クラシックな外観で、軽快に動作するマルチメディアプレイヤーソフト

Media Player Classic - Home Cinema のアイコン

Media Player Classic - Home Cinema
  • 海外
  • 日本語○

ダウンロード

対応OS:
Windows XP/Vista/7/8/8.1/10
バージョン:
1.9.13 / 1.9.13.9 Development Build(2021/06/08)

ほとんどの動画フォーマットに対応し、音楽、動画、DVD/Blu-ray の再生ができます。
プレイリスト、お気に入り、再生している動画の静止画キャプチャ、サムネイルの取得、字幕の読み込み、コマ送りや再生速度調整、再生中のみ最前面表示、エンボスやグレイスケールなど動画表示を変更するシェーダ、AAC デコーダや MPC Video Decoder 等のフィルタなどの機能を利用できます。
海外製のソフトですが、インストール時に日本語を選択することで、日本語で利用できます。

提供元:

Media Player Classic - Home Cinema の使い方

ダウンロード

  1. GitHub へアクセスし、「1.9.13」項目の「Assets」をクリックして表示される「MPC-HC.1.9.13.x64.exe」リンク、または「MPC-HC.1.9.13.x86.exe」リンクをクリックしてダウンロードします。
    ※ お使いのOSが 32bit か 64bit かわからない場合は Windows バージョンの調べ方よりご確認ください。
    USBメモリー等で持ち運べるポータブル版を利用したい場合は、「MPC-HC.1.9.13.x64.zip」リンク、または「MPC-HC.1.9.13.x86.zip」リンクをクリックしてダウンロードします。
    ※ テスト版を利用する場合は「MPC-HC.1.9.13.9.x64.exe」リンクをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(MPC-HC.1.9.13.x64.exe または MPC-HC.1.9.13.x86.exe)からインストールします。

使い方

基本的な使い方

音楽、動画ファイルを再生する
  • 再生したいファイルを本ソフトにドラッグ&ドロップするか、メニューバーから「ファイル」⇒「クイック再生」からファイルを選択します。
  • フォルダー内のファイルをすべて再生したい場合は、フォルダーをドラッグ&ドロップするか、メニューバーから「ファイル」⇒「ディレクトリを開く」とクリックしてフォルダーを選択します。

ダークテーマを利用する
メニューバーから「表示」⇒「ダークテーマ(再起動)」とクリックし、本ソフトを再起動するとダークテーマが適用されます。
メニューバー「表示」⇒「ダークテーマ」※要再起動


再生終了後の動作を指定する
例えば眠るときに音楽をかけて音楽終了後にPCの電源を切りたい、などのような場合に利用できます。
メニューバーから「再生」⇒「再生終了後の動作」とクリックするか、画面上の右クリックメニュー「再生終了後の動作」から次の動作を指定できます。
  • 何もしない
  • フォルダ内を順次再生する
  • モニタの電源を切る
  • 終了
  • スタンバイ
  • 休止状態
  • シャットダウン
  • ログオフ
  • ロック


動画のサムネイルを保存する
メニューバーから「ファイル」⇒「サムネイルを保存」とクリックすると、動画の一定間隔での静止画サムネイルを取得し、一つのファイルとしてまとめた画像ファイル(.jpg)を保存できます。

プレイリストを利用する
メニューバーから「表示」⇒「再生リスト」とクリックすると、プレイリストを利用できます。

ランダムに再生する
プレイリスト上の右クリックメニューのランダム化、シャッフルを利用してランダム再生が可能です。
  • ランダム化
    プレイリストをランダムに並べ替えます。
    右クリックメニュー「元に戻す」をクリックすると、プレイリストの順番を元に戻すことができます。
  • シャッフル
    プレイリストの並び順はそのままに、ランダムな順番で再生します。

更新履歴

※ Google 翻訳で日本語にしています。
Version 1.9.13.9 (2021/06/08)
  • テスト目的の開発ビルド

Version 1.9.13 (2021/06/06)
  • 修正
    ・特定の状況で字幕の品質が非常に低くなる可能性があるバグを修正しました。[1.9.12 での回帰]
    ・プレーヤーをより大きな解像度のモニターに移動したときのビデオ表示の問題を修正しました。[1.9.12 での回帰]
    ・D3D フルスクリーン エクスクルーシブ モードが有効になっている場合、「フルスクリーンで起動」オプションが機能しない問題を修正しました。
    ・[ファイル] メニューからビデオを開いたときに、選択したオーディオ ダブが読み込まれない問題を修正しました。
    ・字幕を手動でロードするとまれにプレーヤーがフリーズする問題を修正しました。サブピクチャ テクスチャの割り当てに失敗した場合、非常に古いシステムで発生する可能性があります。

Version 1.9.12 (2021/05/28)
  • 変更/追加/改善
    ・字幕テクスチャ解像度のデフォルト設定を変更しました。この変更は、4K 解像度の画面での再生にのみ影響します。その場合、字幕は 1080p の解像度でレンダリングされます (その後、最終サイズにスケーリングされます)。これにより、そのようなシステムのパフォーマンスが向上します。もちろん、字幕を少しシャープにしたい場合は、設定を 4k に変更できます。
    ・youtube-dl サポートに関連するいくつかの改善。
    ・youtube-dl によって抽出されたストリームの字幕のダウンロードのサポートが追加されました。ここで希望の字幕言語を指定できます: [オプション] > [詳細]
    ・SRT 字幕で見つかった場合、 htmlタグを削除します。
    ・OpenSubtitle オプションを有効にするときにプロンプ​​トを追加し、Web サイトでアカウントよりも言及する必要があります。
    ・SubDB サブタイトル プロバイダーを削除しました。彼らのサイトは長い間オフラインです。
    ・廃止された RealMedia および QuickTime デコード フレームワークが削除されました。これらのフレームワークは 32 ビット ビルドでのみ使用でき、デフォルトでは使用されませんでした。長い間、これらのタイプのファイルは、優れた内部 DirectShow コーデックを使用して再生されます。したがって、実際には何も変更されず、すべてをプレイできます。
  • 修正
    ・非常に長いパスを持つファイルを開くと、最近のファイル リストがクリアされる可能性がある問題を修正しました。
    ・その他いくつかの小さな修正と改善。

ユーザーレビュー

  • 4

    非常に動作が軽快なメディアプレイヤー

    UtauHiKitsune75
    UtauHiKitsune75
    投稿数: 58件
    Windows 10

    非常に動作が軽快なメディアプレイヤー。
    よく対抗馬として、VLCメディアプレイヤーと比較される。

    必要最低限の機能(動画再生など)があれば十分である!
    というユーザーには、非常にオススメのソフトです。

    画面録画や、ファイル形式変換などなど、メディアの再生以外のオプション機能が欲しいというユーザーは、VLCメディアプレイヤーがオススメです。

    要求する機能や、使用用途に応じてどちらを利用するか考えると良いでしょう。

    このレビューは参考になりましたか?はい
  • 4

    動画ファイルの再生に関しては概ね合格

    いもいも
    いもいも
    投稿数: 1件
    Windows 10

    動画ファイルの再生に関しては概ね合格。
    Flash動画も再生可能。
    MP3やM4Aなどの音楽ファイルでアルバムカバー画像を入れているものについては100%のサイズで表示するように設定しておいても半分くらいのサイズでしか表示されないので手動でウィンドウを広げないと原寸表示にならない。(なので★一つ減点)

    1人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい
  • 5

    Windows10 の 起動 / 終了 の高速化の代償となって起動…

    hagemage
    hagemage
    投稿数: 21件
    Windows 10

    Windows10 の 起動 / 終了 の高速化の代償となって起動時や終了時のサウンド再生を簡単に設定できなくなったのをご存じの方も多いと思います。メインのプレーヤーは他を使ってますが、私はなんか寂しいので Windows 10 の終了とログオフのサウンド再生にこれを使ってます。ネットで起動時や終了時のサウンド再生を検索するといろいろな情報が出てきますが、MPC-HC のショートカットからだけでも指定したサウンドを鳴らしてからシャットダウンやらログオフできます。同じ事をする方は少ないと思いますが。

    つまり MPC-HC のショートカット を ログオフ や Windows の終了 がわりに使ってしまうという方法です。MPC-HC の ヘルプ→コマンドラインスイッチ を確認すればいろいろ使えるのがわかると思います。

    MPC-HC のショートカットのプロパティを開いてリンク先を
    Windows の終了例: "MPC-HC のフルパス" /minimized /play /shutdown "使いたい音源のフルパス"
    ログオフ例: "MPC-HC のフルパス" /minimized /play /logoff "使いたい音源のフルパス"

    のようにしてクイック起動とかに入れてそこから使ってます。Windows の起動時やログオン時のサウンドは
    "MPC-HC のフルパス" /minimized /play /close "使いたい音源のフルパス"
    のショートカットをスタートアップフォルダに入れといても良いのですが、WinaeroTweaker での設定の方がスマートなのでそちらにしています。

    8人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい

Media Player Classic - Home Cinema に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 55 件)