アドレスバーに http:// や https:// 、www を含めたすべての URL を表示する Chrome 拡張機能

Suspicious Site Reporter のアイコン

Suspicious Site Reporter

  • 海外
  • 日本語✕

×ダウンロードできません

バージョン:
1.23(2023/07/26)
価格:
無料
2024年2月19日、配布終了確認

疑わしいサイトを Google へ報告するための Google 製 Chrome 拡張機能です。
安全だと思われるサイトでは緑色のアイコン、疑わしい可能性があるサイトではオレンジ色のアイコン、疑わしい可能性が低いサイトではグレーのアイコン表示となります。
疑わしいサイトのキャプチャーを取得してレポート送信することもできます。
また、アドレスバーの URL 表示を省略せず、すべて表示する機能も備えています。

提供元:
By Google
制作ソフト一覧を見る

Suspicious Site Reporter の使い方

ダウンロード

Chrome で Chrome ウェブストアへアクセスし、「Chrome に追加」ボタンをクリックしてインストールします。

使い方

基本的な使い方

本拡張機能をインストールすると、画面右上に icon アイコンが追加されます。
サイトによってアイコンの色が次のように変わります。
  • green何も検出されなかった安全なサイト
  • orange疑わしい可能性があるサイト
    直近3カ月以内に訪問していないだけでオレンジ色になります。
    フィッシングサイトなど、知らず知らずのうちに訪問したことがない URL に誘導されてしまっているケースでは非常に参考になります。
  • icon疑わしい可能性が低いサイト
    直近3カ月以内に訪問しているとグレーになります。

疑わしいサイトがあれば、orange をクリックしてレポートを Google へ送信できます。
オレンジアイコンクリックでレポートを送信

オレンジアイコンクリックでレポートを送信



アドレスバーの表示について

Chrome バージョン 70 以降、アドレスバーには http:// 、https:// 、www が非表示になるように仕様が変更されました。
本拡張機能をインストールして有効にしておくだけで、非表示になってしまった URL をすべて表示することができるようになります。
  • 本拡張機能インストール前
    本拡張機能インストール前のアドレスバー

    本拡張機能インストール前のアドレスバー

  • 本拡張機能インストール後
    本拡張機能インストール後のアドレスバー

    本拡張機能インストール後のアドレスバー


更新履歴

Version 1.23
(2020/05/05, 2020/11/20, 2023/07/26)
  • -

Version 1.22
(2020/01/26)
  • -

Version 1.21
(2019/11/02)
  • -

ユーザーレビュー

  • コメント

    Chrome 拡張機能ですが、Brave は「Chromeベース」…

    Gonbe
    Gonbe
    投稿数: 1337件
    Windows 10

    Chrome 拡張機能ですが、Brave は「Chromeベース」なのでインストしてみました。
    提供元サイトで「Chrome に追加」ボタンをクリックすると、Brave が反応しました。
    「Brave はこの拡張のセキュリティと安全性を確認していません」との警告表示です。
    この表示を承知の上でインストールを実施しましたが、Brave でも機能するようです。
    短時間の試用ですが、アドレスバー表示や旗アイコンの機能について異常ありません。
    (Brave 64bit版 Ver.1.0.1 使用)

    3人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?