テキストのフォントサイズとコントラストを調整して見やすくする Firefox アドオン

Text Legibility のアイコン

Text Legibility

  • 海外
  • 日本語✕

ダウンロード

バージョン:
2.0.4(2016/12/29)

ウェブページのサイズと色のデザイン要素を維持しつつ、テキストのフォントサイズとコントラストを調整して読みやすくする Firefox アドオンです。
ライトグレーの背景にダークグレーのテキストでデザインされているような、視覚障害や中年以上の年齢層にとって読みづらいデザインのコントラストを調整するなどして読みやすくすることができます。
また、リンクに下線や背景色を追加したり、独自の色を設定したりしてどれがリンクなのかをわかりやすくすることも可能です。

提供元:
Clear Solutions Software

Text Legibility の使い方

ダウンロード

Firefox アドオン

FirefoxFirefox add-ons へアクセスし、「Firefox へ追加」ボタンをクリックしてインストールします。

使い方

基本的な使い方

本アドオンを有効にするとフォントサイズがやや大きく表示されます。
通常の表示(本アドオン無効時)

通常の表示(本アドオン無効時)

本アドオン有効時

本アドオン有効時


画面右上の icon アイコンをクリックして次の内容を調整できます。

Font Sizes (px)(フォントサイズ)
スライダーを動かしてフォントサイズを調整します。
  • Minimum(最小)
  • Preferred(優先)
  • Maximum(最大)

  • Never decrease the original dominant font size
    フォントサイズを小さく調整しても、元のウェブサイトのフォントサイズより小さくしません。
  • Compensate for fonts' apparent sizes (see User Guide)
    フォントの見た目のサイズを補正します。
    英小文字の文字の高さの表示方法を最適化して見やすくします。

Text Contrast (%)(テキストのコントラスト)
スライダーを動かしてコントラストを調整します。
  • Minimum(最小)
  • Maximum(最大)
  • Edge(エッジ)

Link Appearance(リンクの外観)
  • Underline
    リンクに下線を追加します。
  • Highlight
    リンクにハイライト(グレーの背景色)を追加します。
  • Apply Text Contrast
    テキストのコントラストを適用します。
  • Keep original colors
    リンクのオリジナルの色を保持します。
  • Use custom colors
    リンクにユーザー定義の色を設定します。
    リンクをクリックして任意の色を設定します。
    • Not Visited(未訪問)
    • Visited(訪問済み)

その他のオプション
  • Keep up with changing content (Interval 5 seconds)
    無限スクロールなどの新たに読み込まれたテキスト、サイト内表示のテキストの変更があると本アドオンが適用されません。
    本項目にチェックが入っていれば、5秒ごとに新たに読み込まれたテキストや表示テキストの変更がないかをチェックし、変更があれば本アドオンを適用します。
  • Reset to Defaults
    クリックするとチェックやスライダーの設定が初期化(デフォルトにリセット)されます。
  • Rescan page
    新たに読み込まれたテキストに本アドオンが適用されていない場合、適用されるようウェブページを再スキャンできます。

本アドオンを無効にする

画面右上の icon アイコンをクリックし、表示された画面左上の「Enable」のチェックを外すと本アドオンが無効になります。
Enable のチェックを外して本アドオンを無効化

Enable のチェックを外して本アドオンを無効化



更新履歴

Version 2.0.2
(2016/11/14)
  • Chrome の更新後、ショートカットが壊れていました。修正済み。

Version 2.0.1
(2016/10/24)
  • Google アナリティクスのトラッキングが削除されました。
  • エッジ コントラスト強化スライダー。
  • アンインストールすると、Web ページでフィードバックが求められます。

Version 1.0.13
(2016/07/10)
  • Shift と Control のダブルクリックが Windows で正しく機能するようになりました。
    (Windows の設計エラーにより、修飾キーが自動反復されます。)
  • 設定の新しいチェックボックスで、すべてのキーボード ショートカットをオフまたはオンにできます。
    これは、他の機能に Shift と Control を使用する Web ページにとって便利です。

※ 本ソフトは owl 様 のご推薦により掲載させていただきました。(掲載日:2022年09月07日)

ユーザーレビュー

  • 5

    【追記あり】ウェブページのデザイン要素を維持しつつ、テキストのフォントサイズと…

    owl
    owl
    投稿数: 468件
    Windows 10

    ウェブページのデザイン要素を維持しつつ、テキストのフォントサイズとコントラストを調整して、読みやすくするブラウザ拡張機能です。
    とりわけ、視覚障害や老眼(老視)症状のユーザーに一押しです。

    フォントサイズの関係は、色相の関係とともに維持されます。また、ズームとは異なり、影響を受けるのはテキストのみです。写真やグラフィック要素は、そのサイズと位置が維持されます。

    Text Legibility(テキストの読みやすさ)は、3つの方法で改善されます。
    まず、目に見える主要なテキストは、お好みのサイズに拡大縮小されます。文字サイズの最小値と最大値を設定でき、この範囲外のテキストは範囲内に収められ、その他のサイズは元のサイズ関係を維持するように拡大縮小されます。
    次に、文字のコントラストは、指定した範囲内に収まるように調整されます。読みやすさは、文字と背景の色合いを維持したまま、自動的にコントラストを固定します。各文字のエッジを濃くする設定により、コントラストをさらに高めることができます。
    3つ目は、コントラストカラー、アンダーライン、ハイライトにより、リンクの視認性、見つけ易さなどを高めることができます。

    この拡張機能を「有効」にすると、そのための再レンダリングが実行されるので読み込みに(ほんの数秒)遅延が発生します。

    「Chromium」ブラウザでも利用可能でしたが、Google の拡張機能マニフェスト V2 の実行以降、弾かれているため使用不可能です。


    「Legibility Settings」は(定義が共有化される)グローバル・ルールになるので、定義後は、その都度、設定する必要はありません。
    [ Reset to Defaults ]ボタンで、定義をデフォルトにリセットできます。


    ブラウザに「当拡張機能」を追加しただけで、ユーザーが使用中のブラウザの定義(Preference:環境設定)が拡張機能に自動で反映されます。
    自動で反映された定義で十分実用的なので、「Legibility Settings」での微調整はお好み次第です。

    このレビューは参考になりましたか?