写真の隠したい部分に簡単にぼかしを入れられるソフト

手軽にぼかし のアイコン

手軽にぼかし

ダウンロード

対応OS:
Windows 7/8/8.1/10
バージョン:
1.1.0.1(2016/03/02)

写真や画像ファイルなどの個人情報や顔などの隠したい部分をドラッグして範囲選択するだけで、簡単にぼかし加工を付けることができるソフトです。
ドラッグして範囲選択する形状は四角形または楕円形から選択可能。
選択した範囲内だけでなく、逆に選択した範囲外をぼかすこともでき、ぼかし度合い(ぼかしの強弱)は、0 ~ 80 の間で調整が可能です。

提供元:
制作ソフト一覧を見る

手軽にぼかし の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトへアクセスし、「ダウンロード」項目下の「手軽にぼかし 1.1.0.1 32bit(x86)版」横の「無料ダウンロード」リンク、または「手軽にぼかし 1.1.0.1 64bit(x64)版」横の「無料ダウンロード」リンクをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードした圧縮ファイル(bokashi1101_32.zip または bokashi1101_64.zip)を解凍し、手軽にぼかし.exe から起動します。
    ※ 本ソフトはインストール不要で利用できます。

使い方

基本的な使い方

  1. 本ソフトを起動し、次のいずれかの手順で画像ファイルを追加します。
    • メイン画面に画像ファイルをドラッグ&ドロップする
    • メニューバーから「ファイル」⇒「開く」とクリックして画像ファイルを選択する
    • ツールバーの 開く をクリックして画像ファイルを選択する
  2. 画像ファイルが追加されると表示サイズが自動で調整されます。
    ※ 表示サイズを調整したい場合は、画面左上の「表示」項目から調整できます。
  3. 隠したい部分をドラッグして範囲選択すると、四角形で選択した範囲にぼかしが入ります。
  4. ドラッグする前にツールバーの 楕円モード をクリックすると、範囲選択した場所が楕円になります。
    ※ メニューバーから「編集」⇒「楕円モード」とクリックしてもOKです。
  5. ツールバーの 枠の外をぼかす をクリックすると、範囲選択した場所以外がぼかし状態になります。
    ※ メニューバーから「編集」⇒「枠の外をぼかす」とクリックしてもOKです。
    ※ 範囲選択する前に実行すると、画像全体にぼかしが入ります。
    ※ 複数でも有効です。複数の範囲選択をしている場合、範囲選択している場所以外にぼかしが入ります。
  6. 編集した画像は、次のいずれかの手順で保存します。
    • メニューバーから「ファイル」⇒「名前を付けて保存」とクリックする
    • ツールバーの 名前を付けて保存 をクリックする

ぼかし度を調整する

範囲選択したぼかしが弱くて隠したい内容が隠しきれていない場合は、ぼかし度を調整することで隠せるようになります。
  1. 範囲選択してぼかしが弱いと思った場合は、ツールバーにある「ぼかし度」横の「変更」ボタンをクリックします。
  2. 「ぼかし度」画面が表示されます。
    スライダーを動かすか、▲▼ボタンをクリックしたり、数字を直接編集したりしてぼかし度を調整します。
    調整したぼかし度合いは画面右の「サンプル」に表示で確認できます。
    ぼかし度を変更
  3. 「ぼかし度」を50に調整した結果です。

対応しているフォーマット

読み込み
  • PNG
  • JPG/JPEG
  • GIF
  • BMP
  • TIF/TIFF
  • EXIF

保存
  • png ファイル(*.png)
  • jpg ファイル(*.jpg, *.jpeg)
  • 24bit ビットマップファイル(*.bmp)

更新履歴

Version 1.1.0.1 (2016/03/02)
  • iPhoneで撮った写真を読み込んだとき画像の向き(縦横上下)を自動補正
  • 名前をつけて保存したあと、ウィンドウ上部に保存後のファイル名を表示するよう修正

Version 1.0.0.1 (2014/08/05)
  • 新規リリース

ユーザーレビュー

  • 3

    MSペイントのような操作感で、インストール不要で手軽に扱えるのはと…

    UtauHiKitsune75
    UtauHiKitsune75
    投稿数: 30件
    Windows 10

    MSペイントのような操作感で、インストール不要で手軽に扱えるのはとても魅力的だが、四角と丸選択だけでは厳しい場面が多い。
    高度なモザイク編集を行いたいなら、GIMPなどの高性能画像編集ソフトを使ったほうが良い。

    1人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい