不要なレジストリ、スタートアップやインストールされたソフトのレジストリ情報のエクスポート・削除ができるソフト

RegSeeker

RegSeeker
  • 海外
  • 日本語○
  • 寄付歓迎

ダウンロード

対応OS:
Windows XP/Vista/7/8/8.1/10
バージョン:
4.50(2017/09/04)

指定したキーワードでレジストリのエントリを検索したり、不要なレジストリのクリーンアップを行えるソフトです。スタートアップ、サービス、ドライバー、インストール済みソフトなどについてのレジストリ情報のエクスポートも可能。一時ファイル、キャッシュファイルなどの不要ファイルを検出して削除できるジャンクファイルのクリーニング機能も利用できます。
海外製ですが、日本語化パッチをあてることにより日本語化して利用できます。

提供元:
日本語化パッチ:
RegSeekerの正しい?使い方

RegSeeker の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトのダウンロードページへアクセスし、「RegSeeker Portable」リンクをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードした圧縮ファイル(RegSeeker45.zip)を解凍し、RegSeeker.exe から起動できます。
    ※ 本ソフトはインストール不要で利用できます。

使い方

日本語化手順

  1. RegSeekerの正しい?使い方へアクセスし、日本語言語ファイルと文字化け対策パッチをダウンロードします。
  2. 「日本語言語ファイル」を解凍し、RegSeeker.exe と同じ場所にある「Languages」フォルダーに中身(Japanese.bmp と Japanese.lng)をコピーします。
  3. 「文字化け対策パッチ」を解凍し、RegSeeker.exe と同じ場所にに中身をコピーします。
  4. コピーした文字化け対策パッチをダブルクリックして実行すると、「正常終了」ウィンドウが表示されるので「OK」ボタンをクリックします。
  5. 本ソフトを起動し、画面左の「Tools and system」をクリックします。
  6. 「English [English.lng]」プルダウンをクリックし、Japanese[Japanese.lng] を選択すると日本語表示されます。

主な機能

主に次の機能を利用できます。

Applications and startup
アプリケーションとスタートアップに関する項目です。

スタートアップ
  • スタートアップのエントリー
    スタートアップに登録されている項目を一覧表示し、有効化/無効化、そのレジストリのエクスポートができます。
  • サービス(Microsoft 以外)
    サービスに登録されている項目を一覧表示し、有効化/無効化、開始設定(自動/自動(遅れて開始)/手動/無効)、そのレジストリのエクスポートができます。
  • ドライバー(Microsoft 以外)
    ドライバーを一覧表示し、有効化/無効化、開始設定(自動/自動(遅れて開始)/手動/無効)、そのレジストリのエクスポートができます。

アプリケーション
  • インストールされたソフト
    インストールされたソフトやサービスパックのインストール情報、無効な追加と削除項目、エントリー名の変更、ソフトのレジストリのバックアップ、アンインストールなどを行います。
  • アプリケーションの設定
    アプリケーションの設定に関するレジストリエントリを検出します。

ブラウザーの拡張
  • Internet Explroer
  • Google Chrome

Registry
レジストリに関する項目です。

レジストリ
  • レジストリキーを検索
    レジストリキーを検索します。
  • レジストリの掃除
    不要なレジストリキーを検出・削除します。
  • バックアップ
    「レジストリの掃除」実行時に「削除の前にバックアップ」にチェックを入れておくと、ここにバックアップが表示され、復元できます。

お気に入り
  • お気に入り
    登録されているレジストリキーに素早くアクセスします。
  • お気に入りの編集
    レジストリキーを登録、編集できます。
  • お気に入りを再構築
    お気に入りに登録しているレジストリキーを再設定します。

Scripts
  • .rsc を RegSeeker に関連付ける
  • .rsc の関連付けを削除する

Tools and system
ツールとシステムに関する項目です。

ツール
  • プロセスナビゲーター
    プロセスを一覧表示し、一覧のエクスポート、プロセスの無効化、ファイル名の変更ができます。
  • ファイル/プロセスモニター
    ファイル、プロセスの新規作成、削除、終了などをモニタリングします。
  • ファイルの検索
    PC内のファイルを検索します。
  • 修復
    変更されてしまったシステムの設定を既定の設定に復元できます。
  • Tweaks
    変更されてしまったシステムの設定を既定の設定に復元できます。

システム情報
システム情報を表示します。

Theme
テーマを変更できます。
  • Default
  • Soft Gray
  • Dark Gray
  • Blue Gray
  • Chocolate

Computer cleaning
コンピューターのクリーニングに関する項目です。

履歴のクリーニング
  • 実行
  • ネットワークドライブの割り当て
  • Internet Explorer のURL
  • ファイルやフォルダの検索
  • 最近使ったファイル
  • 古いスタートメニュー
  • Application Compatibility
  • ストリーミングのMRU/ストリーミングのキーを削除
  • オートクリーン

ジャンクファイルのクリーニング
  • 一時ファイル
    一時ファイルを検出して削除することで空き領域を確保します。
  • IEの履歴/キャッシュ/Cookies
    IEに関するプライバシー情報を削除できます。

※ USBメモリー対応 : RegSeeker Portable

ユーザーレビュー

  • 1

    最新版は、ポータブル版のみのようですね。 あと、操作画面が…

    usericon まずまず(273)Windows 7

    最新版は、ポータブル版のみのようですね。
    あと、操作画面が平面的なデザインになりました。
    それはよしとして、BSoDが表示されてもよいサブマシンで実行してみましたところ…
    出るわ出るわ、エラーレジストリ一がわんさかと1000個以上表示されました。
    一応、事前に日常的に使用しているAuslogics Registry CleanerとWise Rregistry Cleaner、更にRegistry Lifeで掃除した後でしたが。
    (念の為に、再起動させてBSoDが表示されない事も確認しました)

    思い切って実行してみましたが、やはりBSoDが表示されました(笑)。
    表示されたレジストリの意味を調べて実行すると、基本安全に利用する事が出来るのでしょうが、流石に1000個以上も表示されたものを一つ一つ調べるのもね。

    という事で、Windows7のクリーンインストールする事になりました。

  • コメント

    先日リリースされたVer.3.0(3680)を日本語化して、…

    usericon Gonbe(709)Windows 7

    先日リリースされたVer.3.0(3680)を日本語化して、興味本位で試用してみました。
    有志が提供して下さる日本語化パッチの恩恵によって、操作に迷うことはありません。
    ディープクリーニングにチェックを入れずレジ掃除を実行しても、相変わらず大量検出します。
    操作画面に親切な説明が表示されますが、事前にバックアップしておくのは必須です。
    私は、昔の悪夢が脳裏を過ぎったので、今回はレジストリ削除は実行しませんでした。
    ところで、Ver.3.0は新機能追加された模様で、上級ツールというボタンがあります。
    クリックすると、プロセスナビゲーター/ファイル/プロセスモニター/修復…といった項目がありました。
    色々進化したようですが、何れにしても本ソフトは闇雲に使用するのは危険でしょう。

  • 1

    2chのコピペが有名なレジストリクリーナー。 レジスト…

    usericon とあるニコ厨(47)Windows XP

    2chのコピペが有名なレジストリクリーナー。

    レジストリ検出機構にバグが存在し、迂闊に使えば最後、最悪の場合Windowsが起動不能になる最凶のレジストリクリーナーです。
    日本語化パッチ配布サイトにて正しい使用方法が乗っているので使ってみたい方は最低限そのページだけでも目を通しましょう。
    尚、どうなってしまっても当方は責任を負いかねます。

RegSeeker に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 9 件)