高画質×高音質で再生できる「ライブプレビュー」機能を搭載したマルチメディアプレイヤー

Light Alloy のアイコン

Light Alloy
  • 海外
  • 日本語○

ダウンロード

対応OS:
Windows 7/8/8.1/10
バージョン:
4.11.2 (build 3340)(2021/04/30)

CD/DVD/Blu-ray の再生に対応した高画質、高音質で再生できるマルチメディアプレイヤーソフトです。
コーデックを内蔵しており、コーデックをインストールすることなく多くのフォーマットの動画を再生できます。
再生/停止などをキー操作できる「ホットキー」、タイムライン上にマウスカーソルを乗せると動画をサムネイル表示する「ライブプレビュー」、プレイリストのシャッフル・リピート再生、別ウィンドウで切り離して利用できる「拡張プレイリスト」、任意の再生時点を登録して、いつでもそのシーンから再生できる「ブックマーク」、再生中の画面を静止画を保存(JPG / PNG / BMP)できる「スクリーンショット」、指定時刻や指定時間経過後に再生の一時停止、ソフト終了、スリープ、シャットダウンなどの制御を行える「スケジューラ」、海外約1万の放送局から聴取できる「インターネットラジオ」など豊富な機能を搭載。
その他、音量を200%まで増幅して再生できたり、タイムラインに再生時間の目盛りが表示されていたりするのも特徴です。

提供元:
Vortex Team

Light Alloy の使い方

ダウンロード

  1. 提供元サイト へアクセスし、「СКАЧАТЬ Light Alloy 4.11.2」ボタンをクリックしてダウンロードします。
  2. ダウンロードしたセットアップファイル(LA_Setup_v4.11.2.exe)からインストールします。
    インストール

使い方

初期設定

インストールが終わると本ソフトが起動し、設定画面が表示されます。
  • デフォルトスキンの選択
  • 言語
  • 設定の保存場所
  • コーデック使用について
※ よくわからない場合はそのまま「完了」ボタンをクリックしても大丈夫です。

動画を再生する

本ソフトを起動すると、プレイヤー画面が表示されます。
Light Alloy - メイン画面

画面中央で右クリックすると、画面右のプレイリスト、画面下のコントロールパネルを表示/非表示にできます。
右クリックでコントロールパネルの表示/非表示の切り替え

音楽・動画ファイルをドラッグ&ドロップするか、画面左下の ファイルを開く をクリックまたは F2 キーを押して再生したいファイルを選択すると再生できます。

プレイリストを利用する

初期設定で画面右に表示されているのがプレイリストです。
画面右下の プレイリスト をクリックするか、P キーを押すとプレイリストを表示/非表示できます。

プレイリスト下の ツールバー から、左から順に次の操作ができます。
  • プレイリストにファイルを追加
    プレイリストにファイルを追加します。
    Insert キーまたはドラッグ&ドロップでも追加できます。
  • プレイリストから除去
    選択したファイルをプレイリストから除去します。
    Delete キーでも除去できます。
  • リピート
    プレイリストが終わってもまた最初から繰り返し再生します。
  • シャッフル
    プレイリスト内のファイルをランダムに再生します。
  • プレイリストを保存
    プレイリストを保存します。

拡張プレイリスト
初期設定ではプレイリストが画面右に表示されていますが、設定することで切り離して別ウィンドウにすることもできます。
  1. 画面右下の 設定 をクリックします。
  2. 設定画面が表示されます。
    「インターフェース」項目の画面右上の「プレイリスト」タブをクリックします。
  3. 「プレイリスト」タブ画面が表示されます。
    「デフォルト」項目内にて「内部プレイリストを使用」が選択されているので「拡張プレイリストを使用」を選択して「OK」ボタンをクリックします。
  4. 「変更された幾つかの設定はプレイヤーの再起動後に反映されます。今すぐにプログラムを再起動しますか?」ウィンドウが表示されるので「はい」ボタンをクリックします。
  5. 本ソフトが再起動され、プレイリストが別ウィンドウで表示されるようになります。
    ※ プレイリストの表示/非表示の方法は同じく、画面右下の プレイリスト をクリックするか、P キーを押して操作します。

ブックマークを利用する

音楽・動画を再生しているときに B キーを押すか、タイムライン上で右クリックして「ブックマークをセット」をクリックすると、任意の再生時点をブックマークとして追加できます。
追加したブックマークはプレイリスト上に表示されます。
※ ファイル名の下に ┗ 付きで表示されます。

ライブプレビューを表示する

タイムライン上にマウスカーソルを乗せると、動画のサムネイルを表示できる機能です。
デフォルトでは無効になっていますが、設定することで有効にできます。
  1. 画面右下の 設定 をクリックします。
  2. 設定画面が表示されます。
    左メニューから「ビデオ」をクリックします。
  3. 「ビデオ」画面が表示されます。
    画面右上の「ライブプレビュー」タブをクリックします。
  4. 「ライブプレビュー」タブ画面が表示されます。
    「タイムラインウィンドウのプレビュー表示」項目内にて「表示しない」が選択されているので「タイムライン上にマウスオーバー」を選択して「OK」ボタンをクリックします。
    これで設定完了です。
    タイムライン上にマウスカーソルを乗せるとサムネイルが表示されるようになります。

スケジューラを設定する

画面左上の スケジューラ をクリックするか、Shift + T キーを押して表示される「スケジューラ」画面から次の操作ができます。
スケジューラ


自動制御
「自動制御」にチェックを入れると、「時刻の指定」または「指定時間経過後」に次の操作を指定できます。
  • 電源を切る
  • Light Alloy を閉じる
  • モニターをオフ
  • スリープ
  • 再生を一時停止
  • 全画面を終了

アラーム
「アラーム」にチェックを入れると、指定時刻に音量、再生音源を指定してアラームを再生できます。

スクリーンショットを撮る

再生中の動画のワンシーンを静止画として保存できます。
画面右下の フレームを保存 をクリックするとJPG画像を保存できます。
※ 初期設定の保存先は「ピクチャ」⇒「Light Alloy」。
※ 設定画面の「ビデオ」⇒「スクリーンショット」タブから保存先、保存形式(JPG/PNG/BMP)を変更できます。


インターネットラジオを聴く

  1. 画面下部のコントロールパネルを右クリックして「ファイル」⇒「ラジオエクスプローラ」とクリックするか、Ctrl + F2 キーを押します。
  2. 「ラジオエクスプローラ」画面が表示されます。
    画面右上の「IceCast」ボタンをクリックすると、プリセットのラジオ局一覧を読み込みます。
    ※ 時間がかかる場合があります。
  3. 1万近いラジオ局がリスト表示され、名前、現在のオン・エア、ジャンル(trans/classical など)、VBR/CBR、種類(AAC/MP3など)、URLが表示されます。
    聴いてみたいラジオ局をダブルクリックすると、再生を開始します。
    ※ 日本の音楽を再生できるラジオ局もいくつか含まれています。「ジャンル」のタブをクリックしてソートし、「j」の並びにある「jpop」、「japanese」あたりで聴くことができます。

更新履歴

※ Google 翻訳で日本語にしています。
Version 4.11.2 (build 3340) (2021/04/30)
  • [=] ビデオからリンクされていないOSDテキストを修正しました(巻き戻し、一時停止、技術情報に関する情報)。それら。現在、このテキストはビデオの形式や品質に依存していません。
  • [=] テクニカルOSDテキストでのGPUロードに関する情報の表示を修正しました。
  • [=] 字幕の最大テクスチャサイズの設定を修正しました。
  • [=] ビデオが一時停止しているときに2番目の字幕をオンにしたときのフリーズを修正しました。
  • [=] 字幕オプションの変更を修正しました(機能しませんでした)。
  • [=] ビデオの回転を修正しました(反対側に裏返しました。つまり、ボタンに表示されていない)。
  • [=] 回転時のビデオの歪みを修正しました。
  • [=] EVRCAからEVRに切り替えるときのクラッシュを修正しました。
  • [=] フィルタープロパティのダイアログを修正しました(プロパティの名前はダイアログに表示されませんでした)。
  • [=] ダウンロードされていないファイルの再生を修正しました。
  • [=] 垂直方向のビデオが水平方向に表示される可能性があるバグを修正しました。
  • [=] *.m3u ファイルからのリストの追加を修正しました。
  • [=] ラジオ局のカタログ(IceCast)の読み込みを修正しました。
  • [=] リストにファイルを追加するドラッグアンドドロップを修正しました。
  • [=] プレイヤー設定の保存と転送に関する問題を修正しました。
  • [=] 固定プレーヤーを標準の Program Files フォルダーにインストールできるようになりました。
  • [+] ブルガリア語とフランス語の新しい翻訳を追加し、スキンを更新しました。

Version 4.11.1 (build 3333) (2020/12/04)
  • [+] WavPack ファイル(.wv)のDSDストリームのサポートが追加されました。
  • [+] MusePack 7 / 8 のサポートが追加されました。
  • [=] AC-3形式のトラックの拡張サポート。
  • [+] TSC2コーデック(TechSmith Camtasia)のサポートが追加されました。
  • [+] AV1のサポートが追加されました。
  • [+] VP8およびVP9のサポートが追加されました。
  • [+] DVビデオをサポートするためのメディアタイプを追加しました。
  • [+]「b48r」ビデオのサポートが追加されました。
  • [+] XunleiXVファイルのサポートが追加されました。
  • [+] 混合ストリーム H.264 3D MVC のサポートが追加されました。
  • [+] H.264ビデオのサポートが拡張されました。
  • [+] MOVファイルのビデオコーデック「r210」のサポートが追加されました。
  • [+] DAV(DHAV)ファイルの完全なサポートが追加されました。
  • [+] AVrpコーデックのサポートが追加されました(Avid 1:1 10ビットRGBパッカー)。
  • [=] オーディオトラックの名前が正しく表示されない場合がある問題を修正しました。
  • [+] DST(デジタルストリーム転送)ストリームのサポートが追加されました。
  • [+] テレテキストサブタイトルのサポートが追加されました。
  • [=] 組み込みコーデックの改善された作業。次のライブラリが更新されました:dav1d、ffmpeg、libflac、libpng、MediaInfo、ZenLib。
  • [=] LightAlloy とのファイル関連付けの設定を修正しました。
  • [=] プログラム設定の保存と転送の機能が改善されました。

Version 4.10.3 (build 33xx) (2020/10/09)
  • インストーラーの参加なしにプログラムを更新するためのシステムを追加しました。プレーヤーを更新するために、サイトにアクセスして不要な動きをたくさん行う必要がなくなりました。
  • ブルガリア語を追加しました(ローカリゼーションを提供してくれた Krasimir Todorov に感謝します)
  • プレーヤー更新サーバーとの通信を改善するためにSSLライブラリが更新されました
  • プレーヤーの操作に大きな影響を与えないいくつかの小さなこと

※ 本ソフトは まずまず 様 のご推薦により掲載させていただきました。(掲載日:2017年11月06日)

ユーザーレビュー

  • 2

    プレイリストにいれた動画ファイルをファイル再生終了後、自動で

    PPPPPP
    PPPPPP
    投稿数: 40件
    Windows 10

    プレイリストにいれた動画ファイルをファイル再生終了後、自動で
    次のファイルを再生する設定がない?
    これものすごく不便。
    ほかは、今の所不満はないけど、

    ※せっていをみてみたけどわからない(あるのかもしれないけど)

    このレビューは参考になりましたか?はい
  • コメント

    最新Ver.4.11.1(build3333)をインストールしてみ…

    Gonbe
    Gonbe
    投稿数: 1050件
    Windows 10

    最新Ver.4.11.1(build3333)をインストールしてみました。
    インストーラを開くと自動的に日本語化され、猫耳アニメ女子キャラが表示されます。
    本ソフトをインストールすると、どうやら既定アプリとして関連付けされる模様です。
    デフォルト設定は内部コーデックですが、もちろん他のコーデックの使用も可能です。
    今回の更新により再生サポートする対象が拡大され、かなりオールマイティーに進化。
    再生品質は「MPC-BE」と同レベルの感じですが、ややCPU使用率が高いような感触。

    1人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい
  • 5

    メディアプレイヤーはいろいろ試してみましたが、なかなかコレというも…

    Nuko Piero
    Nuko Piero
    投稿数: 34件
    Windows 10

    メディアプレイヤーはいろいろ試してみましたが、なかなかコレというものに出会えず…
    しばらくwinDVDを使っていたのですがmkvファイルが再生出来ない…orz
    mkvファイル対応プレイヤーということで5KPlayerとLight Alloy Portableを検討
    5KPlayerは素晴らしいプレイヤーらしいのですが既定のアプリから変更できない等のレビューもあり
    TuneBrowserはそのまま使いたいので
    先にインストール不要、Portable版のあるLight Alloyを試すことに…
    ところがどっこいコレが素晴らしいw
    画質はTVのカタログのようにスクリーンショットで比較するとwinDVDよりも髪の毛等細部までくっきり綺麗
    動作は極めて軽くwinDVDよりずっと快適です
    メモリ使用率はwinDVDの2倍程度ですが、それでも200MB以下
    CPU使用率はどちらも1%以下ですがwinDVDよりさらに低いです
    ライブプレビュー機能はファイルによっては真っ黒だったりしますがそうでなければ本当に便利です
    音量が200%まで増幅可能というのもファイルによってはとても便利ですし
    操作性もX-Mouse Button Controlと組み合わせると7ボタンマウスでも
    マウスだけで快適に使える(X-Mouse Button Controlについてはまた後でレビューを投稿したいと思います)
    のでwinDVDより快適に使えます
    再生時間の目盛りはダサいというかスタイリッシュでないとは思いますが…
    全画面再生では見えないので気にしないことにしてw
    Blu-ray再生が問題なければwinDVDはアンインストールしようと思っています
    設定もかなり細かく調整できますし
    痒い所にしっかり手の届く素晴らしいメディアプレイヤーだと思います
    かなり良いらしい5KPlayerはLight Alloyで何か問題が起きてから考えたいと思います
    蛇足ですが対応OS Win7~となっていますが
    10年以上前のvista ノートPCでも使うことができます
    メモリ使用率、CPU使用率共にWMPと変わらず
    ガクガクで見られなかったり、途中で強制終了していたファイルも再生することが出来ました
    ☆を6付けたいくらいのソフトです

    6人が参考になったと回答しています。
    このレビューは参考になりましたか?はい

Light Alloy に投稿されたすべての評価・評判・レビューを見る(全 8 件)