90以上のソフトのクリーンアップに対応したお掃除ソフト

BleachBit のアイコン

BleachBit

  • 海外
  • 日本語○
  • 寄付歓迎

ダウンロード支援

対応OS:
Windows 8/8.1/10
バージョン:
4.6.0(2023/11/05)
価格:
無料

Adobe Reader / Firefox / Opera / Safari / Skype / Thunderbird などのソフトごとに、キャッシュ、クッキー、履歴、一時ファイル、ログやゴミを削除します。
素早くクリーンアップを行い、フリースペースを確保します。
また、ファイルやフォルダーを復元できないように削除する shred 機能、空き領域からデータを復元できないようにするワイプ機能も備えています。

提供元:
制作ソフト一覧を見る

Four themes: BleachBit 4.0.0 on Windows 10

BleachBit の使い方

ダウンロード

  1. こちらへアクセスし、「インストーラー版」リンクをクリックしてダウンロードします。
    USB メモリー等で持ち運べるポータブル版を利用したい場合は、「ポータブル版」リンクをクリックしてダウンロードします。
    ※ Linux 版をダウンロードする場合は、提供元サイトのダウンロードページよりダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(BleachBit-4.6.0-setup.exe)からインストールします。

使い方

クリーンアップする

  1. 本ソフトを起動すると、画面左側に削除対応しているアプリケーション名と項目が一覧表示されます。
    BleachBit - メイン画面

    BleachBit - メイン画面


    アプリケーション名や項目名をクリックすると、画面右側にアプリケーション名、対応している項目の説明が表示されます。
    名前をクリックすると詳細説明が表示される

    名前をクリックすると詳細説明が表示される

  2. スキャンしたいアプリケーションや項目にチェックを入れ、プレビュー ボタンをクリックすると、増加する予定のディスク容量、削除する予定のファイル数が表示されます。
    「プレビュー」の実行

    「プレビュー」の実行

  3. 削除 ボタンをクリックして検出されたファイルを削除します。
  4. 「削除の確認」ウィンドウが表示されます。
    「削除」実行時の削除確認

    「削除」実行時の削除確認


    「削除」ボタンをクリックすると、クリーニングを実行し不要ファイルを削除できます。
    「削除」実行完了

    「削除」実行完了


ファイル、フォルダーを抹消する

ファイルやフォルダー復元不可能なように削除できます。
メニュー をクリックして「Shred Files」または「Shred Folders」をクリックしてファイルやフォルダーを復元不可能なように削除できます。
※ 削除方法は1回上書きです。
メニューの表示

メニューの表示



削除済みファイルを復元不可能にする

削除済みのファイルを復元できないように抹消できます。
  1. メニュー をクリックして「Wipe Free Space(空き領域をワイプする)」をクリックします。
  2. 「フォルダーの参照」ダイアログが表示されます。
    削除対象としたいドライブ、フォルダーを指定して「OK」ボタンをクリックすると、指定したドライブ、フォルダーの空き領域を復元不可能な状態にします。
    ※ 本操作にはかなりの時間がかかります。

※ USB メモリー対応 : BleachBit Portable

更新履歴

Version 4.6.0
(2023/11/05)
  • Firefox で最近閉じたタブを消去します(Luran2132 によって報告)。
  • Chromium ベースのブラウザで自動入力データをクリーンアップします(rados のおかげで)。
  • Firefox をさらにクリーンアップ: AlternativeServices.txt。
  • FileZilla のサポートを改善しました(fbruand のおかげで)。
  • 新しいバージョンの GIMP をサポートし、ランタイム検出を追加します(Finoway のおかげで)。
  • Firefox をクリーニングするときの AttributeError と「OperationalError: no such table」を修正しました(rados と az0 のおかげで)。
  • DLL のセキュリティ脆弱性に対する回避策を追加します(Dhulliger としても知られる Daniel Hulliger によって報告されました)。
  • チャフを作成するときに他のダイアログを開かないようにします(sanjaykaria に感謝)。
  • すべての言語で他の操作の後に最後にバキュームを実行します(Tobias-B-Besemer によって報告され、sanjaykaria によって修正されました)。
  • ダイアログのタイトルを追加します。
  • より多くの文字列を翻訳できるようにします(bovirus によって報告)。
  • CLI の--helpの構成を改善しました(abitrolly のおかげで)。
  • --debugまたは--preset が設定されている場合にのみ、CLI でデバッグ情報を表示します(abitrolly のおかげで)。
  • ブラジル系ポルトガル語で空き領域を消去する際のクラッシュを修正しました(fnfontana によって報告)。
  • Linux に特有の
    • Linux 上の Microsoft Edge をクリーンアップします(aoguang からのリクエスト)。
    • Flatpak としてインストールされている場合、Firefox と Thunderbird をクリーンアップします(MauroGuida に感謝)。
    • Google Chrome を Flatpak としてクリーンアップします(fbruand に感謝)。
    • KDE 5 の最近のドキュメント リストをクリーンアップしました(Martii に感謝)。
    • クリーンな Firefox が簡単にインストールされました(rotin-ia のおかげで)。
    • KDE 用のシュレッド コンテキスト メニュー を追加しました(kenrap に感謝)。
    • ブックマーク アイコンを Firefox に保持します(rados のおかげで)。
    • xauth ファイルを /tmp に保存します(iromeister によって報告されました)。
    • 「許可が拒否されました: /proc/」を修正します(igorog によって報告)。
    • アプリケーションランチャーでブランドアイコンを使用します(baraeerriyachy に感謝)。
    • 無効な .desktop ファイルの検出を修正しました(kenrap に感謝)。
    • 「子メモリ消去プロセスがコード 9 を返しました。」というエラーを修正します。(jonas-w に感謝)。
    • Wayland を root として実行するときにユーザーに通知します(rados のおかげで)。
    • ModuleNotFoundError (hbednar によって報告)を修正しました。
    • Linux パッケージから Windows 固有のファイルを再度削除します(robots4life によって報告)。
    • Python 3.12 で起動エラーを引き起こす不要な SafeConfigParser を削除しました。span class="credit">(mhmdanas に感謝)。
    • python3-psutil 依存関係を追加します。
  • Windows に固有の
    • さらに多くの Windows アップデートをクリーンアップします(liar666 によって報告)。
    • Internet Explorer での Windows リダイレクトを修正します(elgatov によって報告)。
    • フルスクリーンのバグを修正(sanjaykaria に感謝)。
    • Windows インストーラーを国際化してイタリア語に翻訳しました(bovirus のおかげで)。
    • インストーラーにコンポーネントの説明を追加します(bovirus に感謝)。
    • 存在しないパスをワイプするときにエラーを報告しません(i0629 によって報告)。
    • エラー「Gtk-CRITICAL **: gtk_text_view_scroll_mark_onscreen」を表示しません(idiowar によって報告され、mkhon によって修正されました)。
    • Winapp にドライブ文字の後にファイル名を付けられるようにします(rados のおかげで)。
    • バンドルされている SQLite を 3.37.2 から 3.43.2 に更新します。
    • UPX 実行可能圧縮プログラムを 4.1.0 に更新します。
  • 開発者
    • コミットのリストまたはクローズされた問題のリストを参照してください。
    • 翻訳は Launchpad からWeblateに移行し、Git 経由で変更が自動的にコミットされ、CI ビルドがトリガーされます。これは、翻訳を変更した直後に Windows ビルドをダウンロードできることを意味します。Weblate には、品質を向上させるための使いやすさの改善と機能もあります。
    • Travis に depdendency chardet をインストールします(abitrolly に感謝)。
    • リファクタリング(kenrap に感謝)。
    • make cleanを使用してさらに多くのファイルをクリーンアップします。

Version 4.5.1 beta
(2023/10/25)
  • -

Version 4.5.0 beta
(2023/09/11)
  • -

フィードバック

ユーザーレビュー

  • 5

    過去、色々とクリーナーアプリを導入して来ましたが、現在のところ、当…

    まずまず
    まずまず
    投稿数: 467件
    Windows 11

    過去、色々とクリーナーアプリを導入して来ましたが、現在のところ、当該アプリBleachBitとPrivaZerに落ち着いています。
    両方のアプリを使用して、月1回の程度で最低限・手軽なPCの保養をしています。

    BleachBitととは関係ないレビューになってしまいますが…
    Windows10/11には標準でクリーニング機能『ストレージセンサー』が備わっていますが、初期設定ではOFFになっています。
    ONにしたい方は、【スタート】⇒【設定】⇒【システム】⇒【記憶域】⇒【ストレージセンサー】をONにする必要があります。
    クリーニングのタイミングが自動なので、タイミングが悪ければ必要な一時的なファイルも削除されてしまう恐れもありますので、ONにする場合は注意が必要です。
    ストレージセンサーの機能については、様々なサイトで説明されています。

    不要ファイルといえど、これらも必要な人にとっては個人情報に繋がるファイルも多くあります。
    この様なクリーナーアプリに対して抵抗がある方は、ストレージセンサーの導入を考慮されてみられては如何でしょうか。

    8人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • 4

    最新版バージョン:4.4.2(2021/11/13) では日本語文…

    Youzo
    Youzo
    投稿数: 1件
    Windows 10

    最新版バージョン:4.4.2(2021/11/13) では日本語文字化けバグ修正されたようです。

    6人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • コメント

    【追記あり】BleachBit の本体フォルダの \etc\fonts フォル…

    hagemage
    hagemage
    投稿数: 23件
    Windows 10

    BleachBit の本体フォルダの \etc\fonts フォルダを開くと「fonts.conf」というファイルがあります。
    v4.4 はこちらの記述がおかしいので文字化けしています。(どこがどうかは知りません)

    v4.2 の「fonts.conf」ファイルに置き換える事で文字化けは解消するはずです。
    とりあえずコメントに分割して置いときます。


    内容をコメントで貼り付けようと思いましたが、文字数が多く余計にわかんなくなりそうなので、v4.2 を信頼できるサイトから自力で見つけて「fonts.conf」を置き換える事でv4.4 を文字化けせずに使えるかと思います。


    管理人様、コメントでのフォローありがとうございます。自分も管理人様の修正済み fonts.conf の方が安心なので、そちらを使わせていただきます。

    14人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?

BleachBit に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 19 件)