レジストリエラーを修復して Windows 高速化を支援する、シンプルなインタフェースのフリーソフト

Portable Free Window Registry Repair

Portable Free Window Registry Repair
  • 海外
  • 日本語○

ダウンロード

対応OS:
Windows 98/Me/NT/2000/XP/Vista/7/8/8.1/10

Free Window Registry Repair のポータブル版です。存在しないファイルやフォルダーへのパス、削除済みのソフトウェア情報、無用なファイル拡張子、存在しないMRUや履歴ファイル情報、空のキーなどの不要なレジストリエントリをクリーンアップし、システムの最適化を行います。エラー修復時には自動でレジストリのバックアップを行うため、不具合があった場合には復元より元に戻すことが可能です。また、オプション設定により、復元ポイントの作成にも対応しています。
海外製のソフトですが、日本語化パッチを適用することで日本語で利用できます。

提供元:
日本語化パッチ:
RegSeekerの正しい?使い方

Portable Free Window Registry Repair の使い方

ダウンロード

  1. Softpedia のダウンロードページ へアクセスし、「Softpedia Mirror (US)」リンクをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードした圧縮ファイル(Portable Free Window Registry Repair.zip)を解凍し、USBメモリの任意の場所にコピーします。
  3. Regpair.exe から起動できます。

使い方

日本語化手順

  1. RegSeekerの正しい?使い方にアクセスし、Free Window Registry Repair の日本語化パッチをダウンロードします。
  2. ダウンロードした圧縮ファイルを解凍し、中身の日本語化パッチファイルを Regpair.exe と同じ場所にコピーします。
  3. 日本語化パッチファイルを実行すると、日本語化作業を行います。
    「正常終了」というウィンドウが出ればOKです。
  4. Regpair.exe からソフトを起動すると、日本語表示になっています。

レジストリを修復する

  1. 「フルスキャン」ボタンをクリックすると、レジストリ全体をスキャンします。
    「カスタムスキャン」ボタンからは任意のレジストリの範囲を選択できます。
  2. 「エラーを修復」ボタンをクリックすると、スキャンで検出したレジストリエラーをすべて修復できます。
    念のため、実行前に「オプション」ボタンをクリックし、「エラーを修復する前に復元ポイントを作成する(XP, Vista, 7)」にチェックを入れ、復元ポイントを作成する設定にしておきましょう。
    バックアップの保存先フォルダーが標準では用意されていないので、Regpair.exe のある場所に「Backup」フォルダーを作成しておきます。
  3. 「エラーを修復」ボタンをクリックすると、チェックの入っている項目をすべて削除できます。
    実行前にスキャン結果上で右クリックすると、テキストファイルにリストを保存したり、除外項目に追加したり、レジストリエディタを開くこともできます。
  4. もし本ソフトの実行で不具合があった場合には、システムの復元または、「復元」ボタンからレジストリを元の状態に戻すことができます。

ユーザーレビュー

  • 4

    インストール版と速度的にも変わらず使用できます。唯一違う処は…

    usericon castle(133)Windows

    インストール版と速度的にも変わらず使用できます。唯一違う処はポータブルなので最初はバックアップフォルダがないことです、初回スキャン前に復元用のバックアップフォルダを作成しておきましょう。XPでは劇的に快適になりましたが、VISTA以降ではそれほどの効果は見込めないので不具合のでる方は無理に使用しない方がよいかもしれません。