アドオンで機能を拡張できる、シンプルなインターフェースのタブファイラー

Tablacus Explorer のアイコン

Tablacus Explorer

ダウンロード

対応OS:
Windows XP/Vista/7/8/8.1/10
バージョン:
20.8.9(2020/08/09)

複数のフォルダーを一つにまとめて利用できるタブファイラーツールです。
シンプルなインターフェースで、いままでのフォルダーを使っている感覚で乗り換えることができます。
マウスジェスチャーを標準装備し、「上へ」ボタンも利用可能。
Firefox / Chrome などのブラウザーのように、開いていたタブを記憶して、本ソフトを終了しても再び同じフォルダーを開きなおさなくても良いのも魅力です。
アドオンを追加することで、画面の分割、タブグループ機能などを利用できるようになります。

提供元:
● 解説サイト : シロサイの雑記

Tablacus Explorer の使い方

ダウンロード

  1. Vector のダウンロードページへアクセスし、「ダウンロードページへ」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードした圧縮ファイルを解凍し、TE32.exe または TE64.exe から起動できます。
    ※ 本ソフトはインストール不要で利用できます。

使い方

基本的な使い方

本ソフトを起動すると、デスクトップが表示されます。

タブを開く/閉じる
フォルダーを右クリックし、「新しいタブで開く」または「バックグラウンドで開く」をクリックすると、フォルダーを別のタブで開きます。
Ctrl キーを押しながらダブルクリック、または Enter キーでも「バックグラウンドで開く」と同じ効果になります。

タブの上で右クリックして「タブを閉じる」をクリックするか、Ctrl + W キーでタブを閉じることができます。

タブのロック
タブをダブルクリックするか、タブの上で右クリックして「ロック」をクリックすると、タブを閉じることができないようにロックできます。
ロックを解除するには、上記のロックの時と同じ操作で解除できます。

アドオン

アドオンを追加、編集して使いやすいようにカスタマイズできます。
メニューバーの「ツール」⇒「アドオン」からアドオン画面を表示できます。

インストールされているアドオン
標準で次のアドオンがインストールされています。
  • マウス
    マウスボタン、マウスジェスチャー
  • キー
    ホットキー
  • アドレス バー
    アドレスバー表示、パンくずリストのXPスタイルも可能
  • フィルター バー
    画面右上のフィルター
  • 戻る
    戻るボタン
  • 進む
    進むボタン
  • 上へ
    上へボタン
  • ツリー
    フォルダーツリーボタン
  • メイン メニュー
    ツールバー
  • タイトル バー
    タイトルバー
  • タブ
    タブ

それぞれ、オプションから詳細を編集でき、「無効化」ボタンをクリックすると、アドオンを無効化できます。
例えば、「戻る」を無効化した場合、戻るボタンが非表示になります。
再びアドオン画面で「有効化」ボタンをクリックして再表示させることが可能です。

新しいアドオンをインストールする
アドオン画面左の「アドオンを入手」をクリックします。
たくさんのアドオンが表示されます。
「インストール」ボタンをクリックして、アドオンをインストールできます。

アドオン「分割」をインストールする
例として、「分割」のアドオンを追加してみます。
  1. 「アドオンを入手」画面の画面上部のテキストボックスに「分割」と入力して「フィルタ」ボタンをクリックします。
    すると、分割、3分割、6分割の3つのアドオンが表示されます。
  2. 「分割」の右にある「インストール」ボタンをクリックします。
  3. 「インストールしますか?」メッセージウィンドウが表示されるので「OK」ボタンをクリックすると、インストールされます。
  4. 左メニューの「アドオン」をクリックして「アドオン」画面に移動し、画面の一番下までスクロールすると、追加したアドオンが表示されていることを確認できます。

「分割」をインストールすると、画面右上に icon が表示されます。
左から、1x1 / 1x2 / 2x1 / 2x2 の表示となります。

他にも便利なアドオンがたくさん用意されています。

ユーザーレビュー

  • コメント

    【追記あり】バージョン20.7.19を3日ほど使ってみましたが、実行ファイルT…

    kuroki55
    kuroki55
    投稿数: 29件
    Windows 10

    バージョン20.7.19を3日ほど使ってみましたが、実行ファイルTE64.exeがかってに起動する様子は有りません。
    このまま使ってみます。


    本日(7/22)のお昼ごろから。TE64.exeが起動しました。
    タスクマネージャーで終了させ、ホルダーごと削除しました。

    このレビューは参考になりましたか?はい
  • コメント

    【追記あり】Ver.20.7.12 を提供元サイトからDL しようとしたら、W…

    Gonbe
    Gonbe
    投稿数: 950件
    Windows 10

    Ver.20.7.12 を提供元サイトからDL しようとしたら、WindowsDefender が反応。
    TE64.exe に重大な脅威を含むとの検知内容なので、今回更新は見送ることにして、
    Soft Pedia から入手したVer.20.7.11 を当面は使用することにしました。


    提供元サイトでは、DL 画面に「ウイルススキャン」ボタンがあります。
    そのボタンを押下すると、Virus Total でスキャンされ結果表示します。
    Virus Total でのスキャン結果は、「脅威検出ゼロ」となっております。


    Microsoft Defender Antivirus 定義ファイル更新にて、DL 可能になりました。
    なお、上記の投稿時に「WindowsDefender」と記述していました。
    定義ファイルのバージョンは、次のとおりです。
    Ver.1.319.1263.0 ・・・・ DL 時に脅威検出
    Ver.1.319.1306.0 ・・・・ DL 時に問題なし

    このレビューは参考になりましたか?はい
  • コメント

    ソフトを起動していないのに、実行ファイル TE64.exe が1ス…

    kuroki55
    kuroki55
    投稿数: 29件
    Windows 10

    ソフトを起動していないのに、実行ファイル TE64.exe が1スレッドを独占して実行し続ける様になりました。
    タスクマネージャーで終了させても復活します。
    アップデートを待ちたいと思います。

    2人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい

Tablacus Explorer に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 14 件)