匿名でブラウジングできる Tor 内臓のウェブブラウザー

Tor Browser のアイコン

Tor Browser

  • 海外
  • 日本語○
  • 寄付歓迎

ダウンロード支援

対応OS:
Windows, macOS, Linux, Android
バージョン:
13.0.14(2024/04/16)
価格:
無料

Tor を組み込み、匿名性の高いブラウジングを実現できる Firefox ベースのウェブブラウザーです。
発信元の特定を困難にする「Tor ネットワーク」による多層プロキシを経由してインターネット通信を行うことで、IP アドレスを隠した通信経路の匿名化を可能に。
ただし、複数サーバーを経由するため、通信速度は遅くなります。
JavaScript の自動読み込みの禁止設定にも対応しています。

提供元:

Tor Browser の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトのダウンロードページへアクセスし、「Download for Windows」ボタンをクリックしてダウンロードします。
    ※ Mac 版、Linux 版をダウンロードする場合は、「Download for macOS」ボタンまたは「Download for Linux」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(tor-browser-windows-x86_64-portable-13.0.14.exe)からインストールします。

使い方

Tor ネットワークへ接続する

  1. 本ソフトを起動すると「Tor に接続する」画面が表示されます。
    Tor ネットワークへ接続する

    Tor ネットワークへ接続する

  2. 「接続」ボタンをクリックすると Tor ネットワークへの接続を行います。
    ※ 「常に自動的に接続」にチェックを入れると、次回以降本ソフト利用時に Tor ネットワークへ自動接続します。
    Tor ネットワーク接続中

    Tor ネットワーク接続中

  3. Tor ネットワークへ接続するとブラウザーが起動し、Firefox ベースの匿名性の高いブラウザーを利用できます。
    Tor Browser へ接続完了

    Tor Browser へ接続完了


セキュリティレベルを調整する

セキュリティレベルを調整して、より安全なウェブブラウジングを行うことが可能になります。
ただし、安全性を高めれば高めるほど快適さが減少します。

画面右上の セキュリティレベル をクリックすると、本ソフトのセキュリティレベルが表示されます。
セキュリティレベルの表示

セキュリティレベルの表示


「詳細セキュリティ設定」をクリックすると、オプションのセキュリティレベル画面が表示され、セキュリティレベルを調整することができます。
設定 - プライバシーとセキュリティ - セキュリティレベル

設定 - プライバシーとセキュリティ - セキュリティレベル


  • 既定の保護
    初期設定です。
    本ソフトとウェブサイトの機能がすべて有効化されます。
  • 強力な保護
    ウェブサイトのしばしば危険である機能を無効化します。
    ウェブサイトによっては正常に動作しなくなります。
    • HTTPS 非対応サイトの Javascript を無効化
    • いくつかのフォントと数学記号を無効化
    • オーディオ、ビデオ(HTML5 メディア)、WebGL の自動再生を停止(クリックすると再生可能)
  • 最大限の保護
    危険性のある機能をすべて無効化します。
    ほとんどのウェブサイトは正常に動作しなくなります。
    • すべてのサイトで Javascript を無効化
    • いくつかのフォントと数学記号、画像を無効化
    • オーディオ、ビデオ(HTML5 メディア)、WebGL の自動再生を停止(クリックすると再生可能)

新しい識別子にする(IP アドレスを変更する)

画面右上の 新しい識別子 をクリックして「はい」ボタンをクリックすると、Tor ブラウザーを再起動し、すべてのセッションのクリア、IP アドレスの更新などが行われます。
※ 自分で本ソフトを再起動しても同じ効果となりますが、新しい識別子 をクリックすると自動で再起動できる、というものです。
新しい識別子

新しい識別子



更新履歴

機械翻訳で日本語にしています。
Version 13.0.14
(2024/04/16)
  • すべてのプラットフォーム
    • Tor を 0.4.8.11 に更新しました
    • バグ tor-browser#41676 :privacy.resistFingerprinting.testing.setTZtoUTC を多層防御として設定する
    • バグ tor-browser#42335 : app lang のロケールの順序をローカライズしない
    • バグ tor-browser#42428 : document.lastModified によるタイムゾーン オフセット リーク
    • バグ tor-browser#42472 : XSLT 日付関数からタイムゾーンがリークする可能性がある
    • バグ tor-browser#42508 : Tor ブラウザの安定版を 115.10.0esr にリベース
  • Windows + macOS + Linux
    • Firefox を 115.10.0esr に更新しました
    • バグ tor-browser#42172 : 新しい ID によって開かれた新しいウィンドウでは、browser.startup.homepage と TOR_DEFAULT_HOMEPAGE が無視されます。
    • バグ tor-browser#42236 : 新しい ID でホームページをロードするかどうかをユーザーが決定できるようにします。
    • バグ tor-browser#42468 : 安定版ではアプリ言語が正しくソートされない
  • Linux
    • Bug tor-browser-build#41110 : 「あいまいなパス」に関する Fontconfig の警告を回避する
  • Android
    • GeckoView を 115.10.0esr に更新しました
    • バグ tor-browser#42509 : Android セキュリティ修正を Firefox 125 からバックポート
  • ビルドシステム
    • すべてのプラットフォーム
      • Go を 1.21.8 に更新しました
      • バグ tor-browser-build#41107 : 新しいタイプの URL 用に download-unsigned-sha256sums-gpg-signatures-from-people-tpo を更新します
      • バグ tor-browser-build#41122 : rbm.conf にリリース日を追加
    • Android
      • バグ tor-browser-build#40992 : 更新された torbrowser_version 番号は、Firefox-Android versionCode 番号を変更するのに十分ではありません

Version 13.0.13
(2024/03/22)
  • Windows + macOS + Linux
    • Firefox を 115.9.1esr に更新しました
    • Bug tor-browser#42473 : ESR 115.9.1 の修正
    • Bug tor-browser#42474 : 安定したブラウザを 115.9.1 にリベースする

Version 13.0.12
(2024/03/19)
  • すべてのプラットフォーム
    • スノーフレークを 2.9.2 に更新しました
    • Bug tor-browser#42376 : 英語の偽装がオンになっているときに、日時入力のプレースホルダーがローカライズされ続ける
    • Bug tor-browser#42378 : 英語 + htmlform
      のなりすましにより、アプリの言語が漏洩する可能性があります
    • Bug tor-browser#42444 : 「既知の場合は .onion サイトを優先する」オプションを削除
    • Bug tor-browser#42448 : Tor ブラウザの安定版を Firefox 115.9.0esr にリベース
    • Bug tor-browser#42459 : 検索プロバイダーのリストにスタートページ オニオン サービスを追加
    • Bug tor-browser-build#41105 : Snowflake のバージョンを v2.9.2 にバンプします
  • Windows + macOS + Linux
    • Firefox を 115.9.0esr に更新しました
  • Windows
    • Bug tor-browser#42377 : 非表示のフォントが許可リストに自動的に追加される
  • Android
    • GeckoView を 115.9.0esr に更新しました
    • Bug tor-browser#42407 : TTP-03-010 WP3: フィッシングの可能性
  • ビルドシステム
    • すべてのプラットフォーム
      • Go を 1.21.8 に更新しました
      • Bug tor-browser-build#41102 : xz-utils バージョンの不一致が原因で、src アーカイブが一致しません


  • フィードバック

    ユーザーレビュー

    • 5

      ・匿名性が高い

      長年torを使っている者
      長年torを使っている者
      1
      その他

      【良かった点】
      ・匿名性が高い
      ・オープンソースであるためバックドアの危険性が低い
      ・現在もサポートされていて安心
      【気になった点】
      ・速度が遅い

      3人が参考になったと回答しています。
      このレビューは参考になりましたか?
    • 5

      ユーザーのセキュリティ・プライバシーを最大限保護するようにデフォル…

      JapaneseUser
      JapaneseUser
      1
      Windows 10

      ユーザーのセキュリティ・プライバシーを最大限保護するようにデフォルトで構成され、FirefoxベースではないTor Browser独自の機能も日本語化されているのがいいと思います。

      3人が参考になったと回答しています。
      このレビューは参考になりましたか?
    • 4

      プライバシーを守るためには最強のブラウザであると言える

      newmomizi
      newmomizi
      22
      Windows 11

      プライバシーを守るためには最強のブラウザであると言える。

      ただし、いくつか注意してほしいことがある。
      標準設定だと、かなり無防備な状態であるため、プライバシーはほとんど守れない。
      以下にこれを防ぐための設定手順を書いた。

      (1)JavaScriptを無効化する。
      セキュリティレベルを「最も安全」にするか、NoScriptで「セキュリティプリセットをオーバーライド」を有効にした後、標準のJavaScriptを無効にする。
      (2)torrcを編集する。
      私はExcludeNodesに通称9-eyesの参加国+日中露を、ExcludeExitNodesには14-eyes参加国+日中露を登録している。またStrictNodesも1にしておく。
      ※ネットで検索すると、NumEntryGuardsを中継ノードの数だと勘違いしているサイトが多々見られるが、それは完全な間違い。「エントリーガード」について調べてみれば分かる。

      一応この設定を行うことである程度セキュリティを高めることは出来る。
      もしここまでの手順のやり方が分からなかったり、行っている理由が理解できないのであれば、いますぐ使うのをやめた方がよい。
      Torは犯罪者もよく使う関係上、下手に使うと警察などにマークされる可能性すらある。
      また、ここまでの設定ができたとしても、通信傍受を目的とする攻撃者・捜査機関のやり方も進化していることは忘れないように。見られて困ることには使用しないことを推奨する。

      匿名性を保ったよいウェブライフを!

      6人が参考になったと回答しています。
      このレビューは参考になりましたか?

    Tor Browser に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 15 件)