Firefox Quantum から利用できなくなったアドオンを継続して利用できる Firefox 派生ブラウザー

Basilisk のアイコン

Basilisk

  • 海外
  • 日本語✕

ダウンロード

対応OS:
Windows 7 以降 (64bit), Linux
バージョン:
2024.05.11(2024/05/11)
価格:
無料

Pale Moon 開発者である MC Straver によって作成されたオープンソースのウェブブラウザーです。
Firefox v55 ベースで、Firefox Quantum から利用できなくなったアドオンを継続して利用できるのが特徴。
インターフェースは、Firefox v29~56 のインターフェースを採用し、HTML レンダリングエンジンには Gecko のフォークとなる Goanna を採用しています。
永久ベータ版の位置づけで、一部のバグや潜在的な欠陥が含まれている場合があります。

提供元:
制作ソフト一覧を見る

Basilisk の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトのダウンロードページへアクセスし、「United States」下の「Windows Installer:」横の「32-bit」リンク、または「64-bit」リンクをクリックしてダウンロードします。
    USB メモリーにインストールして持ち運べるポータブル版をダウンロードする場合は、「Windows ZIP archive:」横のリンクをクリックしてダウンロードします。
    ※ お使いの OS が 32bit と 64bit のどちらかわからない場合は Windows バージョンの調べ方よりご確認ください。
  2. ダウンロードしたセットアップファイルからインストールします。

使い方

基本的な使い方

起動時に表示するページを指定する
  1. 画面右上の Open menu をクリックし、表示されたメニューから「Preferences」をクリックします。
    メニュー

    メニュー

  2. 「Preferences」画面が表示されます。
    「Whe Basilisk starts」項目のプルダウンから選択します。
    • Show my home page(ホームページを表示する)
    • Show a blank page(空白ページを表示する)
    • Show my windows and tabs from last time(前回終了時のウィンドウとタブを表示する)
    オプション

    オプション


既定の検索エンジンを変更する
デフォルトでは「DuckDuckGo」が設定されています。
ここでは Google を追加する手順を紹介します。
  1. 画面右上の Open menu をクリックし、表示されたメニューから「Preferences」をクリックします。
    メニュー

    メニュー

  2. 「Preferences」画面が表示されます。
    左メニューの「Search」をクリックします。
    オプション

    オプション

  3. 「Search」画面が表示されます。
    プリインストールされている検索エンジンは DuckDuckGo / 米Yahoo! / Bing / Wikipedia (en) …などが登録されています。
    「DuckDuckGo」プルダウンをクリックして「Google」を選択すると、Google 検索を利用できるようになります。

アドオンを追加する

通常の Firefox アドオンダウンロードサイトからはインストールできません。
旧バージョンの Firefox で動作するアドオン(クラシックアドオン)を利用して「CLASSIC ADD-ONS ARCHIVE」からアドオンをインストールします。
  1. 画面右上に表示されるアドオンの Classic Add-ons Archive アイコンをクリックして「Classic Add-ons Archive」を利用できます。
    アドレスバーに「caa:」と入力しても「Classic Add-ons Archive」ページを表示できます。
  2. 左メニューからカテゴリをクリックすると、利用できるアドオン一覧が表示されます。
    マウスカーソルを乗せると「Install Now」ボタンが表示されるので、クラシックアドオンをインストールできます。
    クラシックアドオン一覧

    クラシックアドオン一覧

  3. アドオンをインストールすると、「Extensions」に追加したアドオンが表示されます。
    インストールしたアドオン一覧

    インストールしたアドオン一覧


更新履歴

機械翻訳で日本語にしています。
Version 2024.05.11
(2024/05/11)
  • これはバグ修正リリースです。
    • v2024.05.01 で環境設定パネルが壊れていた問題を修正しました。

Version 2024.05.01
(2024/05/07)
  • これは、開発、安定性、およびセキュリティのリリースです。
    • 単一使用の <link rel=preload> メタ タグのサポートを実装しました。 この実装により、2 番目の <link rel={type}> メタ タグを指定せずにこのタグを使用して、本来このタグ用に意図されていたリンクされたドキュメントを実際に読み込むことができます (高速描画のためにドキュメ>ントを事前に読み込む必要があることをブラウザに示唆するため)。
    • CSP v3 キーワード script-src-elem、script-src-attr、style-src-elem、style-src-attr を実装しました。
    • 絵文字 15.1 のサポートが追加されました。
    • Web 互換性のために URL の webkitURL レガシー ウィンドウ エイリアスを実装しました。
    • CSS 短縮表現の margin-block、margin-inline、padding-block、padding-inline を実装しました。
    • CPU 機能 (SSE2/AVX/AVX2) のクエリのサポートが Navigator インターフェイスに追加されました。 プライバシー上の理由から、これは Web には公開されませんが、拡張機能によって使用できます。
    • 破損のため、Amazon.com のサイト固有のオーバーライドを削除しました。
    • 空の MIME タイプの登録により UI の一部が破損する問題を修正しました。
    • (Linux のみ) デフォルトで URL をコンテンツに貼り付けても、その URL に移動しなくなりました。
    • content-paste-navigation が (middlemouse.contentLoadURL 経由で) 有効になっている場合、ナビゲーションはアクティブな body type 要素への貼り付けに制限されます (たとえば、URL を入力ボックスに貼り付けるときに不要なナビゲーションを防ぐため)。
    • ExportEntries が機能しない JS モジュールの問題を修正しました。
    • (Linux のみ) システム提供の cairo ライブラリ (サポートされていない) を使用してビルドするときのビルドの問題を修正しました。
    • SetInterval に範囲外の (小さすぎる) 値を指定すると、ワーカーがブラウザをロックする可能性がある問題を修正しました。これは、HTML 仕様に合わせて 4 ミリ秒に制限されるようになりました。
    • 組み込みの開発者ツールに関するいくつかの使いやすさの問題を修正しました。
    • Web ワーカーで発生する可能性のあるクラッシュを修正しました。
    • イメージ マップの潜在的なオーバーフローの問題を修正しました。
    • 重複する HTML タグの属性に関する問題を修正しました。
    • 内部ポインター構造体の動作がより均一になるように調整されました。 した
    • --disable-npapi を使用してビルドした場合にマウスホイールのスクロールが壊れる問題を修正しました。
    • 状況によっては、XUL ツリー表示に関する軽微な問題が修正されました。
    • 開発: キャンバス Path2D.addPath を更新された仕様に合わせました。 SVGMatrix ではなく DOMMatrix をサポートするようになりました。
    • Stylo (Gecko Rust スタイル システム) の残り物をソース ツリーから削除しました。
    • 絵文字表示の潜在的な問題をいくつか修正しました。 いつものように、絵文字の方が優れていることが何度も証明されています :)
    • ワーカーに関するいくつかの問題を修正しました。
    • devtools での Ctrl+C コピーの問題を修正しました。
    • IDXGIKeyedMutex がサポートされていないため、WINE で実行するとクラッシュする問題を修正しました。
    • 特定の (メンテナンスされていない) 拡張機能を処理するときのクラッシュを修正しました。
    • Windows の実行可能ファイル警告リストに .xrm-ms ファイルを追加しました。
    • HTTP/2 ヘッダー サイズの健全性チェックを追加しました。
    • JavaScript JIT コンパイラの潜在的な問題を修正しました。
    • OpenType Sanitizer のいくつかの修正をアップストリームから取得しました。
    • メディア データ バッファーを割り当てる際の潜在的な問題を回避するための修正が追加されました。
    • 対処されたセキュリティ問題: CVE-2024-1551、CVE-2024-2610、CVE-2024-3863、CVE-2024-3302、CVE-2024-3857 DiD、CVE-2024-3859、および CVE-2024-3861 DiD。

Version 2024.02.03
(2024/02/03)
  • これは新しいマイルストーン リリースです。
    • 非同期クリップボード API (navigator.clipboard) の制限付きバージョンを実装しました。 この API は、明らかなセキュリティ上の考慮事項のため、書き込みのみに制限されています。 プレーンテキストと標準の DataTransfer メソッドの両方をサポートします。 ClipboardItem オブジェクトの再発明されたホイールの概念は実装されていません。
    • OCSP ステープル応答の SHA-2 (SHA-256/SHA-512/など) 署名のサポートを実装しました。
    • PromiseRejectionEventを実装しました。 これが実際に使用されることはほとんどありませんが、一部の一般的な JS ライブラリ (ご存知でしょう!) はこれを機能レベルのカナリアとして使用し、Promise shim が見つからないとロードを開始します (壊れています!)。これにより、互換性の問題が発生し、Web サイトが壊れます。 シム。
    • 現在の仕様と予想される動作に合わせてマイクロタスクと Promise のスケジュールを調整します。
    • プライマリ以外のボタンを使用する場合、クリック イベントがドキュメント階層の最上位に送信されなくなりました (これらのイベントをキャプチャするには、代わりに auxclick を使用してください)。
    • ボックスシャドウのパフォーマンスが大幅に向上しました。
    • HTTP/2 経由でのファイル/データのアップロードのパフォーマンスが大幅に向上しました (ほとんどの安全な Web サイト)。
    • フォーカスとコンテンツの選択に関連するいくつかの問題を修正しました。
    • DOM イベントの予期しない処理によって引き起こされる focus-within の使用に関する問題を修正しました。
    • importScripts() の使用時に CSP が期待どおりに動作しない問題を修正し、CSP 関連の追加の問題をいくつか修正しました。
    • CORS プリフライトが元のリクエストのリファラー ポリシーまたはリファラー ヘッダーを送信しないという Web 互換性の問題を修正しました。
    • StructuredClone の仕様準拠の問題を修正しました。
    • SetInterval タイマーと SetTimeout タイマーに導入されたクランプ コードによるクラッシュを修正しました。
    • 動的インポートが(ナビゲーションなどにより)キャンセルされたときのクラッシュを修正しました。
    • 仕様変更と推奨に従って、<input type=file> が変更され、その .files プロパティが書き込み可能になりました。
    • 現在、C++17 言語標準を要求し、それに対して構築しています。
    • ツリー内 ffvpx ライブラリを 6.0 に更新しました。
    • ユーザーが Web マスターへの CSP エラーの報告を完全に無効にできる設定を追加しました。 CSP を設定する Web マスターに重要なトラブルシューティング情報が提供され、プライバシーの問題が生じることはないため、これを使用することは強くお勧めできませんが、どうしても必要な場合は完全に無効にすることができます。 設定は security.csp.reporting.enabled です。
    • IntersectionObserver インターフェイスを更新し、HTML 要素だけでなくオブザーバー ルートのドキュメントも受け入れるようになりました。
    • GMP、メモリ割り当て、システム ライブラリ、痕跡 Android コード、freetype2、開発者ツール周辺のさまざまなコードをクリーンアップしました。
    • D3D テクスチャの処理効率が向上しました。
    • 初期および実験的な Mac PowerPC およびビッグ エンディアンのサポートを追加しました。
    • タブページのタイトルをウィンドウタイトルに含めるかどうかを制御するためのユーザー設定が追加されました。 プライベート ブラウズ モードでは、デフォルトでウィンドウにタイトルが表示されなくなりました。 これは、記録されたウィンドウ タイトルを通じてアクセスした Web サイトのシステム ログ (GNOME シェル ログや Windows イベント ログなど) への漏洩の可能性を回避するために行われました。 新しい設定は、それぞれ通常モードとプライベート ブラウズ モードの privacy.exposeContentTitleInWindow と privacy.exposeContentTitleInWindow.pbm です。
    • DOM および動的 JavaScript モジュールのインポートに関連するいくつかのクラッシュを修正しました。
    • 仕様の更新に伴い、フェッチ プリフライト リダイレクトの制限が削除されました。
    • Web ワーカーが動作中に中止された場合の処理を改善しました。
    • x86_64 と aarch64 の両方の Linux リリースは、GCC 11 と Oracle Linux 8 で構築されるようになりました。
    • Linux aarch64 リリースはベータ版とみなされなくなりました。 今後、Linux aarch64 ビルドでも自動更新が機能するようになります。
    • Linux aarch64 ビルドは GTK2 と GTK3 の両方で利用できるようになりました。
    • Oracle Linux 8 および GCC 11 を使用するように簡単なビルド シェル スクリプトをリファクタリングしました。
    • x86_64 と aarch64 の両方で動作するように簡単なビルド シェル スクリプトをリファクタリングしました。
    • デフォルトの Basilisk ネットワーク設定の一部を変更して、すぐに使えるプライバシーとセキュリティをより尊重できるようにしました。
    • ページ情報ウィンドウの壊れたセキュリティセクションを修正しました。
    • 対処されたセキュリティ問題: CVE-2023-6863、CVE-2023-6858、CVE-2024-0746、CVE-2024-0741、CVE-2024-0743 DiD、CVE-2024-0750 DiD、および CVE-2024-0753。
    • UXP Mozilla セキュリティ パッチの概要: 7 件が修正、4 件が DiD、1 件が拒否 (せいぜい DiD)、34 件は適用外。

ユーザーレビュー

  • コメント

    「v2023.01.07」にアプデされています

    M・MAX
    M・MAX
    32
    Windows 10

    「v2023.01.07」にアプデされています。

    概要は添付画像で!

    1人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • 3

    ちょっとした興味本位でインストしてみましたが、WATER-FOXで…

    M・MAX
    M・MAX
    32
    Windows 10

    ちょっとした興味本位でインストしてみましたが、WATER-FOXで使い慣れたFOX系の物なので日本語化出来なくてもなんとか使えますし、悪くないかなとは思いました。

    ただ、結構メモリを使っていた(CHROME系よりはそれでも遥かに良いが)事と、ブックマークの引継ぎがFOX系専用の形式のでも、中々上手く行かず時間かかったという事、旧ADO-ONも使えるというがWATER-FOX-CLASSICよりも対応分が少なかった事が残念でした。

    ブックマークの件は「HTMLインポート(CHROME系のからも試したが)」無理でしたね。
    FOX系のブックマークの作成したものではなく、変更時などに自動生成されてる「ブックマークフォルダ」(インスト先ある)を丸ごとコピーして、このブラウザの同じファイルに上書きして、ブラウザ上のブックマーク項目で「復元」を選び最新の日付のデータを選ぶをして無事に反映されたという感じでした。(直接インポート不可は面倒です。)

    永久ベータ版を謡っている分しゃ~ない部分かもしれませんけどねww

    2人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • 2

    【追記あり】「公式」宣言から

    owl
    owl
    483
    Windows 10

    「公式」宣言から
    Basilisk web browser
    https://www.basilisk-browser.org/
    重要 バシリスクブラウザの開発サポートは、2021年12月をもって停止しました。このプロジェクトを引き継ぐことに興味があり、純粋に誠実で、正当で、合理的な開発者であれば、私に連絡するのがよいでしょう。長年にわたり、この開発用ブラウザを支持し、利用してくださった皆様に感謝します。-- Moonchild.

    Basilisk: release notes
    https://www.basilisk-browser.org/releasenotes.shtml
    v2022.01.27 (公開 2022-01-27)
    このアップデートは、セキュリティアップデートです。
    重要: これは、オリジナルの開発者によるバジリスクの最後の公式リリースです。内部アップデーターを削除したため、今後のアプリケーションの更新をチェックすることが不可能になりました。
    安全なブラウジングを続けるためには、Pale Moon のような別のウェブブラウザに移行されることをお勧めします。
    ハッキングにご注意ください。現在、「バジリスク」の名前で製品として継続する資格のある人はいません。今後、バジリスクの公式アップデートや公式継続を謳う/装うアップデートを見かけたら、詐欺である可能性が高いので、ブラウジングを信用しないようにしてください。


    加筆修正:
    このプロジェクトを引き継ぐことに興味があり、純粋に誠実で、正当で、合理的な開発者であれば、私(Moonchild Productions 開発責任者:M.C. Straver)に連絡するのがよいでしょう。

    7人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?

Basilisk に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 6 件)