ソフトを起動したり、フォルダーを開いたり、プログラムを実行することが簡単にできるランチャー

CLaunch のアイコン

CLaunch

ダウンロード

対応OS:
Windows 98/Me/2000/XP/Vista/7/8/8.1/10
バージョン:
4.02(2020/07/20)

ソフトの実行やファイル/フォルダーを素早く開けるようにするランチャーソフトです。
デスクトップのスキマをダブルクリックしたり、画面隅へマウスカーソルを持っていったり、マウスで円を描いたり、ホットキーなど起動方法は100種類以上。
複数のページに分けてグループごとにソフトを登録できるのが特徴です。

提供元:
制作ソフト一覧を見る

CLaunch の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトへアクセスし、32bit 版は「CLaunch 32-bit Unicode Version 4.02 (2020/07/20)」リンク、64bit 版は「CLaunch 64-bit Unicode Version 4.02 (2020/07/20)」リンクをクリックしてダウンロードします。
    ※ お使いのOSが 32bit か 64bit かわからない場合は、Windowsバージョンの調べ方を参照してください。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(cl402.exe または cl64_402.exe)からインストールします。

使い方

Claunch を呼び出す

本ソフトを起動すると、Claunch を呼び出せる状態になります。
デフォルトでは次のような方法で Claunch を呼び出せます。
  • デスクトップの何もない場所をダブルクリックする
  • タスクトレイicon アイコンをクリックする

スキンを変更する

  1. Claunch を呼び出し、画面上部のタイルではない場所を右クリックして、表示されたメニューから「スキン」をクリックします。
  2. オプション画面の「スキン」タブが表示されます。
    変更したいスキンをクリックして選択すると、見た目が変更されます。
  3. 選択した後、「OK」ボタンをクリックすると選択したスキンへの変更が確定します。

リスト表示にする

Claunch を呼び出し、画面上部のタイルではない場所を右クリックして、表示されたメニューから「表示モード2」を選択すると、リスト表示になります。
スキンを Solid Black に変更し、表示モード2 に変更


ページ名を変更する

本ソフトは「ページ」という名前で、ランチャー内にて複数ページ(複数タブ)を切り替えて利用できます。
  1. ページ名のタブの上で右クリックし、表示されたメニューから「プロパティ」をクリックします。
  2. オプション画面の「ページ」タブが表示されます。
    ページ名のテキストボックスに表示したい名前を入力して「OK」ボタンをクリックすると、ページ名が変更されます。

ソフトを登録する

Claunch を呼び出し、画面左上のウィンドウロックをクリックして緑色表示にします。
スキン Classic でのウィンドウロック

スキンによってはウィンドウロックの位置が異なります。
スキン Glass でのウィンドウロック


ウィンドウをロックしている間は Claunch は非表示にならないので、ソフトやフォルダーなどをドラッグ&ドロップして登録します。

更新履歴

Version 4.02 (2020/07/20)
  • 韓国語モジュールを追加
  • 中国語モジュールの誤訳を修正
  • コマンドラインオプション「/r」を追加
  • ClAdminから起動されている場合は「アイテム登録」ダイアログBOX および「アプリケーションごとの無効化設定」ダイアログBOX のウィンドウ参照で、管理者の権限で実行されているアプリケーションのパス名を取得できるよう改善
  • 2ページ目以降に登録されているアイテムを同時起動またはイベント起動に設定しても起動しない不具合を修正

Version 4.01 (2020/07/05)
  • サブメニューを削除または他のページへ移動した際にサブメニューの登録情報が削除されない不具合を修正

Version 4.00 (2020/07/01)
  • サブメニューの作成機能を追加
  • 登録アイテムの検索機能を追加
  • オーバーレイアイコンの表示機能を追加
  • キーボードショートカット、マウスショートカットの割当て機能に「アイテム検索」を追加
  • 「アイテム起動後に検索ウィンドウを閉じる」オプションを追加
  • オプション「最前面に表示する」のサブオプションとして「ウィンドウロック中のみ」を追加
  • アイテムのプロパティ「マウスオーバーで自動展開する」のサブオプションとして「表示位置」を追加
  • サブメニューおよびフォルダー展開メニューの「展開オプション」に「/t」を追加
  • 「アイコンをキャッシュする」オプションを削除 (キャッシュ機能は常時有効)
  • アプリケーションごとの無効化設定の実行ファイル名の欄にフォルダのパス名を指定できるよう変更
  • CLaunchのプロセス優先度の設定がClAdminのプロセス優先度に反映されるよう変更
  • タブのデザイン設定とスキンの仕様からアクティブタブのホバー状態を削除
  • ボタンのデザイン設定とスキンの仕様にボタンの押下状態を追加
  • スキンの仕様に「検索ボタン」を追加
  • アイコンの選択ダイアログBOXを表示する際に使用したGDIオブジェクトが解放されない不具合を修正
  • 絶対パスから相対パスへの変換時に、特定の名称かつ特定の階層関係にあるフォルダーのパス名が正しく変換されない不具合を修正
  • その他機能追加に伴う内部処理の大幅変更

ユーザーレビュー

  • 5

    マウスホイールクリックで、簡単に登録したアプリを一覧表示→起動でき…

    ナポリタン寿司
    ナポリタン寿司
    投稿数: 7件
    Windows 10

    マウスホイールクリックで、簡単に登録したアプリを一覧表示→起動できるのでとても便利です。

    アプリだけでなく、フォルダも登録できるので、いちいちエクスプローラーの階層をクリックしていって…の手間が省けて本当に便利です。

    最初のスキンが正直、あまり好みではなかったんですが、インターネット上で有志の方が作成したスキンに変更できるので最高です。

    ちなみに、Microsoft ストアでダウンロードしたアプリは、「ファイル名を指定して実行(Windows+R)」で「shell:appsfolder」と検索したらアプリ一覧が表示されるのでそちらをドラッグ&ドロップすれば登録できます。

    5人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • コメント

    マウスカーソルがウインドウの外へ出ても、非表示にならない事象につい…

    Gonbe
    Gonbe
    投稿数: 1066件
    Windows 10

    マウスカーソルがウインドウの外へ出ても、非表示にならない事象についてですが、
    Windows 10 「21H1」に更新した以降も、相変わらず度々発生している現状です。
    基本的にPC 電源を入れっぱなしで使用しているので、それが一因かもしれません。
    もちろん必要に応じてPC 再起動等は励行しており、再起動直後はPC の構成を検査
    した上で稼働するためか、上記の本ソフト非表示にならない事象は発生しない模様。
    PC 電源投入直後も同事象は発生せず、PC 連続稼働は不安定要素を生み出すのかも。

    1人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • 5

    カーソルを外に出しても表示が消えないので旧バージョンを入れました

    dell
    dell
    投稿数: 1件
    Windows 10

    カーソルを外に出しても表示が消えないので旧バージョンを入れました。旧バージョンなら問題ないです

    Dell Inspiron 5505ノートパソコン使用

    3人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?

CLaunch に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 33 件)