ウェブカメラと PC 画面を録画し、最適な動画となるよう編集できるソフト

Wondershare DemoCreator のアイコン

Wondershare DemoCreator
  • シェアウェア
  • 体験版○

ダウンロード購入する

ユーザーの評価:
0

評価数:0 件(未評価)

レビューを投稿する

対応OS:
Windows 7/8/8.1/10, macOS 10.13/10.14/10.15/11

デモやチュートリアル、プレゼンテーション、ゲームプレイ画面などを録画し、プロ並みの動画となるよう編集できる機能も備えた録画&動画編集ソフトです。
デスクトップ全体、任意のディスプレイ、指定した範囲などを対象とし、システム音/マイク音/ウェブカメラの録画有無を選択して録画できます。
録画中にペン、テキスト、円、矩形、矢印などの注釈を追加してよりわかりやすい動画の作成が可能。
録画終了すると動画編集画面を表示し、不要な箇所のカット、タイトルの追加やトランジション、アニメーション、効果音を追加したりマウスカーソルを目立たせてわかりやすくするような編集もサポートしています。

提供元:
制作ソフト一覧を見る
※ 本ソフトはシェアウェアですが、30日間無料で試用できます。体験版では作成した動画中央に大きくロゴ(ウォーターマーク)が追加される制限があります。

DemoCreator バージョン 5.0 新登場

Wondershare DemoCreator の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイトへアクセスし、「動画ダウンロード」ボタンをクリックしてダウンロードします。
    ※ Mac 版をダウンロードする場合は、提供元サイトの Mac 版ページへアクセスしてダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイルからインストールします。

使い方

基本的な機能

本ソフトを起動するとスタート画面が表示されます。

録画
  • PC 画面と Web カメラ
    スクリーン、音声、ウェブカメラなどを収録して動画ファイルを作成します。
  • PC 画面のみ
    画面録画のクイックモードです。
  • ゲームモード
    ゲームの最高の瞬間を記録します。

編集
  • 動画編集
    既存の動画を編集する動画編集画面を開きます。

録画する

スタート画面で「PC 画面と Web カメラ」、「PC 画面のみ」、「ゲームモード」のいずれかをクリックして録画を開始できます。
ここでは「PC 画面と Web カメラ」をクリックして、デスクトップ画面とウェブカメラを録画していきます。
  1. 最初に次の内容を設定します。
    • 録画範囲
      録画範囲を選択します。
      • スクリーン(マルチモニターの場合は録画するスクリーンを選択可能)
      • フルスクリーン
      • 1920*1080(Full HD)
      • 1080*1080(1:1)
      • 1280*720(HD)
      • 録画エリアを指定
      • ウィンドウ選択
      • 画面を録画しない
    • システムオーディオ
      システム音の録音有無を選択します。
    • マイクロフォン
      マイク音声の録音有無を選択します。
    • Web カメラ
      Web カメラの録画有無、カメラのプレビューの表示可否を選択します。
  2. F10 キーを押すか「REC」ボタンをクリックすると、3秒のカウントダウン後に録画を開始します。
  3. 録画中は録画の一時停止、終了、注釈の追加などを行えるバーが表示されます。
    • 一時停止 … 一時停止
    • 録画終了 … 録画終了
    • 削除して再録画 … 削除して再録画
    • カーソル … カーソル
    • スポットライト … スポットライト
    • ペン … ペン
    • 蛍光ペン … 蛍光ペン
    • テキスト … テキスト
    • 円 … 円
    • 矩形 … 矩形
    • 矢印 … 矢印
    • 線 … 線
    • 元に戻す … 元に戻す
    • やり直す … やり直す
    • クリア … クリア
  4. F10 キーを押すか「停止」ボタンをクリックすると録画を終了し、動画編集画面が表示されます。
    画面左上に録画した動画を含む「動画素材」、画面右上に「動画のプレビュー」、画面下部に「タイムライン」が表示されます。

    動画素材
    次の素材を利用できます。
    • ライブラリ
    • エフェクト
    • 注釈
    • トランジション
    • アニメーション(テキストやクリップなどのアニメーション効果)
    • エフェクト(グリーンスクリーン、パン&ズーム、モザイクなどの特殊効果)
    • ステッカー
    • 効果音(正解、はずれ、ブザーなど)
    • カーソル(マウスカーソルのハイライト/スポットライト/クリック音など)

    タイムライン
    動画素材からタイムラインへドラッグ&ドロップで追加できるほか、画面中央のアイコンから次の編集が可能です。
    • クロップ
    • 分割
    • マーカーを追加
    • 録音
    • ロゴの挿入と設定(ブランドロゴなどのウォーターマークの追加)
  5. 編集が終わったら画面右上の「エクスポート」ボタンをクリックすると、「エクスポート」画面が表示されます。
    フォーマット(MP4/AVI/WMV/MOV/MKV/TS/WEBM/GIF/MP3/M4A)プロジェクト名、保存先などを設定して画面右下の「エクスポート」ボタンをクリックします。
    ※ 画面左の「YouTube」をクリックして YouTube へアップロードすることもできます。
  6. エクスポート中は画面が表示されます。
    エクスポートが終わったら画面右下の「フォルダを開く」ボタンをクリックしてエクスポートした動画を確認できます。
    体験版の場合、作成した動画の中央に大きく本ソフトのロゴ(ウォーターマーク=「Wondershare DemoCreator の無料プランで作成された」)が追加されます。

ユーザーレビュー

  • まだレビューが投稿されていません。
    このソフトの最初のレビューを書いてみませんか?