クラシックな外観で、軽快に動作するマルチメディアプレイヤーソフト

Media Player Classic - Home Cinema のアイコン

Media Player Classic - Home Cinema

  • 海外
  • 日本語○
  • 寄付歓迎

ダウンロード支援

対応OS:
Windows 7/8/8.1/10/11
バージョン:
2.1.6(2024/02/29)
価格:
無料

ほとんどの動画フォーマットに対応し、音楽、動画、DVD/Blu-ray の再生ができます。
プレイリスト、お気に入り、再生している動画の静止画キャプチャ、サムネイルの取得、字幕の読み込み、コマ送りや再生速度調整、再生中のみ最前面表示、エンボスやグレイスケールなど動画表示を変更するシェーダ、AAC デコーダや MPC Video Decoder 等のフィルタなどの機能を利用できます。
海外製のソフトですが、インストール時に日本語を選択することで、日本語で利用できます。

提供元:

Media Player Classic - Home Cinema の使い方

ダウンロード

  1. GitHub へアクセスし、「MPC-HC.2.1.6.x64.exe」リンク、または「MPC-HC.2.1.6.x86.exe」リンクをクリックしてダウンロードします。
    ※ お使いの OS が 32bit か 64bit かわからない場合は Windows バージョンの調べ方よりご確認ください。
    USB メモリー等で持ち運べるポータブル版を利用したい場合は、「MPC-HC.2.1.6.x64.zip」リンク、または「MPC-HC.2.1.6.x86.zip」リンクをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(MPC-HC.2.1.6.x64.exe または MPC-HC.2.1.6.x86.exe)からインストールします。

使い方

基本的な使い方

音楽、動画ファイルを再生する
  • 再生したいファイルを本ソフトにドラッグ&ドロップするか、メニューバーから「ファイル」⇒「クイック再生」からファイルを選択します。
  • フォルダー内のファイルをすべて再生したい場合は、フォルダーをドラッグ&ドロップするか、メニューバーから「ファイル」⇒「ディレクトリを開く」とクリックしてフォルダーを選択します。

ダークテーマを利用する
メニューバーから「表示」⇒「ダークテーマ(再起動)」とクリックし、本ソフトを再起動するとダークテーマが適用されます。
メニューバー「表示」⇒「ダークテーマ」※要再起動

メニューバー「表示」⇒「ダークテーマ」※要再起動



再生終了後の動作を指定する
例えば眠るときに音楽をかけて音楽終了後にPCの電源を切りたい、などのような場合に利用できます。
メニューバーから「再生」⇒「再生終了後の動作」とクリックするか、画面上の右クリックメニュー「再生終了後の動作」から次の動作を指定できます。
  • 何もしない
  • フォルダ内を順次再生する
  • モニタの電源を切る
  • 終了
  • スタンバイ
  • 休止状態
  • シャットダウン
  • ログオフ
  • ロック
右クリックメニュー「再生終了後の動作」

右クリックメニュー「再生終了後の動作」



動画のサムネイルを保存する
メニューバーから「ファイル」⇒「サムネイルを保存」とクリックすると、動画の一定間隔での静止画サムネイルを取得し、一つのファイルとしてまとめた画像ファイル(.jpg)を保存できます。
メニューバー「ファイル」⇒「サムネイルを保存」

メニューバー「ファイル」⇒「サムネイルを保存」

保存された動画サムネイル

保存された動画サムネイル



プレイリストを利用する
メニューバーから「表示」⇒「再生リスト」とクリックすると、プレイリストを利用できます。
プレイリストの表示

プレイリストの表示



ランダムに再生する
プレイリスト上の右クリックメニューのランダム化、シャッフルを利用してランダム再生が可能です。
  • ランダム化
    プレイリストをランダムに並べ替えます。
    右クリックメニュー「元に戻す」をクリックすると、プレイリストの順番を元に戻すことができます。
  • シャッフル
    プレイリストの並び順はそのままに、ランダムな順番で再生します。

更新履歴

機械翻訳で日本語にしています。
Version 2.1.6
(2024/02/29)
  • 変更/追加/改善
    • OSD フォントの最大サイズを 50 に増加しました。
    • 字幕検索結果にFPS列を追加しました。
    • 字幕検索結果の並べ替えが改善されました。
    • Opensubtitles のログインは、入力後に直接検証されるようになりました。
    • 「バージョン情報」ダイアログの「クリップボードにコピー」テキストには、モニターと DPI スケーリングに関する詳細も含まれるようになりました。
    • FullscreenSeparateControls オプションがデフォルトで有効になりました。
  • 修正
    • v2.1.5 で開始タイムスタンプが 1 時間を超える SSA サブサブを解析する際の回帰を修正しました。
    • 一部のディスクで DVD の位置を記憶することが正しく機能しない問題を修正しました。
    • その他いくつかの小さな修正と改善。

Version 2.1.5.14 開発ビルド
(2024/02/23)
  • -

Version 2.1.5
(2024/02/16)
  • 更新情報
    • LAV フィルターをバージョン 0.78-3-g58474 に更新しました
    • MediaInfo DLL をバージョン 24.01 に更新しました
    • 他のすべてのサードパーティ ライブラリを更新しました
  • 変更/追加/改善
    • ファイル履歴の読み取りが最適化されました。
    • 自動調整ズーム オプションに最小値と最大値が追加されました。
    • 外部フィルターにより、そこに追加すべきではないフィルターを追加できなくなります。ビデオ レンダラーなど、優先されるものを他の場所 (出力設定) で選択する必要があります。
    • オーディオおよび字幕トラックの選択を記憶するための高度なオプションが追加されました。
    • 外部プレイリストの位置を記憶するための高度なオプションが追加されました。
    • libass を使用する場合、サブピックのバッファ サイズが自動的に 0 に設定されるようになりました。パフォーマンスが悪くなる可能性があります。libass を使用しない場合でも、デフォルトおよび推奨設定は 0 です。
  • 修正
    • いくつかの小さな GUI テーマ関連の修正。
    • その他いくつかの小さな修正と改善。

ユーザーレビュー

  • 5

    windows11 64bitで本ソフトx64版を何かに関連付けし…

    64bitman
    64bitman
    投稿数: 1件
    Windows 11

    windows11 64bitで本ソフトx64版を何かに関連付けしてしまうと本ソフト起動時にOSの動作が数秒間重くなる現象が起こりましたが、x86版に切り替えて回避しています
    何が原因なのかさっぱり分かりませんが、MPC-BE x64も同じ状態になったので、お困りの方がいらっしゃるならx86版を試してみるのもよいのではないでしょうか。

    5人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?
  • 2

    日本語化出来ない

    fdhodhokoh
    fdhodhokoh
    投稿数: 1件
    -

    日本語化出来ない。連続再生も出来ない。操作がめんどくさいくて使いづらい。

    このレビューは参考になりましたか?
  • コメント

    当アプリに関して「誤認」があるようなので:

    owl
    owl
    投稿数: 482件
    その他

    当アプリに関して「誤認」があるようなので:
    更新は止まっておらず、現在でも更新が継続されています。

    以前の開発メンバーは解散しましたが、
    新たに、clsid2 が開発サポートを引き継いでいます。

    そのため公式ホームページが移設されています。
    ◆ 旧ホームページ
    https://mpc-hc.org/
    July 16, 2017 XhmikosR
    v1.7.13, the latest, and probably the last release of our project…

    ◆ 新ホームページ
    https://github.com/clsid2/mpc-hc/releases
    安定版は「Latest」と表示されているプログラムです。
    「Pre-release 」版は、不安定な要素があるプログラムなので、一般的なユーザーには不適です。

    35人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?

Media Player Classic - Home Cinema に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 62 件)