PC 遠隔操作ツールとして利用されている老舗のソフト

RealVNC のアイコン

RealVNC

  • 海外
  • 日本語✕

ダウンロード

対応OS:
Windows, macOS 10.15 以降, Linux, その他
バージョン:
7.0.0 / 7.0.0(2023/01/28)
価格:
無料

ネットワークにつながっていれば、遠くに離れたパソコンであっても遠隔操作できるようになる VNC ソフトです。
操作される側のパソコンの VNC Server を起動し、操作したい側のパソコンの VNC Viewer を起動して操作します。
VNC Viewer にデスクトップが表示され、マウスやキーボードを使ってまるで手元にあるかのようにパソコンを動かすことができます。

提供元:
※ 家庭内利用、非商用利用に限り無償で利用できます。
※ 本ソフトの利用には、無料アカウントの作成が必要です。

RealVNC の使い方

ダウンロード

操作される側:VNC Server のダウンロード

  1. 提供元サイトの VNC Server ダウンロードページへアクセスし、「Download VNC Server」ボタンをクリックしてダウンロードします。
    ※ Mac 版、Linux 版などをダウンロードする場合は、それぞれのリンクをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(VNC-Server-6.11.0-Windows.exe)からインストールします。

操作する側:VNC Viewer のダウンロード

  1. 提供元サイトの VNC Viewer ダウンロードページへアクセスし、「Download VNC Viewer」ボタンをクリックしてダウンロードします。
    ※ Mac 版、Linux 版などをダウンロードする場合は、それぞれのリンクをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(VNC-Viewer-6.22.826-Windows.exe)からインストールします。

使い方

操作される側:VNC Server のセットアップ

  1. 操作される側の PC にて VNS Server のインストールが終わると、続けて「Sign in to license VNC Server(サインインして VNC サーバーのライセンスを取得)」画面が表示されます。
    「Don't have an account?(アカウントをお持ちではありませんか?)」をクリックします。
    VNC Server - サインイン画面

    VNC Server - サインイン画面

  2. ブラウザーでアカウント作成ページが表示されるので、メールアドレス、パスワード、名前、商用利用/個人利用、国を入力し、チェックを入れて「Sign up」ボタンをクリックします。
    ※ 電話番号の入力は不要です。
  3. 入力したメールアドレス宛に認証メールが届いているので、リンクをクリックして認証します。
  4. ブラウザーでマイページ(Welcome to your RealVNC account)が表示されるので、「Take a trial of VNC Connect(VNC Connect を試用する)」項目下の「Lite」項目下にある「Activate」ボタンをクリックします。
    ※ 非商用利用のみ。リモートコンピューター3台、ユーザー1人の制限あり。
    ※ ブラウザーのマイページ上で「Activate」ボタンをクリックしておかないと、VNC Server 画面を続けてセットアップできない状態になります。
    先にブラウザーでサブスクリプションの選択が必要

    先にブラウザーでサブスクリプションの選択が必要

  5. 「Authentication and Encryption(認証と暗号化)」画面が表示されます。
    「Set Password」ボタンをクリックしてパスワードを設定し、暗号化方法を選択して「Next」ボタンをクリックします。
    • Always on (at leaset 128-bit AES):常にオン(最低でも AES 128bit)
    • Always maximum (256-bit AES):常に最大値(AES 256bit)
    ※ パスワードは6文字以上が必要です。
    ※ 先ほど作成した RealVNC アカウントと同じパスワードは設定できません。
    VNC 接続用のパスワード設定と暗号化方法の選択

    VNC 接続用のパスワード設定と暗号化方法の選択

  6. 「Access Control」画面が表示されます。
    次のオプションを設定可能です。
    • Require a logged on user to approve connections
      接続を承認するためにログオンしたユーザーを必要とする
    アクセス制御の選択

    アクセス制御の選択

  7. 「Summary」画面が表示されるので「Apply」ボタンをクリックします。
    VNC 用のコンピューター名の設定

    VNC 用のコンピューター名の設定

  8. 設定が適用されます。
    「Done」ボタンをクリックします。
    ※ PC が一定時間のアイドルタイムがあるときに自動スリープする設定になっている場合、「スリープ時には接続が切断されてしまうので自動スリープしない設定を確認してください」と表示されます。必要に応じてスリープの設定を変更しましょう。
    VNC Server の作業完了

    VNC Server の作業完了


操作する側:VNC 接続する

VNC 接続手順
  1. 操作する側の PC にて VNS Viewer を起動します。
    「Get started with VNC Viewer」画面が表示されるので「Sign in to get started」ボタンをクリックします。
    VNC Viewer - スタート画面

    VNC Viewer - スタート画面

  2. 「Sign in to your RealVNC account」画面が表示されるので、操作される側:VNC Server のセットアップ で設定したメールアドレス、パスワードを入力して「Sing in」ボタンをクリックします。
    VNC Viewer - サインイン画面

    VNC Viewer - サインイン画面

  3. メールアドレス宛にサインインの確認メールが送信されるので、メール内のリンクをクリックしてサインインを承認します。
  4. サインインが承認されると、メイン画面に接続可能な PC が表示されます。
    接続可能な PC をダブルクリックするか、選択して Enter キーを押すか、右クリックメニューから「Connect」とクリックすると接続を開始します。
    サインインすると、VNC Viewer に接続可能な PC が表示される

    サインインすると、VNC Viewer に接続可能な PC が表示される

  5. 接続時に「VNC Server identity check succeeded.(VNC サーバーの ID チェックが成功しました。)」画面が表示されるので、「Continue」ボタンをクリックします。
    VNC 接続確認画面

    VNC 接続確認画面

  6. Authentication(認証)画面が表示されるので、VNC 接続する際に必要なパスワードを入力して「OK」ボタンをクリックします。
    VNC 接続用のパスワード入力

    VNC 接続用のパスワード入力

  7. VNC 接続されます。
    VNC 接続完了

    VNC 接続完了


VNC 接続時の操作オプション
接続している画面(VNC Viewer 画面)は、ウィンドウ端をドラッグして任意のサイズに調整可能です。
ウィンドウ内に接続先のデスクトップ画面全体を表示するように設定されています。

画面上部にマウスカーソルを持っていくと、メニューが表示されます。
VNC 接続時のメニュー

VNC 接続時のメニュー


左から順に次の操作を行います。
  • フルスクリーン表示
    フルスクリーン表示(全画面表示)にします。
    元に戻すにはメニューを表示させて同じ場所のアイコンをクリックします。
  • 自動的にスケーリング
    最適な表示となるよう、自動的にウィンドウサイズをリサイズします。
    画面がぼやけている場合はもう一度クリックするとクッキリ表示される場合があります。
  • 音量の調整
    無料版では音量変更機能を利用できないようです。
  • Ctrl+Alt+Del の送信
    Ctrl + Alt + Delete キーを送信します。
  • ファイルの転送
    無料版ではファイル転送機能を利用できないようです。
  • チャット
    無料版ではチャット機能を利用できないようです。
  • スクリーンレコーダー
  • セッション情報
    セッション情報を表示します。
    セッション情報

    セッション情報

  • プロパティ
    オプション画面を表示します。
    プロパティ

    プロパティ

  • セッションを終了
    VNC 接続を終了します。

更新履歴

VNC Server
Version 7.0.0
(2023/01/28)
  • 変更:VNC Server はオフラインライセンスに新しい形式を使用するようになりました。VNC Server 7.x は、VNC Server 6.x のオフラインライセンスキーで、キーの有効期限まで引き続き動作します。それ以降は、新形式のオフラインライセンスを適用する必要があります。
  • 変更:VNC Server 7.x は、ポリシーによって適用された VNC Server 6.x オフラインライセンスキーを実施しません。ポリシーによるライセンスを適用するには、新しいフォーマットの VNC 7.x オフラインライセンスを導入する必要があります。
  • 変更:「インスタントサポート」は「オンデマンドアシスト」に変更されました。詳しくはこちらをご覧ください。
  • 変更:VNC Connect Home は、新しい VNC Connect Lite に変更になりました。無料でありながら、最大3台までのデバイスで、最大 256 ビットの暗号化と高速ストリーミングが可能になりました。
  • 新機能:VNC Server は、M1/M2 Mac をネイティブにサポートし、macOS のユニバーサルアプリとして利用できるようになりました。
  • 修正: Ubuntu 22.04.1 (すべてのモード) および CentOS/RHEL 7/8 (仮想モード) に接続した場合、オーディオが再び利用可能になりました。
  • 修正:macOS でダークモードを使用する場合、チャットテキストが表示されない。
  • 修正:RADIUS 認証は、RadiusAllowNonSystemUser という高度なパラメータを有効にすることで、Windows アカウントにマッピングすることなく可能になった。これは、VNC Server のユーザーと権限の機能をバイパスし、必要なユーザー認証と検証の責任を RADIUS の実装に渡すことに注意してください。
  • 削除:レガシー ADM テンプレートは、VNC Server 用に提供されなくなりました。ADMXテンプレートは、RealVNC ウェブサイトのダウンロードページで入手可能です。

Version 6.11.0
(2022/09/16)
  • NEW: Windows 10 ビルド 2004 以降のソフトウェア スクリーン ブランクのサポート。これには、新しいプライバシー モード ステータス インジケーターとユーザーごとのスクリーン ブランクが含まれます。詳細はこちら:https://help.realvnc.com/hc/en-us/articles/360016511452
  • NEW: VNC サーバーのクラウド接続ステータスを取得するための -cloudstatus コマンド ライン パラメーター。
  • NEW: VNC Server for Windows に AlwaysShowCursor パラメータを追加しました。このパラメーターを有効にすると、マウスが検出されないシステムでドットではなくマウス カーソル アイコンが VNC ビューアーに表示されます。
  • 改善: VNC サーバーの [オプション - トラブルシューティング] セクションの [デバッグ ログ ファイルの作成] オプションは、接続などの重要なイベントを EventLog (Windows) と syslog (MacOS および Linux) に別々に記録し続けるようになりました。
  • 修正: VNC サーバーがリモート デスクトップ (RDP) セッションにインストールされている場合、VNC サーバー ライセンス ウィザードが正しく起動するようになりました。
  • 修正: Windows 11 は、VNC サーバー診断とログ ファイルで正しく報告されるようになりました。
  • 修正:リモートの Linux コンピューターがログイン画面にあるときに、QueryConnectが正しく機能するようになりました。
  • セキュリティ: MSI インストーラーの修復モードによって引き起こされる Windows でのローカル権限昇格を修正しました。
  • セキュリティ: VNC パスワードは、利用可能な場合、不可逆的なソルト付きハッシュとして保存されるようになりました。
  • セキュリティ: 内部依存関係を更新しました。

Version 6.10.1
(2022/08/15)
  • 修正: ユーザー モードおよび仮想モードで起動された VNC サーバーは、サービス モードのデフォルトの権限を使用していました。これは、デフォルトで VNC サーバーを起動したユーザー アカウントからのアクセスのみを許可するように修正されました。

VNC Viewer
Version 7.0.0
(2023/01/28)
  • 変更: 「インスタントサポート」は「オンデマンドアシスト」に変更されました。
  • 変更:VNC Connect Home プランが新しい VNC Connect Lite プランに変更になりました。無料でありながら、最大3台までのデバイスで、最大 256 ビットの暗号化と高速ストリーミングが可能になりました。
  • 新機能:ユーザー単位の料金プランのユーザーは、VNC Viewer のライセンスが必要です。これはサインインするか、オフラインライセンスを適用することによって実現できます。
  • 新機能: VNC Viewer は、M1/M2 Mac をネイティブにサポートし、macOS のユニバーサルアプリとして利用できるようになりました。
  • 新機能: セッション情報ダイアログをテキストファイルに保存するボタンを追加しました。
  • 修正:Ubuntu 22.04 および Mac M1 で、サイドバーのコンテキストメニューにアクセスするために Ctrl-Click を「右クリック」として使用することができるように修正された。
  • 修正:VNC Viewer アプリケーションのウィンドウを移動したとき、サインイン・ドロップダウンメニューが表示されなくなった。
  • 修正:スクロールバーの「右クリック」メニューの「上」「下」オプションは、期待通りにスクロールバーの位置を移動するようになった。
  • 削除:レガシー ADM テンプレートは、VNC Viewer のために提供されなくなりました。ADMX テンプレートは、RealVNC ウェブサイトのダウンロードページで入手可能です。

Version 6.22.826
(2022/09/16)
  • NEW: サーバーへの Viewer 接続を自動的に起動および開始するための URI スキーマのサポート。詳細はこちら: https://help.realvnc.com/hc/en-us/articles/6449870411037
  • NEW: Raspberry Pi の VNC Viewer で画面記録が利用できるようになりました。
  • 改善: VNC ビューアーは、高解像度の縦長ディスプレイを備えたデバイスに接続するときに、画像を正しくスケーリングするようになりました。
  • 修正: SSO ログイン試行中のタイムアウトにより、VNC Viewer がクラッシュする可能性がありました。
  • 修正: VNC ビューアーは、Azure 条件付きアクセスによる定期的な再認証を使用する場合など、期限切れのトークンを持つ SSO アカウントに対して適切なメッセージを表示するようになりました。
  • セキュリティ: MSI インストーラーの修復モードによって引き起こされる Windows でのローカル権限昇格を修正しました。

Version 6.22.515
(2022/06/29)
  • NEW: Azure AD 組織でのサインイン - VNC Connect は、RealVNC アカウントのフェデレーション認証をサポートするようになりました。
  • NEW: Ubuntu 22.04、RHEL / CentOS 9、および Windows Server 2022 のサポートが追加されました
  • 改善:[設定]ウィンドウのデフォルトが[プライバシー]タブになりました
  • 改善:AudioVolume がポリシーを介して制御できるようになりました
  • セキュリティ:セキュリティ強化と内部依存関係の更新が改善されました

ユーザーレビュー

  • 1

    サーバーの方の話ですが、

    bukkyouwalker
    bukkyouwalker
    投稿数: 1件
    その他

    サーバーの方の話ですが、
    ”Raspberry Pi OS Bullseye、32ビットおよび64ビットのサポートが追加されました。”
    と有りますが、

    ラズパイ4B へのセットアップ方法が分かりません。
    ダウンロード、インストールまでは終わりましたが、セットアップの画面が出てきませんでした。

    4人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?