レジストリに登録されたフォルダー情報(ShellBags)をクリーンアップするソフト

Shellbag Analyzer & Cleaner のアイコン

Shellbag Analyzer & Cleaner
  • 海外
  • 日本語△

ダウンロード

対応OS:
Windows XP/Vista/7/8/8.1/10
バージョン:
1.28(2018/11/23)

レジストリに登録されたフォルダーについての情報(ShellBags)を検出し、削除するソフトです。
ShellBags は、2度目以降にフォルダーを開いた際に前回と同じ状態で利用できるよう、フォルダーのウィンドウサイズ、表示レイアウト、表示位置などの情報が記録されています。
ShellBags はフォルダーを削除した後も残り続けてしまうため、本ソフトを利用することで不要なレジストリエントリをクリーンアップできます。

提供元:

Shellbag Analyzer & Cleaner の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトのダウンロードページへアクセスし、「Download」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードした shellbag_analyzer_cleaner.exe から起動します。
    ※ 本ソフトはインストール不要で利用できます。

使い方

基本的な使い方

ShellBags をクリーンアップする
  1. 本ソフトを起動するとメイン画面が表示されます。
    画面右下の「日本人」プルダウンをクリックして「English」を選択し、英語表記にします。
    ※ 日本語表記は文字化けや直訳でわかりにくい部分があるため、ここでは英語表記で進めていきます。
  2. 画面下部の「Analyze」ボタンをクリックすると、ShellBags の分析を開始します。
  3. 解析が終わると、画面左下に「Analysis completed(解析完了)」と表示されます。

    表示内容
    表示される内容は次の通り。
    • Visited(訪問日時)
    • Folder(フォルダー名)
    • Path(フォルダーパス)
    • Type(種類)
    • Slot number
    • Slot key(レジストリパス)
    • Window position(ウィンドウ位置)
    • Window size(ウィンドウサイズ)
    • Creation date(作成日時)
    • Modification date(更新日時)
    • Access date(アクセス日時)

    絞り込み表示
    画面右上の「Show all」プルダウンをクリックして、次の表示に絞り込むこともできます。
    • Show all
      すべて
    • Deleted folders
      削除されたフォルダー
    • Folders on network / External devices
      ネットワーク上のフォルダー/外部デバイス
    • Existing folders
      既存のフォルダー
    • Control Panel & System
      コントロールパネル&システム
    • Search results
      検索結果
  4. 削除対象の項目にはチェックが入っているので、除外したい場合はチェックを外した後、メイン画面下部の「Clean」ボタンをクリックします。
  5. 「Clean selected ShellBags(選択した ShellBags をクリーンアップ)」画面が表示されます。

    Only for(削除項目を選択)
    チェックの入っている項目を削除します。
    ※ 「絞り込み表示」の項目と同じ項目です。

    Advanced options(高度なオプション)
    Additional cleanups(追加のクリーンアップ)
    • Scramble dates (last visit date, creation date, etc.)
    • Clean invalid shellbags
      無効な ShellBags をクリーンアップする
    • Optimize shellbags
      ShellBags を最適化する

    Secure cleanup(セキュアなクリーンアップ) ディスクを選択し、クリーンアップ方法を選択できます。
    ※ 1回上書き、3回上書き、7回上書き、35回上書きなど

    Backup(バックアップ)
    実行前にレジストリのバックアップを行います。
    両方ともチェックを入れておくと安全です。

    設定が終わったら「Ok」ボタンをクリックします。
  6. 「Congratulations! Backups were performed.(おめでとう!バックアップが実行されました)」ウィンドウが表示されるので「OK」ボタンをクリックします。
    デスクトップに「ShellBags Backups ...」フォルダーが作成され、レジストリのバックアップが保存されます。
    • classes-Shell-BagMRU.reg
    • classes-Shell-Bags.reg
    • Shell-BagMRU.reg
    • Shell-Bags.reg
    ※ クリーンアップ後に問題が発生した場合、ここで作成された上記のレジストリをすべて実行すると元に戻ります。
  7. クリーンアップが実行されます。
    「Cleanup completed!(クリーンアップ完了!)」画面が表示されます。
    次の中から最適化について選択して「OK」ボタンをクリックします。
    • Optimize now
      今すぐ最適化を実行
    • Optimize at next logon
      次回ログオン時に最適化を実行
    • Don't optimize
      最適化しない
  8. 「Optimize now」を選択して最適化を実行した場合、「ShellBags optimization completed!(ShellBags の最適化が完了しました!)」画面が表示されます。
    メイン画面右上の「×」ボタンをクリックして終了します。

クリーンアップ対象のレジストリについて
クリーンアップ対象の ShellBags について、レジストリ エディターで削除されている様子です。
※ HKEY_CLASSES_ROOT¥Local Settings¥Software¥Microsoft¥Windows¥Shell¥Bags

更新履歴(英語)

Version 1.28 (2018/11/23)
  • New favicon
  • Improved UI

Version 1.27 (2018/11/22)
  • New feature : it remembers the shellbags you want to preserve
  • Fixed issue : cleanup does not work

Version 1.26 (2018/11/13)
  • Improved Windows 10 support
  • Improved UI
  • Improved Italian

※ 本ソフトは owl 様 のご推薦により掲載させていただきました(掲載日:2020年4月28日)。

ユーザーレビュー

  • 5

    サクッと間違いのない仕事をしてくれます

    MARUZO
    MARUZO
    投稿数: 1件
    Windows 10

    サクッと間違いのない仕事をしてくれます。条件を指定できる Shellbag 消去としては比類無き専用ツールなので、へんな日本語やウィンドウ位置などの GUI 上の不出来には目をつぶります!

    4人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい
  • 5

    【追記あり】Windowsは「エクスプローラーの運用歴」をレジストリキー

    owl
    owl
    投稿数: 358件
    Windows 10

    Windowsは「エクスプローラーの運用歴」をレジストリキー
    HKEY_CURRENT_USER \ Software \ Classes \ Local Settings \ Software \ Microsoft \ Windows \ Shell
    の使用で「ShellBags」に保存(しきい値:規定5000件)します。
    この運用歴は、エクスプローラを使用するたびに(エクスプローラで表示された「フォルダの詳細情報」が)記録・保存されますが、旧情報は破棄されないため、累積して保存され続けます。

    この仕組みの問題点として:
    ●(すでに存在しないフォルダ情報を参照してしまう可能性があり)フォルダの設定内容が正しく反映されなくなる
    ●(累積された)結果として応答レスポンスの低下を招く
    ●「ShellBags」は過去のアクティビティに関する詳細情報の集積地で、fingerprint(一意の個人情報)に直結する重要なプライバシーデータの宝庫(のぞき見や漏洩・窃盗のウィークポイント)
    ○ Windows に備わるプライバシー管理では、コントロールパネルの[フォルダーオプション]の[表示]タブにある[詳細設定]メニューの[各フォルダーの表示設定を保存する] チェックボックスで、履歴管理が可能ですが、それでも何らかの履歴が「ShellBags」に保存されてしまいます。

    当アプリ(シェルバッグの最適化&クリーナー)は、これらの問題点を解消する「専用ツール」として開発された(初公開:2013/2/27)もので、ShellBags を「いともたやすく検索」し、簡単かつ安全に「クリーンアップと最適化」を行えます。
    「検索」は数秒で、ものの数分で「クリーンアップと最適化」を完了できます。


    ※ ShellBags は、
    クリーンアップユーティリティ(BleachBit など)で処理できますが、
    専用ツールの当アプリの方が「簡単、安全、超快速」です。

    3人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい
  • 5

    昨年の春のアップデート後、デスクトップに置いたフォルダだけですが、…

    kuroki55
    kuroki55
    投稿数: 27件
    Windows 10

    昨年の春のアップデート後、デスクトップに置いたフォルダだけですが、アイコンの大きさや詳細表示の項目をカスタマイズしても、何かの拍子でデフォルトに戻る不具合が生じてました。
    ネットで調べたところ、shell/bagsを削除すれば良いとの記事が有りましたが怖くてできませんでした。
    このソフトで削除されたフォルタのデータのみ削除し最適化を行ったところ、上記の不具合が解消しました。
    推薦者のowl様、運営の皆様ありがとうございます。

    2人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい