複数ファイルを同時に開けるタブ切り替え型テキストエディター

JmEditor のアイコン

JmEditor

ダウンロード

対応OS:
Windows 98/XP/Vista
バージョン:
2.025(2004/10/03)
価格:
無料

保存する拡張子ごとに自動でタグが色分けされ、初期設定ではC/C++ / Delphi / Java / HTML / Perl / Python / Ruby の言語に対応しています。
行番号、ルーラー表示、検索、置換、Grepの標準的な機能を備えているだけでなく、マクロ、ツールの実行、Base64 / MIMEヘッダー / Quoted-Printableの文字列のデコード、任意の文字列のS-JIS変換、文字コード・改行コードの変換保存、など豊富な機能を備えています。

提供元:

JmEditor の使い方

ダウンロード

  1. こちらからダウンロードできます。
  2. ダウンロードした圧縮ファイル(jmedit2025.lzh)を解凍し、JmEdit2.exe から起動できます。
    ※ 本ソフトはインストール不要で利用できます。

ユーザーレビュー

  • 3

    【追記あり】以前編集していた画面を起動時に自動で開く機能があります

    ssk
    ssk
    投稿数: 33件
    Windows 10

    以前編集していた画面を起動時に自動で開く機能があります。
    ブックマーク(お気に入り)機能があります。何時も開くファイルを登録すると便利です。
    レジストリは使用していないシンプルなタブエディタです。
    コントロールバーの表示をやめれば、無駄を省いたシンプルな画面です。
    フリーカーソルです。Homeキー(最前列)/End(文字最後列)キーを使います。
    矩形選択が可能です。
    文字・改行コード指定保存で、EUCの他にunicode、utf-8といった文字コードをサポートしています。
    utf-7はサポートしていません、メール関係は基本的に読めないと思って下さい。

    欠点は
    grepはに不具合があります。最新のbregonig.dll(x64)に入れ替えても直りません。
    印刷機能、画面分割は実装していません。二重起動は出来ません。
    再変換キーが効きません。
    フリーカーソルを解除できません。Homeキーまたは、改行キーを押すと先頭列に戻ります。
    操作に少し癖がありますが、慣れればそこそこ便利だと思います。
    キーボード派にとっては然程苦にならないと思います。


    bregonig.dll をリネーム(Bregexp.dll)して 入れ替えています(OSはx64)
    それでもgrepバグは解消しません。

    ファイル名の問題(文字コード)と検索欄に追記する拡張子の2番目以降が無視されます。

    2人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • 4

    本家の開発は2004年で停止していますが、古いからといって価値が無…

    エディタマニア
    エディタマニア
    投稿数: 14件
    Windows 7

    本家の開発は2004年で停止していますが、古いからといって価値が無いとは限りません。優秀なサイドバー機能を使いこなせば、エクスプローラーを使うこと無く編集したいファイルへ到達します。お気に入りフィアルに、リファレンス・ファイルを登録しておき、編集ファイルと共に開いておけば、辞書代わりとしても使えるなど、用途は広がると思います。一見するとプログラミング向きに思われますが、普通のテキストファイルしか使わない人でも、使いやすさは実感出来ると思います。

    1人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • 4

    見出し機能のみならず、タブ型というのも魅力ですね

    ノヴァ
    ノヴァ
    投稿数: 5件
    Windows 7

    見出し機能のみならず、タブ型というのも魅力ですね。
    サイズを変更すると多少不具合がありましたが、
    多く文書を統括するスクリプトなどのことをするなら使いやすいと思います。

    1人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?