)