Chromium OS を動作させられる OS イメージ

Chromium OS Canal ビルド のアイコン

Chromium OS Canal ビルド

ダウンロード

ユーザーの評価:
0

評価数:0 件(未評価)

レビューを投稿する

2022年8月30日、配布終了確認

Chromium OS をマシンで起動させるためには、自身でイメージファイルを作成しなければならず、ある程度調べないと動作させることができません。
しかしこのイメージファイルを利用すると、比較的単純な操作で Chromium OS を起動させることが可能になります。
イメージは Torrent ファイルで提供されています。

提供元:
Canal
制作ソフト一覧を見る

Chromium OS Canal ビルド の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトへアクセスし、「ダウンロード」の項目内の「download」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードした Zip 形式または 7z 形式を解凍し、IMGイメージファイルを利用します。

使い方

USB メモリーを利用して Chromium OS を起動する

イメージファイルを USB メモリーに書き込み、Chromium OS を起動する手順を解説します。

USB メモリーにイメージを書き出す
  1. 8GB 以上ある USB メモリーを用意し、PC に接続します。
    ※ 既存の USB メモリーの内容は利用できなくなるのでご注意ください。
  2. 次に こちら から、Win32 Disk Imager をダウンロードします。
  3. 圧縮ファイルを解凍し、Win32DiskImager.exe から起動します。
  4. Win32 Disk Imager の使い方の「USB メモリーにイメージファイルを書き出す」を参考に、USB メモリーに IMG イメージファイルを書き出します。
    これで USB メモリーの用意が完了です。

USB メモリーを優先的に読み込んでブートする
Windows 起動時の最初の方に F2 キーを押すなどして BIOS 画面を表示し、USB Hard Disk などを優先的に読み込むように設定すると、USB メモリーにインストールされた Chromium OS を読み込んで起動します。
Chromium OS - イメージ1

Chromium OS - イメージ1

Chromium OS - イメージ2

Chromium OS - イメージ2

アプリランチャー

アプリランチャー



補足
※ USB メモリーからブートできない機種は、Plop Boot Manager を利用することで、USB メモリーからブートできるようになります。
VMwareVirtualBox、QEMU のエミュレータで動作するビルドも提供元サイトにて公開されています。