自動でごみ箱をクリーンアップできるソフト

Auto Recycle Bin のアイコン

Auto Recycle Bin
  • 海外
  • 日本語✕

ダウンロード

ユーザーの評価:
0

評価数:0 件(未評価)

レビューを投稿する

対応OS:
Windows 7/8/8.1/10
バージョン:
1.00(2018/03/14)

ごみ箱に入れてから30日経過したとき、ごみ箱内の容量が5GBを超えたとき、ディスクの空き容量が30%を切ったとき、などの条件でごみ箱を自動的にクリーンアップできるソフトです。
クリーンアップするタイミングは、手動実行、Windows 起動時に実行、バックグラウンドで自動実行の3つのタイミングから選択します。
Windows 起動時は実行後に自動終了し、バックグラウンドで自動実行は定期的にチェックしてごみ箱をクリーンアップします。

提供元:

Auto Recycle Bin の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトへアクセスし、「DOWNLOAD FREE VERSION」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(setup_rebina.exe)からインストールします。
    ※ インストール最後に言語選択画面が表示されます。日本語に対応していないので「English」ボタンをクリックします。

使い方

基本的な使い方

  1. 本ソフトを起動すると、「Setting(設定)」画面が表示されます。
    次の中からごみ箱クリーンアップのタイミングを選択します。
    • Manually
      手動で実行します。
      次の画面の「Process all」ボタンをクリックすると実行されます。
    • On Windows OS startup
      Windows 起動時に自動実行します。
      クリーンアップ実行後に本ソフトは自動終了します。
    • Periodically on the background
      定期的にバックグラウンドで最小限のシステムリソースで自動実行します。
      画面右上の「-」ボタンをクリックして最小化することは可能ですが、「×」ボタンをクリックすると本ソフトが終了してしまいます。
      最小化時はタスクバーに表示されるので、使いづらい設定かもしれません。
    選択したら「Save settings(設定を保存)」ボタンをクリックします。
  2. ごみ箱をクリーンアップする条件を設定します。
    • Keep deleted items
      ごみ箱内のファイルの保持期限を設定します。
      初期値は30日が設定されていて、30日を経過すると削除されます。
    • Maximum size of Recycle Bin
      ごみ箱の最大サイズを指定できます。
      初期値はディスクの空き領域が5000MB(=5GB)、または 30%が設定されていて、それぞれを超える場合はごみ箱内をクリーンアップします。
    「Process all」ボタンをクリックすると、上記で設定した条件で手動で実行します。
    「Process all」ボタンをクリックしなくても、画面右上の「×」ボタンをクリックして本ソフトの終了、「-」ボタンをクリックして最小化しても設定が保存されます。

ユーザーレビュー

  • まだレビューが投稿されていません。
    このソフトの最初のレビューを書いてみませんか?