Windows 10 標準の遠隔操作アプリ

クイック アシスト のアイコン

クイック アシスト

Windows 標準機能

対応OS:
Windows 10

Windows 10(Anniversary Update 以降)標準で利用できる遠隔操作アプリです。
離れた場所のPCをサポートすることを目的として、マウスやキー入力などの操作を可能とする「完全に制御する」モード、マウスやキー入力などを不可とする「画面を表示する」モードの2つのモードから選択してリモート接続を行います。
リモート操作時には複数ディスプレイに対応し、フリーハンドでのコメントの入力、タスクマネージャーの起動、Windows の再起動の指示などを行うことができます。

提供元:
Microsoft
制作ソフト一覧を見る

クイック アシスト の使い方

ダウンロード

スタートメニューから「Windows アクセサリ」⇒「クイック アシスト」とクリックして起動します。

使い方

接続準備

【操作する側】準備
  1. クイック アシストを起動します。
    クイック アシスト - 起動中
  2. 画面下部の「支援を提供する」下の「他のユーザーを支援する」ボタンをクリックします。
  3. Microsoft サインイン画面が表示されます。
    メール、電話、Skype の場所にログインIDを入力して「次へ」ボタンをクリックします。
    ※ 続けて表示される画面でパスワードを入力してログインを完了します。
  4. 「セキュリティ コードを共有する」を画面が表示されます。
    10分間のみ有効な6桁の数字のコードが表示されます。
    これを操作される側へ電話、メール、LINE、チャットなどで伝えます。
    接続用のセキュリティ コードの表示

【操作される側】準備
  1. クイック アシストを起動し、「支援を受ける」下の「アシスタントからのコード」のテキストボックスに、教えてもらったセキュリティ コードを入力して「画面の共有」ボタンをクリックします。
  2. 操作される側の操作を待ちます。

【操作する側】操作方法の選択
  1. 操作される側でセキュリティコードを入力すると、共有オプションの選択画面が表示されます。
    選択して「続行」ボタンをクリックします。
    • 完全に制御する
      リモートコンピューターを完全に制御します。
      ※ マウスクリック、キー入力など操作可能です。
    • 画面を表示する
      フルコントロールなしでリモート画面を表示します。
      ※ マウス操作やキー入力などは行えませんが、フリーハンドでの指示やコメント入力は可能です。
    接続する側の共有オプションの選択
  2. 操作される側の選択を待ちます。
    接続される側の許可待ち

【操作される側】接続の許可
  1. 「画面を共有する」画面が表示されるので「許可」ボタンをクリックします。
    接続される側が接続を許可
  2. これで接続準備が完了し、接続が開始されます。

接続時の操作方法

接続されると、接続する側のPCのクイック アシスト画面に接続される側のデスクトップ画面が表示されます。
※ マルチディスプレイの場合は複数の画面が表示されます。

表示/操作するディスプレイを選択する
クイック アシスト画面上部の モニターを選択 をクリックして、さらに画面上部から表示するディスプレイを選択することで、表示ディスプレイを選択できます。
※ マルチディスプレイの場合に有効です。

指示を記入する
クイック アシスト画面上部の コメント をクリックして、さらに画面上部からペンの色や太さを選択し、画面上にフリーハンドで入力できます。

実際のサイズを表示する
クイック アシスト画面上部の 実際のサイズ をクリックすると、実際のサイズで画面が表示されます。
※ もう一度クリックすると実行前のサイズに戻ります。

Windows を再起動する
  1. クイック アシスト画面上部の 再起動する をクリックすると、「リモートデバイスを再起動しますか?」ウィンドウが表示されます。
    「再起動」ボタンをクリックします。
  2. 「デバイスは再起動されます」ウィンドウが表示されます。
    30秒程度の時間経過後か、「再起動」ボタンをクリックすると Windows が再起動されます。
    ※ 再起動を妨げるアプリがある場合、リモート側からは操作できない場合があります。
    ※ 再起動後、Windows のサインイン(パスワード入力)はリモート側からは操作できません。
  3. Windows 再起動後に再び クイック アシスト で接続が再開されます。

タスクマネージャーを表示する
クイック アシスト画面上部の タスクマネージャー をクリックするとタスクマネージャー を表示します。

遠隔操作の一時停止/終了
操作する側から一時停止/終了する
クイック アシスト画面上部の 一時停止 をクリックすると遠隔操作を一時停止します。
※ もう一度クリックすると再開します。

終了 をクリックすると遠隔操作を終了します。

操作される側から一時停止/終了する
操作される側のクイック アシスト画面上部の 一時停止 をクリックすると遠隔操作を一時停止します。
※ もう一度クリックすると再開します。操作する側には「画面の共有が一時停止されました」と表示されます。
接続される側のクイック アシスト画面


操作される側のクイック アシスト画面右上の「×」をクリックすると遠隔操作を終了します。

クイック アシストがうまく動作しない場合

クイック アシストがうまく動作しない場合は、Windows 標準のリモート アシスタンスを試してみると良いかもしれません。
※ Windows 10 だけでなく、Windows XP/Vista/7/8/8.1 でも利用可能です。

ユーザーレビュー

  • 4

    TeamViewerが個人利用での無料利用が難しくなった今、…

    まずまず
    まずまず
    投稿数: 370件
    Windows 10

    TeamViewerが個人利用での無料利用が難しくなった今、簡単なリモートデスクトップとして、おまけにWindows10標準機能としてあるのであれば使わない手はないと思います。

    利点としては…
    ■Windows10標準なので、別途サードパーティー製のアプリを導入する手間がいらない。
    ■今回、試しにPC知識の疎い友人と接続体験してみましたが、比較的容易に接続してくれました。
    ■タッチ画面対応なので、管理人様の説明通り画面上にフリーハンドで文字などで補足説明が可能になっている。
    ■UIも直観的に利用できるようになっていると思う。

    短所(ここはもう少し)と思った点は…
    ■あくまでリモートデスクトップの機能に特化しているので、TeamViewerの様にチャット機能/通話機能がない。
    今のところは、これくらいですね。

    動作スピードについては、PC環境、ネット環境に依存される面もありますので、評価に入れていません。

    あと注意点としては、管理人様の説明文にもありますが、この機能は【Windows10】の標準機能です。
    どちらかのPCがWindows10以外であれば、【リモートアシスタンス】(Windows標準)を利用することになると思います。

    1人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい